「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

ERC20準拠っていいね!MyEtherWalletにカスタムトークンを追加する手順

今回、ツイッターで話題になっていたSwissBorgのICOに参加してみました。どちらかといえば飛びついたって感じです。あとから調べたら配当もらえるらしいからラッキー♪

 

さて、ICOに参加したはいいですが、それをしっかり受け取れるかどうかは最重要です。CHSBはERC20準拠トークン(イーサリアムの基本構造を参考に作られている)ので、イーサリアムアドレスで受け取ることができます。それも、新たにCHSB用にイーサリアムアドレスを作ることなく、すでにETHの保管に使っているアドレスを使うことができるのです。

 

そこで今回は、CHSBをMyEtherWallet(マイイーサウォレット)で受け取るための準備として、カスタムトークンに追加する方法を最初に紹介します。次に、ERC20準拠トークンとは何か、その他ERC20準拠トークンを追加する方法も軽く解説していきます。

スポンサーリンク

MyEtherWalletのカスタムトークン機能でCHSBを追加する方法

※SwissBorgダッシュボードの「ERC-20 Wallet to receive CHSB tokens(受け取り用)」にイーサリアムアドレスを登録さえしておけば、事前にカスタムトークンを追加しておかなくても問題なくもらえます。もらった後にCHSBのカスタムトークン追加作業をしてもOKってこと!でもどうせやるなら早めにやっちゃう派な僕。

すでにMyEtherWalletを持っている前提で話を進めます。ちなみに僕はLedger Nano Sを連携して使用しています。

関連Ledger Nano Sを使ってMyEtherWalletにトロン(TRX)を保管する方法

 

MyEtherWalletを開いたら、「カスタムトークンを追加」をクリックします。

 

すると、3つの記入欄が現れます。ここには以下のように入力していきます。

 

CHSBをカスタムトークンで追加する場合
  • トークン契約アドレス:0xba9d4199fab4f26efe3551d490e3821486f135ba
  • トークンシンボル:CHSB
  • ケタ数:8

 

入力できたら「保存する」をクリック。

 

ちなみにこれらの情報はSwissBorgがブログで公開していました。

このページにたどり着くには、公式サイト「swissborg.com」→上のメニューの「BLOG」→「How to generate your Ethereum ERC-20 compatible wallet address.」というタイトルの記事。

 

追加すると、このようにCHSBが表示されます。これでSwissBorgからトークンが送られてくれば分かるようになりました。

 

どこかに送金したい場合は「送出数量」欄の単位をCHSBに変えて送金すればOK!

ERC20準拠トークンとは

まず、ERCは「Ethereum Request for Comment」の略です。そしてERC20準拠トークンというのは、イーサリアムの構造をベースとして作られた仮想通貨のこと。たぶん『ERC20 Token Standard』のページで公開されているソースを使ったりしているのかなぁ?知らんけど。

 

ERC20準拠トークンは爆発的に増えていて、2018年1月25日現在で26099トークンもあります。

1月4日の時点では21933トークンでしたから、たった3週間で4000トークン以上も増えたんですね。さすがバブル。

参考Token Tracker|Etherscan

 

なぜこんなにもERC20準拠トークンが増えているかというと、イーサリアムをベースとして通貨を作れば、イーサリアムの既存のブロックチェーンを利用することができるからです。新たに通貨を作る側からすれば、新しくネットワークを作る必要がないので楽。また、ウォレットもイーサリアムのものを使えるので、とても楽。

 

ウォレットによる保管に関して言うと、1つのイーサリアムアドレスでいくつものERC20準拠トークンを管理することが可能です。

 

例えばMyEtherWalletの自分のアドレスが「0x…12」だとすると、このアドレス宛にETHのみならず、その他ERC20準拠トークンを送金すれば、以下のように勝手に割り振られます。

僕の場合で言うと、ETHなら上の「アカウント残高」に表示され、その他のBARやSPHTXは下の「トークン残高」に表示されます。

 

1つのアドレスで複数の通貨を管理できるのは、使い手としても楽だと思います。ERC20準拠っていいね!

一覧にないERC20準拠トークンをカスタムで追加する方法

MyEtherWalletの「トークン残高」にある「Show All Tokens」をクリックすると、ERC20準拠トークンの一覧が表示されます。しかし、すべてが表示されるわけではないみたいです。

 

例えば、昨日ツイッターでSPHTXが軽く話題になっていたので、すかさず取引所Bit-zを開設して飛びついてみました。調べてみるとSPHTXはERC20準拠トークンでした。ってことはMyEtherWallet等で保管できるってことです。しかし一覧にSPHTXはない…。

 

こういう場合はカスタムトークン機能を使ってSPHTXを追加してあげればいいんです。

 

ただ、「カスタムトークン」でトークンを追加するためには、トークン契約アドレストークンシンボルケタ数が分からなければなりません。

でもこれらの情報はサイトEthplorerで検索すればすぐ出てきます。

公式サイトEthplorer

 

例えばSPHTXを追加したいなら、検索窓に「SPHTX」と入力。すると該当するトークンが下に表示されるので、それをクリック。

 

SPHTXのページが表示されました。ここにあるContractがトークン契約アドレスDecimalsがケタ数Symbolがシンボルです。

 

SPHTXをカスタムトークンで追加する場合
  • トークン契約アドレス:0x3833ddA0AEB6947b98cE454d89366cBA8Cc55528
  • シンボル:SPHTX
  • ケタ数:18

 

これを参考にカスタムトークンに入力して「保存する」をクリック。

 

すると一覧に新しくSPHTXが追加されました。

 

余談ですが、仮に左のマイナスマークをクリックして表示を消してしまっても、トークン自体が失われるわけではないので大丈夫です(ブロックチェーン上にしっかり記録されているから)。もう一度カスタムトークンで追加すれば元の数値が表示されます。

まとめ

こうして考えると、多くの組織から支持されているイーサリアムってとてもすごいんですね。尊敬!

おすすめ国内仮想通貨取引所

Coincheck

ネムがハッキングされたことで世に名を轟かせたコインチェック。でも忘れないでほしい、しっかり弁償したことと、マネックスのグループ企業になったこと、そして出川組の生みの親であることを。

現在は過去の反省を活かし、すべての通貨に対してコールドウォレットを完備しています。要するにオフラインの安全な保管方法。

 

結局、ハッキング後もコインチェックでビットコインを買いました。使いやすさとチャットのレベルの低さは随一です。仮想通貨を買うならCoincheck。

公式サイトコインチェック

コインチェック

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクはハッキング被害を受けたことがない、堅実に運営されている仮想通貨取引所です。取り扱い通貨の種類は少ないですが、安全な取引所として利用されています。

 

取引所はどこがいつハッキング被害を受けて利用停止するかわからないので、コインチェックとあわせてビットバンクも登録しておきましょう。

公式サイトbitbank

bitbank

仮想通貨
スポンサーリンク
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ