手数料を節約♪国内の暗号資産取引所19社を比較!

HFMの最大ロットと最大ポジション数をとっても詳しく解説

この記事は約6分で読めます。

HFM(旧HotForex)はスプレッドが狭く、ボーナスも多く、キャッシュバックももらえることから、利用を検討している人もいると思います。

 

しかし、日頃から大きな取引をする人にとって重要なのが最大ロット数最大ポジション数です。これらはFX業者ごとに異なるため、事前に確認しておかないと「やっぱり使いにくいじゃん…」といった事態に陥りかねません。

 

そこで今回は、HFMの1取引当たりの最大ロット数1口座当たりの最大ポジション数1口座当たりの最大合計ロット数について解説していこうと思います。プレミアム口座、マイクロ口座それぞれについて書いていくので、ぜひ参考にしてみてください。

画像はホームページリニューアル前のもの
スポンサーリンク

プレミアム口座の場合

プレミアム口座は、HFMの最もスタンダードな口座です。レバレッジは最大500倍。専業トレーダーなど、中級以上のトレーダーが使いやすいでしょう。

1取引当たりの最大ロット数

プレミアム口座の1取引の最大Lot数は「ポジションごと60スタンダードロット」と記載されています。要するに60Lotです。

 

まずまずと言ったところでしょうか。ほかの海外FX業者と比べると若干少なめの印象を受けます。ほかだと100~200Lotだったりしますので。

1口座当たりの最大ポジション数

HFMでは、リアル口座を5つまで作成することができ、1口座につき同時に保有できる最大ポジション数は300です。

 

ほかの海外FX業者だと200~10,000と幅広く、もしかしたらHFMは少ないほうかも。多いか少ないかの判断はその人のトレードスタイルにもよりますけどね。

1口座当たりの最大合計ロット数

HFMでは、1つの口座で保有できるLotの合計が決まっています。プレミアム口座は1口座当たり合計60Lotです。

 

6つの具体例
  1. プレミアム口座Aを開設していたとして、60Lotのポジションを1つ保有していたら、口座Aではそれ以上ポジションを持つことはできない
  2. プレミアム口座Aを開設していたとして、10Lotのポジションを6つ保有していたら、口座Aではそれ以上ポジションを持つことはできない
  3. プレミアム口座Aを開設していたとして、1Lotのポジションを60保有していたら、口座Aではそれ以上ポジションを持つことはできない
  4. プレミアム口座Aを開設していたとして、0.2Lotのポジションを300保有していたら、口座Aではそれ以上ポジションを持つことはできない
  5. プレミアム口座Aを開設していたとして、50Lotのポジションを1つ保有していたら、口座Aではあと合計10Lotまでポジションを追加保有することができる
  6. プレミアム口座Aで60Lotのポジションを保有し、プレミアム口座Bで60Lotのポジションを保有するといったことはできる
仮に1つの口座で60Lotを超えたポジションを持とうとすると、システムでエラーが発せられ、エントリーそのものができません。例えば55Lotを保有している状態で6Lotのポジションを注文するとエラーで拒否されます。

そしてXMと比較すると、HFMのほうが保有できる最大合計Lot数は少ないです。

 

HFMとXMの最大合計Lot数を比較
  • HFMプレミアム口座:「1口座当たり最大60Lotまで」×「口座を5つまで開設可能」=最大合計300Lot
  • XMスタンダード口座:「1取引当たり最大50Lotまで」×「口座数にかかわらず1人200ポジションまで保有可能」=10,000Lot

 

これだけ見ると、「XMのほうがいいじゃん」と感じる人もいるかもしれません。しかし、海外FX業者にはレバレッジ制限があります。

 

XMは全口座の合計が20,000ドルを超えていると、レバレッジ制限が発生し、レバレッジが1~200倍になってしまいます。さらに全口座の合計が100,000ドルを超えたらレバレッジは1~100倍です。

404 NOT FOUND | ワニログ
相対的に時は金なり。

 

しかしHFMは、1つの口座の残高が300,000ドル以上で、かつ、その口座において50Lot以上の保有ポジションがなければレバレッジ制限は発生しません。また、レバレッジが調整されたとしても75倍より低くなることはありません

404 NOT FOUND | ワニログ
相対的に時は金なり。

 

XMのほうが大量の取引はできますが、保有Lotが多くなれば多くなるほどレバレッジ制限が行われ、用意しなければならない証拠金も増えてしまうので、一概にXMが良いとは言えないのです。

 

僕的には、レバレッジ制限が発生しにくいHFMのほうが安心です。

マイクロ口座の場合

マイクロ口座は少額トレーダー向けの口座で、レバレッジは最大1,000倍。

1取引当たりの最大ロット数

マイクロ口座の1取引の最大Lot数は7Lotです。7Lotでも十分満足できる人は多いのではないでしょうか?

1口座当たりの最大ポジション数

マイクロ口座1つにつき同時に保有できる最大ポジション数は150です。プレミアム口座の半分。

 

まぁまぁですね。

1口座当たりの最大合計ロット数

HFMのマイクロ口座は1口座当たり合計7Lotまでしかポジションを保有することができません。

 

5つの具体例
  1. マイクロ口座Cを開設していたとして、7Lotのポジションを1つ保有していたら、口座Cではそれ以上ポジションを持つことはできない
  2. マイクロ口座Cを開設していたとして、1Lotのポジションを7つ保有していたら、口座Cではそれ以上ポジションを持つことはできない
  3. マイクロ口座Cを開設していたとして、0.1Lotのポジションを70保有していたら、口座Cではそれ以上ポジションを持つことはできない
  4. マイクロ口座Cを開設していたとして、5Lotのポジションを1つ保有していたら、口座Cではあと合計2Lotまでポジションを追加保有することができる
  5. マイクロ口座Cで7Lotのポジションを保有し、マイクロ口座Dで7Lotのポジションを保有するといったことはできる
仮に1つの口座で7Lotを超えたポジションを持とうとすると、システムでエラーが発せられ、エントリーそのものができません。例えば6Lotを保有している状態で2Lotのポジションを注文するとエラーで拒否されます。

「1口座につき合計で7Lot」は少ないようにも感じますが、このお陰で、マイクロ口座では1口座につき50Lotを超えることがない分、レバレッジ制限の対象外となります。これは、常にレバレッジ1,000倍が保たれることを意味します。

 

なかなかおすすめです。

まとめ

海外FX業者を選ぶ時は、どの条件を取るか、で使うべき業者が変わってきます。

 

それは例えば、合計Lot数の多さを取るのか、レバレッジの安定性を取るのか、最大ポジション数を取るのか、などなど。

 

HFMに興味が湧いて、もっと知りたい場合は

僕がHFMを選ぶ15の理由 ~メリット・デメリット~
あなたが海外FX業者を選ぶ基準は何ですか?知名度?安全性?それともボーナスの有無? 色々出てくると思いますが、やはり「利益を出...

のページもオススメ!