足が重くて思うように歩けない・進めない夢の意味を考えた

今日も見たんですよね。足が思うように上げられなくて、なかなか前に進めない夢を。

僕は結構頻繁にこれと同じ夢を見ます。夢を見ている時は、現実だと勘違いしていますから、歩けないのはかなりツライです。しかも、普通に外出していて、周りには人がたくさんいますから、うまく歩けないところを見られていて恥ずかしい!

「あの人なんで一歩があんなに狭いの?」「どうして前に進めていないの?」なんて思われていると考えると、焦って歩くことにめっちゃ集中するんです。夢の中だけど必死!

いったいこの夢は何なのでしょうか?どんな意味があるのでしょうか?

思い当る節があるので、ちょっと考えてみたいと思います。

足が重くて思うように歩けない・進めない夢の意味とは?

寝ているから体が思うように動かないのは当たり前?

これまでは、「夢の中でうまく歩けないのは、実際には寝ていて体が動かないからじゃない?」と考えていました。

だってそうですよね!実際には寝ているんだから、体が思うように動かないのは当たり前です。しかも、夢の中では、足を思うように前に運べないどころか、後ろに引っ張られる感覚さえあります。前に足を運びたいはずなのに、むしろ後ろに後ずさりしちゃうみたいな。

寝ている時って、体は重力で後ろに引っ張られていますから(仰向けで寝ている場合)、その感覚が夢に反映されているのかもしれません。

ですから、「うまく歩けない夢とは、寝ていて体が動かない状態が、単に夢に反映されているだけ」と考えられるのです。

でも、うまく歩けない夢を見る日と見ない日がありますが、これらの違いは何なのでしょうか?単なる偶然なの…?

体が疲れている時に見る夢なのでは?

先程も言った通り、今日僕は、うまく歩けない夢を見ました。

そして、この夢を見た原因に思い当る節があります。ちょうど昨日、友人とテニスのシングルスの試合をしたのです。数週間ぶりのテニスだったため、ふくらはぎや太ももが筋肉痛になりました。上半身も筋肉痛です。

要するに、身体的に疲れが溜まっている状態。

これが夢に反映されたのではないでしょうか?

夢は記憶の再構築と聞いたことがありますから、現実で起こったこと(体の疲労)が夢に関連してくるのは、なんら不思議なことではありませんもんね。

ならば、精神的な疲労でも同じようなことが起こるのでは?

精神的な疲労や不安が反映されて見る夢なのでは?

身体的な疲労でうまく歩けない夢を見るのなら、同様に、精神的な疲労が溜まっている時にも見そうです。

例えば、人間関係がうまく行っていなかったり、自分の人生がうまく運べていなかったり。何かストレスが溜まるような生活をしていれば、こういった夢を見るような気がします。

僕は、うまく歩けない夢を見たことが何度もあります。それも最近。

当てつけかもしれませんが、僕はフリーランスで仕事をしていて、将来に対する不安があります。例えば、「将来は年金には頼れない」「もっと貯金しないと!」「今の仕事がいつまで続けられるのだろうか?」などなど。

こういった日頃の不安が、夢として現れているのかもしれません。

まとめ

僕は基本的に夢占いなどは信じません。

何の根拠もないことを言われたところでウソだと思っちゃいます。

しかし、夢は記憶の再構築であり、現実に起こったことが少なからず関係してきていると考えられます。ならば、夢を思い出すことによって、自分の心身の状態を考えてみることはできるのではないでしょうか?

まぁ、夢占いを信じないとは言いつつ、この前、揚げた苦いクモを何度も食べる夢を見て、「クモ 食べる 夢」で検索してしまいましたけどw

あんなにマズいクモをなぜ、何度も嫌々食べていたのか、今思い出しても不思議な夢です。夢ってファンタジーですね。

Sponsored Link

フォローする