電気風呂で体が硬直…!体のコントロールが利かなくなって命を落としかけた話

銭湯に行くと、電気風呂ってありますよね?

あの電気のピリピリ感が意外と好きで、あれば入ります。健康にいいからとかではなく、楽しいから入っていたんです。

しかし、この前1人で銭湯に行って電気風呂に入った時、恐怖体験をすることとなりました…。体が一瞬で硬直し、自由が利かなくなったんです…!

今回は、そんな恐怖の電気風呂体験を書いていきたいと思います…。

電気風呂で体が硬直…!ガチで死にかけた話

癒されたくて銭湯に行ったはずが…

それはある冬の出来事。

僕は日頃、自宅で仕事をしているので、たまには銭湯にでも行って癒されたいと思っていました。誰にだって心身ともに温まりたい時があるでしょ?

で、その日の夕飯はラーメン屋「次郎」で済ませ、超満腹の状態で銭湯に向かいました。1人でじっくり風呂に浸かれることに胸を躍らせて…

僕は最初に髪を洗う派。それから顔→ボディ→大事→足の順で、優しくウォッシュ!いよいよ銭湯に浸かります。あ~、楽しみ~

まずはノーマルな銭湯に入って、湯の温度に体を慣らせます。

「ふぅ~、イっイ湯っだっなっ♪アハハ~ンッ♪」(心で歌う)

体を自由に伸ばして入る風呂は格別!ある程度温まったら、色んな風呂に入ってみます。薬草風呂とか、ジェットバス(ジャグジー)とか、露天風呂とかにね。

そして、そのうちの1つが恐怖の電気風呂だったんです…

電気に体の自由が奪われ、必死に脱出…!

電気風呂は過去に何度か入ったことがあったので、少しも警戒をしていませんでした。ちょっとピリピリするくらいだと思っていたんで、迷わず電気風呂のエリアに入っていきました。

ここの銭湯の電気風呂は狭く、基本1人しか入れないような感じでした。

どんどんこのエリアに体を進めていき、残り左腕だけだって時に急に異変が発生しました…!

「ドゥンッ!!!」という衝撃がまず心臓に来て、みるみるうちに曲げていた足がつま先までまっすぐに伸びていくんです!それも、筋肉が最大限に使われてガッチガチに!これぞガチの硬直!風呂の幅が狭いので硬直した足と背中で体がはまってしまいそうになりました。

続いて右腕も体に沿ってガッチガチの真っ直ぐ!

「あれ?あれ?」という間に体全体が硬直状態となり、いくら手足を動かそうとしても全く言う事を聞いてくれないんですよね。電気風呂の電気に体が乗っ取られました。

前にテレビで「動物よけの電線を誤って掴んでしまって、手を離せなくて感電死した」というニュースがありましたが、それを思い出しました。人は脳からの電気信号で動いているから、強い電気には抗えない…。

ヤバイと思ったので、必死に硬直した右手で風呂の底を押して、なんとか体を電気風呂エリアから脱出させることができました…!力の加減ができなかったので、底を押した時に手首の皮が剥けました…。

薬草風呂で一旦、落ち着くことにした…

あまりのショッキングな出来事に、呆然としました。とりあえず、薬草風呂に入って気持ちを落ち着かせることに。

電気のせいでふくらはぎの筋肉が猛烈に収縮したので、かつてないくらいにつりました。つった足をいくら伸ばそうとしても、なかなかうまくいきません。めっちゃ痛かった…。

心臓はしばらくバクバクと音を立てていました。

「もし頭から全身すっぽり電気風呂に入っていたら、どうなってしまっていただろうか…?」と考えると恐怖でしかない…!きっと身動きができないまま、湯に浸かって死んでいたでしょう。

近くで僕のほうを向いていたおっさんが助けてくれてたかもしれないけどw(でも手足をバタつかせることもできないから、溺れているとは思われない可能性大…)

最近、電気風呂の装置を新しくしたらしい

やがて落ち着きを取り戻し、露天風呂に少し入って、それから出ました。

あとで受付のおばちゃんに「ここの電気風呂って電気強めですか?」と質問すると、「最近装置を新しくしたのよ」と答えました。

「そうなんだ…。絶対電気の強さの設定間違ってるだろ…。」(心の声)

電気風呂で硬直状態になってしまった原因は何か?

これまで硬直なんてしたことなかったのに、この日はどうして電気風呂で異変が起きてしまったのでしょうか?いくつか原因を考えてみました。

この銭湯の電気風呂の威力が強かった

ネットで「関西のほうは電気風呂の威力が強い」とか出てきたんですが、やはり銭湯によって電気風呂の設定はさまざまってことでしょう。

たまたまここの銭湯の電気風呂の威力が強く、そのせいで異常に感電したのかもしれません。

感電しやすい体質だった

僕はアトピーなので、皮膚は弱いほう。

まぁ、アトピーが関係ないとしても、痩せ型なので比較的感電しやすい体質であることは確かです。(電気が通りにくい脂肪が少ない)

体が電極に近かった

ここの電気風呂は狭かったので、体が自然と電極に近づいてしまいました。

電極に近ければ近いほど電気の影響を受けやすくなるで、それで体に多くの電気が流れ、硬直してしまったのかもしれません。

まとめ

原因が何だったのかはハッキリとは分かりません。複合的なものかもしれませんし。

とにかく、無事に電気風呂から脱出できて良かったよ…。水中で体のコントロールが利かなくなるのは恐怖でしかないから!

僕にとって電気風呂は怖いものとなってしまいました。危険危険!もう一生入らないわ…。

色々調べると電気風呂って、健康にいい根拠とかないみたいだからね。あんなもん誰が考え出したんや、まったく!プンプン!

関連くるみアレルギーのアナフィラキシーショックで死にかけて救急車に運ばれた話

Sponsored Link

フォローする