花粉症なのに38℃近い熱・強烈な喉の痛み・寒気に襲われた

最近ようやく春っぽい気温になってきました。冬は寒くてツラかったので、めちゃくちゃ嬉しくなっちゃった!だからおととい、久しぶりにランニングをしたんですよね。

そしたら、走った後くらいから強烈な喉の痛みに襲われ始めました。その日の夜はあまりの痛さで全然寝付けず…。さらに翌日は37.9℃の高熱になり、悪寒・頭痛・節々の痛みでノックアウト。

考えられる原因は花粉症です。花粉が飛び始めた日に無防備な状態で外に出てしまったため、モロに影響を受けてしまったんです。

そこで今回は、重症化した原因の考察と、症状を抑えるために買った市販薬、症状が治まるまでの期間を紹介したいと思います。憶測も多いので、あまり参考にしないでください。

花粉症が重症化した原因の考察

口呼吸でランニング

ランニングの後から喉の痛みが始まったわけですが、よくよく考えてみるとランニング中は思いっきり口呼吸してました。これはイカン!

おそらく、口呼吸をしたせいでダイレクトに花粉を喉に入れてしまったから、アレルギー症状が始まったのでしょう。しかも、口呼吸で喉が乾燥すると粘膜が傷付きやすくなり、炎症もよりヒドイものに…。

ツバを飲み込むのはめっちゃ痛いです。そして、喉辺りから謎の粘液が大量に出てきて止まらん。これは、扁桃から出てくる免疫物質だそうです。

過剰なアレルギーに高熱で対抗か

ランニングをした翌日には37.9℃の熱も出てきました。頭クラクラするし、悪寒もあります。鼻水も止まりません。もはや何も出来ない状態。

花粉症といったら鼻水目のかゆみが代表的な症状です。しかし、体内に過剰に花粉を入れてしまったので、それに対抗するために高熱を発症してしまったのかもしれません。

この日はドラッグストアで花粉症の薬をひと通り購入して、ずっとベッドで寝ていました。

症状を抑えるために買った市販薬

たくさん買ってきちゃった。

アレジラスト20

アレグラとかアレジオンとか、色々CMで知っていましたが、多くは7~14日分なんですよね。14日分だと約2,000円です。

でもこのアレジラスト20は、20日分で2,000円程度なのでちょっとお得でした。しかも1日1回で効くのでお手軽!

スットノーズα点鼻薬

鼻水が止まらなかったので、点鼻薬も買いました。ステロイドが入っていないものが欲しいと思って探していると、スットノーズα点鼻薬を見つけました。

これは即効性があるのでホント買って良かったです。

アルピタットEXα

まだ目のかゆみはないのですが、一応買っておきました。この目薬は日光に当たらないように保管しなければならないようで、ケースが付いていました。

喉にヴィックス

正式名称は「ヴィックス メディケイテッド ドロップ」だそうです。なげーっ!

これ、色んな味が発売されてますし、ほのかな甘さなので喉に優しい!これは買って良かったです。普通にうまい。

症状が治まるまでの期間

3/4のランニング後に喉の痛み

ランニングをしたのは3月4日の18時頃。

走った後にどんどん喉の痛みが表れ、就寝時にはめっちゃくちゃ痛くなりました。まともに寝れないくらいです。途中で何度も目が覚めました。

とにかくツバを飲み込むのが痛くて、呼吸で息が当たるのもヒリヒリ痛い。この痛みを例えるなら、喉の粘膜を割り箸でゴリゴリ擦ってる感じ。

3/5は喉の痛み・発熱・悪寒・鼻水・節々の痛み

この日は朝5:40に起きてテレ東の「モーニングサテライト」見てました。こんなにも早起きしてしまうくらい寝付けなかったってことです。

最初は鼻水が出るようになって、その後に頭がクラクラし始め、熱が出てきました。発熱と同時に寒気・節々の痛みも表れてきました。

ヒドイ症状に耐えられなくなってきたので、13時頃に耳鼻科に行きました。そしたらお昼休憩の時間で受付しておらず…。仕方なくドラッグストアに行って、上記の市販薬を購入。

アレジラストを飲むと6分後から鼻水が治まり始めました。スットノーズα点鼻薬も想像以上に即効性があって驚きました。これぞ医学の力!また、ヴィックスのアメを何度か舐めると、喉の痛みもちょっとマシになりました。

夜に熱を測ると37.9℃でした。「もしかしてインフルエンザ?」と思うくらいの症状。この日は17~20時、22時~翌6時とガッツリ寝込みました。

3/6に少しずつ熱が下がっていく

朝6時に起きて熱を測りましたが、37.9℃でした。全然下がってない。

「インフルエンザだとしたら早めにタミフル飲んだほうがいいな…」と思い、9時に内科に行きました(この時の熱は37.3℃)。検査結果は…、インフルエンザじゃなかった!マジかよ!

医者によると、「ただの風邪かもね。それか風邪と花粉症が一緒に来たか。」でした。風邪薬と花粉症の薬をもらいました。

帰宅した時には37.0℃まで熱が下がっており、気分もだいぶよくなりました。もはや寝てれば治るレベルです。

3/7には平熱に

薬を飲んだお陰もあるかもしれませんが、この日には平熱の36.4℃に収まりました。

喉の痛みはまだ少し残っているものの、ダルさや寒気はなくなりました。

まとめ

今振り返ってみると、僕が勝手に花粉症だと思っていただけで、ただの風邪だったのかもしれません。ランニングをして疲れたところに花粉症アレルギーが来て免疫が下がり、風邪のウイルスにやられたのかも。

にしても、数日でだいぶよくなってくれたので良かったです。

あと、花粉症の薬、市販薬と処方薬では値段が全然違うことも分かりました。7倍くらい違うから、安く済ませるなら絶対病院行って処方してもらったほうがいいね!

関連値段比較!花粉症は市販薬よりジェネリック処方薬のほうが断然安いよ

Sponsored Link

フォローする