コンパクトでラクラク!フットポンプ式の自転車の空気入れレビュー

僕はこれまで、自転車の空気入れと言えばハンドルを上下に動かすものしか知りませんでした。そういうタイプしかないもんだと思っていたんです。

でもあれってかさばるし、地味に疲れますよね?

で、引っ越しを機に空気入れを買うことにしたんですが、いくつか探しているとフットポンプ式を発見!今はこんなタイプもあるんですね!

実際に買って使ってみると、ものすごく楽に空気を入れることができました!しかもコンパクトでシューズボックスにも余裕で収納することが可能です。なので今回は、僕が買ったフットポンプ式の空気入れをレビューして、猛烈にオススメしていきたいと思います。

フットポンプ式の自転車の空気入れレビュー

フットポンプ式の空気入れはネットで簡単に購入することができますが、僕はイオンバイクの店舗で買いました。

値段は1,500円くらいだったかなぁ。思っていたよりも安かったイメージです。

僕が買ったのは「サイクルフットポンプ シングル」という商品です。

横に付いてるフック型の金属を外すと、上の写真のように大きく開きます。

あとはタイヤの空気入れ部分に接続し、足で踏みまくれば空気が入っていきます。体重を使って踏んで空気を入れられるので、ハンドル式のものより明らかに楽です。

また、この空気入れは自転車のタイヤ以外にも対応しています。ボールとか。これ一個あれば万能ですな。

特に収納が素晴らしい!こんなにコンパクトになるので、下駄箱にも余裕で入ります。

まとめ

僕は最初、「ポンプ式ってことは、定期的にポンプを交換しないといけないのかなぁ」と思っていたんですけど、これは誤解でした。なんかメーターとかあるんで、酸素ボンベみたいに消耗品なのかなって思っちゃいましたよw

実際にはポンプ交換不要なので心配いりません。

それにしてもこれは便利ですね~。踏むのにも力は必要ですけど、体重を使って踏み込めば楽なので、従来のハンドル式とは比較にならないっすわ。

新しく空気入れを買おうと思っているのなら、フットポンプ式が圧倒的におすすめですよ!