就活における自己分析の必要性と簡単でオススメのやり方

就活が始まると「自己分析」という言葉をよく耳にします。

 

でも、なぜ就活に自己分析が必要なのでしょうか?みんな何のために自己分析をするの?就活にどう結びついてくるの?いきなり「自己分析しよう!」と言われても意味不明ですよね。

 

僕も就活をスタートさせた時は自己分析の方法が分からず、かなり頭を悩ませました。大学主催のOB会に参加した時も、「自分史を作ったら自己分析うまくいったよ」とか言うからやってみたんですが、無駄に終わった記憶があります。

 

ここで気付いたのは、「就活に役立つ自己分析」が必要なのであって、「自分探しのための自己分析」は何の意味もないこと。自分史を作るにしたって、材料をピックアップできなければ単なる時間の無駄です。

 

そこで今回は、就活における自己分析の必要性と、僕もやったオススメ自己分析術を紹介します。

Sponsored Link

就活における自己分析の必要性

「自己分析」と言うから分かりづらい

僕は思う、「自己分析」なんて言うから分かりづらいのだと。

 

自分を知って何になるんだ!って話ですよね。僕は最初、自己分析のやり方なんて分からないから、とりあえず自分史を作ってみましたよ…。幼稚園の頃からさかのぼり、いつどんなことをしたか、何に興味を持っていたか、つらつらと書いていきました。そしたらどうなったか…?

 

特に何もしてこなかったことが分かりました。誇れるような努力、何かを成し遂げた事実、そんなもの1つもありません…。ただただ自信を喪失して終わりました。

 

結果、就活における「自己分析」とは、自分を知ることではなく、アピール材料を頑張ってかき集める作業であることが分かりました。

就活における自己分析の先にあるもの

自己分析を頑張ったからって内定がもらえるわけではありません。自己分析を基に、評価される選考書類(エントリーシートなど)を作り、面接で高評価された人が内定を獲得します。

 

だから自己分析をするなら、その先にある選考書類・面接を常に意識するべきです。

 

自分史を作るにしても、小学生、中学生、高校生の頃のことなんて振り返ってもほぼ使えないでしょう(輝かしい功績があるなら別ですが)。そもそも、面接で高校生の功績を話したところで、「大学では何もしてこなかったの?」と思われてしまいます。

 

就活で利用できる期間(大学時代)に注目し、面接官に高評価してもらえる事は何か、アピール材料をかき集めていきましょう。もしアピール材料が見つからなかったとしても、最もマシな材料を見つけ、それが評価されやすくなるように工夫・加工する必要があります。

僕がおすすめする自己分析の方法

面接質問集に答えていくだけ

自己分析をする理由は選考書類・面接でアピールできる材料を見つけるため。だったら、最初から面接対策をしちゃえばいいんです。

 

逆算的な就活の始め方!何から始めればいいのか伝授してあげよう』でも書きましたが、逆算して対策していくのが一番効率的!

 

僕は「ダントツ 面接+エントリーシート ズバリ必勝対策」を利用していましたが、面接質問集はどれも似たようなものなので、本屋で適当に買ってくればOK。

 

ただ、ここからが大変です。面接質問集を買ったからって安心しないでください。1つ1つの質問にすんなり答えられるわけがないので、じっくり考えてください。

経過と結果を語れるものがアピール材料になる

面接質問集には、「長所は何?」「短所は何?」「学生生活で最も頑張ったことは?」「これまでの人生で一番の失敗と、それを乗り越えた方法は?」など、答えにくい質問がたくさん載っています。

 

これらはすべてアピール材料になります。短所についても、客観的に自分の弱点に気付けているか、克服するためにどんな努力をしているか、を答えることができれば、十分アピールになりますからね。

 

そして、基本的にすべての質問に対し、経過と結果が語れるアピール材料を見つけるようにしましょう。

 

例えば、僕が就活をしていた頃、長所は「継続力」と言っていました。ものすごくありきたりです。しかし「テニスサークルのレギュラーになるために壁打ち練習を2年間続けた(経過)」「最終的にレギュラーに選ばれ関東団体戦○位。幹部時にはコートのチーフを任された(結果)」などと付け足すことで、説得力が増します。

 

長所は何?
  • 結論:私の長所は継続力があるところです。
  • 具体的な経過:学生時代は、テニスサークルのレギュラーになるため、自主的に壁打ち練習を2年間続けました。
  • 具体的な結果:その結果、大学3年生の頃にはレギュラーに選ばれ、関東団体戦○位の成績を残すことができました。また、幹部時にはコートのチーフを任され、サークル運営に貢献しました。

 

面接質問集を使ってアピール材料を考える時は、結論・経過・結果を1セットで答えていくようにしましょう。また、経過と結果は抽象的ではなく、具体的にしましょう。

じっくり考えて練らないといいものはできない

スポーツでいい成績を残していたり、賞を取っていたり、ボランティアに積極的に参加していたり。アピール材料が豊富にある人は就活に有利でしょう。

 

僕なんかはまだサークルやってたから良かったものの、チーフは嫌々やってただけだし、バイトも楽だからという理由でプールの監視員をずっとやっていました。勉強は最低限単位が取れるようにやってただけ。

 

ホント、印象が良くなるように変換する作業が大変でした。

 

印象がよくなるように変換
  • チーフは嫌々 → チーフに選ばれてサークルに貢献した
  • 楽だからという理由でプールの監視員 → 小学校6年間で習っていた水泳を生かすためにプールの監視員のアルバイトをしていた
  • 最低限単位が取れるように勉強 → ○○研究室で○○という勉強をしている(最低限答えられるように整理しておく)

 

いろいろ大変でしたが、アピール材料が固まってしまえば、どの企業でも使いまわせるので楽になります。エントリーシートもすらすら書けますし、面接にも答えられるようになります。

まとめ

就活は、エントリーシートが書けて、面接をクリアできれば内定がもらえます。でも最初からそれらができないから自己分析(アピール材料探し)をしなければならないんです。

 

最初は失敗の連続。

 

僕は初期の頃、全く自己分析をせず、思いつくままにウェブエントリーシートを作成し、送信したことがあります。その場では「いいものが書けた!」と思っても、余裕で落とされたし、あとから読み直したらひどいものでした(結論、経過、結果の書く順番がぐちゃぐちゃ…)。

 

ほかにも、「学生時代に頑張ったこと」に「勉学」を選択して失敗しました。全然頑張っていない勉学をチョイスしたところで、経過も結果もないんだからアピールできるわけがないよね…!

 

繰り返しますが、アピール材料には結論・経過・結果が1セット。そしてこの順番が正攻法です。最初に結論を言わないとか、まどろっこしい構成でエントリーシートに書いたりすると落とされやすくなります。

※面接官は同じ構成の文章をいくつも読んでいるため、先に結論が書かれていない文章は「分かりにくい」「就活を分かっていない」「ロクに対策してないんだろうな」と思われ、全く読んでもらえない可能性もあります

 

要点をしっかり押さえ、意味のある自己分析をしていきましょう。

続きを読む就活でエントリーシートが通らない原因と評価される書き方

新卒の内定獲得に便利なサービス

キャリアチケット


キャリアチケットは人材紹介会社レバレジーズが手がける新卒就活エージェントです。

 

面談は渋谷で行われるので、ここに通える方が利用できます。サポート内容は、カウンセリング(自己分析等)求人紹介ES添削面接対策など、内定まですべて無料です。

 

就活がうまく行っていない人、自分にマッチした企業を探したい人は可能性を広げるためにも利用してみましょう。

公式サイトキャリアチケット

就活
Sponsored Link
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ