「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

レバレッジ制限なしに一番近い海外FX業者を比較してみた

海外FX業者のメリットはレバレッジが高いことです。400~500倍は当たり前で、中には1,000倍を超える業者もあるほど。

 

しかし、レバレッジは常に固定なわけではありません。場合によってはレバレッジ制限がかかります。トレード中にレバレッジ制限されると追加入金やポジション整理が必要なことも…。

 

そこで今回は、僕が信頼をおいている海外FX業者について、レバレッジ制限のかかりやすさを比較していきたいと思います。レバレッジ制限に頭を悩ませたくない人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

レバレッジ制限なしに近い海外FX業者を比較!

以前、『総合評価が高いのはコレだ!海外FX業者を徹底比較』のページで各FX業者を調べてみたことがありました。今回レバレッジ制限を比較するのは、このページで高評価を得られた業者です。

 

通常、レバレッジ制限は口座残高によって段階的に決まっています。

 

口座残高(ドル)HotForexTitan FXAXIORYXMTradersTrust
~5,00075~1,000倍500倍1~400倍1~888倍?~500倍
5,001~?~200倍
20,001~1~200倍
50,001~?~100倍
100,001~1~300倍1~100倍
200,001~1~200倍
300,001~調整される可能性あり決まった制限なし

 

「TradersTrust」は口座残高がたった5,000ドルを超えたところからどんどんレバレッジ制限が始まります。

 

「XM」は最初の888倍レバレッジは高評価ですが、口座残高がたった20,000ドルを超えたらレバレッジ制限です。本格的にFXをしている人は口座に200万円以上を預ける人も多いでしょうから、大きな取引を行うためには多くの資金が必要になります。

 

「AXIORY」は口座残高が100,000ドルを超えるまでは最大レバレッジ400倍を維持してくれるので、使いやすいです。

 

「Titan FX」はなんとレバレッジ制限を具体的に設けていません。口座残高がいくらになろうと基本レバ500倍を維持してくれるようです。しかし「絶対にレバレッジ制限をしない」ということではなく、ハイリスクなトレーダーは個別に対応するのではないかと考えています。実際レバレッジは1~500倍を選択できるようになっていますし。しっかりとルールを設けていなければ、いざ大暴落が起きてTitan FXが大損失をこうむった時に、本来なら出金できるはずの資金さえ出金できなくなるのではないかと不安になります。

 

「HotForex」「※証拠金$300,000以上の口座の場合レバレッジが調整されることもあります。」と説明しています。さらに、追加条件として「現在保有しているポジションの合計Lotが50Lot以上の場合」と決まっています。単に口座内に$300,000以上の残高があるだけではレバレッジ調整は発生しないのです。また、レバレッジの最小値も決まっており、75を下回ることはありません。レバ1,000倍の「マイクロ口座」は複数のポジションを持っている時の最大合計Lotが「7」であり、すなわち、合計50Lotを超えることはないので、常にレバ1,000倍と考えてOK。「プレミアム口座」に関しては最大レバ500倍と決まっており、保有しているポジションたちの最大合計Lotは「60」。だからすべてのポジションの合計Lot数が50Lotを超え(限界近くの大きな取引をしていて)、かつ、口座残高が$300,000以上だと、レバレッジが最小で75倍まで調整される可能性があります。

※「$300,000以上」というのは、複数の口座残高の合計ではなく、1つの口座に対して、です

どのFX業者がベストか?

レバレッジ制限を嫌う人というのは、資金が多い大口トレーダーさん・ハイレバトレードを好む人・複数のポジションを持つ人だと思います。

 

大口トレーダーさんからすると、口座残高が変わるごとに頻繁にレバレッジが変更されるのは煩わしいことです。

 

ハイレバトレードを好む人からすると、急にレバレッジが変更される事態に陥ると、追加入金などの措置を取らないといけないので面倒。

 

複数のポジションを持つ人もそう。レバレッジが変更されると、場合によってはポジション整理などが大変です。

 

こういったことから、レバレッジ制限にユルく多くのポジションが持てるFX業者がベストだということになります。

 

では、ベスト3の「HotForex」「Titan FX」「AXIORY」を比較していきます。

AXIORY

【Q. FX通貨ペアの最大注文ロット、最大保有ポジション数はありますか。】

A. 最大注文ロット(合計保有ロット数)は1銘柄につき1,000ロットです。

保有ポジション数の上限はありません。

AXIORYは1つのポジジョンにつき最大1,000Lotまで注文を出すことができ、すべてのポジションの最大合計Lotも1,000ロットです。合計が1,000ロット以内であればポジション数は無限大。

 

そして、口座残高が$100,001以上、$200,001以上で段階的にレバレッジ制限が行われます。大きな取引をするためには多くの資金が必要になります。

 

入金ボーナスなどはありません。

Titan FX

Titan FXの最大合計保有Lotは100Lot。そして保有できるポジション数は200。2015年にスタートしたばかりの新興FX業者なので、Twitterのフォロワー数は少なめです。

 

ボーナスはAXIORYと同様でありません。

 

気になる点は、基本的には「追証なし」であるものの、「不正行為と判断した場合は追証あり」と答えているところ。どういった基準で不正行為と見なすか分からないので少し不安要素です。

 

もしハイレバレッジで大量Lotを取引している間に、急激な大暴落で口座がマイナスになり、さらにTitan FXから「不正行為取引だ」と判断されてしまったらアウトです。

HotForex

レバレッジが最大500倍のプレミアム口座は、最大合計60Lot。保有できるポジション数は最大300です。

 

一度に保有可能なポジションの合計Lotだけ見ると、AXIORY・Titan FXより劣っています。しかし、HotForexのレバレッジ制限が始まるのは、口座残高が$300,000以上で、かつ、保有しているすべてのポジションの合計Lotが50Lotを超えている時。レバレッジ制限までに余裕があります。そしてレバレッジが調整されたとしても75倍未満になることはないので、少し安心できます。

 

また、最大50,000ドルの入金ボーナスもあります。

 

人によって取引量は異なるので一概には言えませんが、HotForexはなかなか使いやすい業者であると感じています。

関連海外FX業者「HotForex」の贅沢な3つのボーナスがアツい!

関連HotForex『100%クレジットボーナス』の優れた内容と出金条件

まとめ

僕自身は、海外FX業者はレバレッジ制限を設けるべきだと思っています。なぜなら口座残高がマイナスになっても「追証なし」だから。

 

それだけのリスクを負ってくれているのだから、時と場合によってレバレッジ制限をするのは当たり前です。

 

それを、Titan FXのように「レバレッジ制限なし」とするのは逆に危険な気がします。しかも「不正行為と判断した場合は追証あり」としていることから、頻繫にハイレバレッジトレードをしている人は注意したほうがいいです。

 

むしろTitan FXは「レバレッジ制限なし」だからこそ、万が一のために「不正行為と判断した場合は追証あり」と取り決めているんですね。

 

結論として、レバレッジ制限なしに一番近いFX業者は「HotForex」「AXIORY」。どちらかを使えば満足できるでしょう。