手数料を節約♪国内の暗号資産取引所19社を比較!

【2022年2月】仮想通貨の資産状況|娘のお年玉をビットコインにぶち込みました

この記事は約3分で読めます。
【2022年1月】仮想通貨の資産状況|18歳以下への10万円給付金をビットコインにぶち込みました
ビットコインの価格がくすぶっていますが、ただの買い増しチャンスだと思って毎月買い続けています。 まぁビットコインがどう...

2021年のビットコインは2017~2018年ほどの熱狂がないまま、冬の時代に突入してしまいました。個人的にしばらくは上がらないものと考えて相場を見ています。

 

だって、まだまだ悲観が足らなすぎるし、Twitterでも賑わいすぎてる感あるし。

 

一般人がビットコインの話題を出しづらくなるくらい長いレンジ相場(過疎相場)が続くか、24,500ドルくらいまで暴落するか、アルトコインがBTC建てで暴落しないと上昇相場始まらないんちゃうかな~?

スポンサーリンク

2022年2月の仮想通貨資産状況

ポートフォリオ

2022年2月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:1,312万円
  • 資産評価額:2,040万円
  • 損益:728万円

1月は娘へのお年玉と、毎月の教育費積立で計3万円分をビットコインに替えました。

 

それにしても、含み益がだいぶ消えました。ATH時と比べるとマイナス1,400万円減。でも、将来的には上がると思っているから全然気になりません。

 

2018年のバブル崩壊の時も「またすぐ上がるから余裕余裕♪」とか思ってました。その後に停滞地獄。きっと今回も年単位で停滞暴落地獄が待ってるんだろうな。そんな気しかしない。毎日「いつ反発して上昇始めるんだろう?」と微かに期待を寄せながらチャートを見ている時点でもう上昇相場は終わってるんだ。

しかし暴落した時に興奮するようになってきてしまった

2020年前半の停滞相場でビットコインを買い増し、その後に訪れた2021年の暴騰に乗れたことで、含み益は大きく膨らみました。

 

この経験をしてしまったので、ビットコインが暴落したら

僕

暴落は精神的にビビるけど、でもこのタイミングで買い増し続けてたら次のバブルで大きく儲けられるやろ!

という思考になり、やや興奮するようになってしまいました。

 

脳がビットコインに侵食されています。

そういえば『ビットコインとブロックチェーン』読んだ

読み終わるまでに1ヶ月以上かかりました。プログラミングコードがたくさん出てくるんですが、エンジニアじゃないので全く分からん。文章も翻訳された感満載でもう読みたいと思えない。

 

読んだ印象は「ビットコインはSHA256っていうハッシュ関数を使いまくっている」でした。

僕

ハッシュ関数の乱用ってくらい至るところでハッシュハッシュしてる!

 

ブロックチェーンの構造のところは結構面白いなと思いました。ブロックにはブロックヘッダという部分があって、その中に1つ前のブロックヘッダのハッシュ値が入っていて、そういう感じでジェネシスブロックから現在までチェーンみたいにつながっていってる。

過去の特定のブロックを改ざんしようとすると前後で辻褄が合わなくなるから、それゆえ「改ざんはほぼ不可能」と言われていることが分かりました。

技術面で、ブロック同士がどうつながっているかは今まで知らなかったので勉強になりました。

 

ただ、もし過去に戻れるなら図解で説明している

とか、

評価が結構高い

を読んでみたいなと思いました。

【2022年3月】仮想通貨の資産状況|24語のリカバリーフレーズ記憶完了
ロシアとウクライナの戦争に一般市民がなすすべなく巻き込まれているのを見ると恐ろしくなります。しかも国民総動員令で18~60歳の男性出...