はじめてのビットコイン!仮想通貨の始め方と初心者向け注意点

新生児の娘はミルクが3時間もたないけど「おしゃぶり」で解決した話

この記事は約3分で読めます。

ミルクは消化吸収に時間がかかるので、新生児にあげる時は3時間ほど間隔を空けるのがいいとされています。

 

でもさ、うちの娘(新生児)は3時間もたないんですよね。だいたい、ミルクを全部飲んだ後、1~2時間は寝たり機嫌良く落ち着いてたりするんですが、2時間~2時間30分経つ頃には大泣きを始めます。

 

本当は、

僕

あと30分我慢して~!

って思ったりするんですが、あまりに泣くので3時間待たずにミルクをあげてしまいます。中には「厳密に3時間空けなくても大丈夫ですよ」って言う人もいます。確かに、厳密にやりすぎるのも大変だから、そこまでしなくていいのかもしれません。しかし、先日保健師さんが自宅に来た時に、「体重の増加ペースが、通常1日30gのところが、1日60gですねw」と言われてしまいました。

 

聞くところによると、缶ミルクに書かれている量は、保健師さんからすると多いんだそうです。マジかよ!ミルクあげ過ぎてたよ!ってことで、今後はなるべく3時間は空けるようにしてミルクをあげたい。でもどうすれば…。

 

で、昨日、まだミルクを飲んでから2時間しか経っていないのに生後最大にギャン泣きしたので、西松屋で「おしゃぶり」を購入してきました。なんとたったの378円。安すぎてビビッた。

で、実際に使ってみたらめちゃめちゃ助かる結果に…!

スポンサーリンク

おしゃぶりを買って良かった3つのこと

1. 空腹時にも泣き止んだ

まず、おしゃぶりを娘に咥えさせたことで、空腹時に泣かずに必死におしゃぶりを吸ってくれるようになりました。NUKのおしゃぶりは形が特殊なので、赤ちゃんに咥えさせてから、しっかり舌で捉えてくれるまで親が手で押さえてあげる必要はありますが、次第に吸うことに慣れてくれて、親としては非常に助かっています。

 

まぁ、最初は「おしゃぶりを咥えさせたらすんなり吸ってくれるだろう」と思っていたんですが、案外口からこぼれてしまうんですよね。特に布団で寝ている時は顔を左右どちらかに傾けているので、口の力が緩むとポロッと落ちてしまいます。そして泣いちゃう。

 

だから、最近はバウンサーに乗せて、顔が傾きすぎない状態で吸わせています。そうすると、ポロッと落ちないのでいい感じ!

2. 安心するのか寝てくれた

おしゃぶりを吸うと、赤ちゃんは安心するみたいです。

 

前回のミルクから2時間30分…、あと30分待ってほしい時に、バウンサー&おしゃぶりで対応していると、最初は空腹のあまり おしゃぶりを野獣のごとく吸いまくっていたんですが、だんだん落ち着いてきて、いつの間にか寝ていたんです。

 

今までは泣き始めたら母乳かミルクを飲むまでずっと泣いてたから、まさか寝落ちするとはね!これには驚きです。

3. 親の負担が減った

赤ちゃんは泣くのが仕事ですし、それは分かっているんですけど、ガンガン泣かれるとそれは親の負担になります。こちらとしては困り果てるし、ずっと抱っこしているのも大変で、体力的にキツイものがありますよね。夜中に泣き続けられると寝不足になってふらふらになってしまいます。

 

でも、おしゃぶりに頼ったことで、その負担が軽減しました。「おしゃぶりがあるから泣き始めても大丈夫だ」という安心感も得られています。

まとめ

僕も妻もおしゃぶりは使ったことがないですし、もともとは「出っ歯になりそうだから使いたくない」という思いもありました。

 

でも、それは歯が生え始めたらやめさせればいいことですし、新生児の子育てはとにかく3時間起きに面倒を見ないといけないのでホントに大変!少しでも楽になれるなら、何かに頼ったっていいじゃないか!

 

おしゃぶりバンザイ!