職歴1年未満の第二新卒は大手への転職は無理だと思う

「新卒で入った企業の人間関係が劣悪だった…」「中小企業は給料が少なくて割りに合わない…」「次はブラック企業を回避したい…!」「どうにか無職から脱退して大手に就職したい!」

こうした理由で大手企業への転職を考えている人は多いことでしょう。僕が転職活動をしていた時も、なるべく福利厚生が充実してて、週休2日制の大手企業に入りたいと思っていました。

しかし、職歴がたった2ヶ月しかない第二新卒だったので、そううまくは行きませんでした…。求人サイトで大手の募集に申し込んでも音沙汰ナシ…。「結局、第二新卒は要らないってわけか…」。この時は将来を悲観し、順調に働けている友人たちを羨ましく思いました。

では、第二新卒は大手企業への転職は無理なのか…?

僕はほぼ無理だと感じました、特に職歴がない人は。しかし、転職活動を通じて大手がすべてではないことも知りました。そこで今回は、第二新卒が大手に転職するのが厳しい理由と、どんな方向性で就活していくべきかを紹介していきたいと思います。

第二新卒は大手企業が無理な理由

大手は第二新卒を採る必要がない

大手企業は知名度が高いので、毎年新卒就活生からの応募が殺到します。それも優秀な大学から。基本的に人材には困っていません。

そのため、わざわざ職歴もない第二新卒を採用する必要もないのです。仮に採用された第二新卒がいたとしても、その人はきっと業務に役立つ経験・資格・スキルを持ち合わせていたのでしょう。

十分な社会経験がない人は、企業側がイチから指導しなければならないため、手間と人件費がかかってしまいます。もしも自分に即戦力となるようなスキルがないのなら、大手企業に固執するのは止めておいたほうがいいと思います。

大手には第二新卒の採用枠が少ない

大手の中途採用枠を見てみると、だいたい「社会人経験3年以上の者」「○○業務の経験を有する者」などと条件が決まっています。そうなると、すぐに会社を辞めてしまった第二新卒は選考を受ける資格すらありません。

もちろん、企業規模、業種によっても異なってきますから、自分が興味のある企業の募集要項を読んでみてもいいかもしれませんが。

スキルのない第二新卒は求人サイトを有効活用できない

求人サイト側の視点で考えてみましょう。

求人サイトがどのようにして利益を上げているか知っているでしょうか。人材不足に困っている企業に求職者をマッチングさせることによって紹介料を得ているのです。

ということは、求人サイト的には社会経験・資格・スキルを持った求職者を優先的に支援したいと思うはずです。優秀な人のほうが早く転職できる確率が高いですからね。実際、職歴がない人はカウンセリングをお断りする人材紹介会社があると聞いたこともあるので、どの求人サイトを使うかは重要になってきます。

特に転職に不利な第二新卒は、第二新卒に特化した人材紹介会社を選ぶ必要があります。

第二新卒はどんな転職活動をすべきか

先入観に惑わされないこと

「大手だから…」とか「中小だから…」とか、先入観にとらわれた転職活動をしたところで何も解決しないと思っています。

一般的には大手企業のほうが福利厚生が充実していて、給料が高く、残業も少ないように思われがちです。しかし、僕の周りにいる大手勤務の友人から話を聞く限りだと、そんな単純な話でもありませんでした。

CMで有名なほどの建設会社でも、有給がなかなか消化できないようで、繫忙期は残業が多くて休日出勤もしているんだとか。また、大手旅行会社でも、接客でストレスが大きい割に手取り・ボーナスは他の大手ほどもらえていないようでした。

逆に地元密着型の中小企業でも、仕事の成績によって旅行をプレゼントしてくれるところもあり、とある友人は毎年楽しんでいるようでした。

安易な考えで大手企業への転職を目指しても、必ず幸せになれるとは限りません。自分が何を求めているのか(働きやすさ・給料・休日など)を考えて、それを手に入れられるような求人を探しましょう。

気になる求人があれば質問する

求人はどのように探していますか?求人サイトから適当にフィーリングで探していないでしょうか?求人には基本的な情報しか載っていなかったり、いいことばかり書かれていることもあります。

前にテレビでハローワークの特集を見ましたが、求人情報と入社後の待遇が全く違っていて、再び転職活動を余儀なくされているかわいそうな若者がいました。

このような失敗・後悔を減らすためにも、興味のある求人を見つけたら、その求人に詳しい人に質問をすることが大切です。

例えば、僕が利用していた人材紹介会社は、紹介するすべての求人において企業を訪問取材しており、担当者に聞けば社風やら従業員の性格やら、通常じゃ手に入らない情報を教えてくれました。事実、そのお陰で選考を受ける決心が付いて、結果的に第一志望に内定が決まりました。

関連使って分かった第二新卒における転職エージェントの選び方

まとめ

2~3年ほど会社に勤めたことがある人ならともかく、1年未満で辞めてしまったような第二新卒が大手企業に転職するのは難しいでしょう。

しかし、大手企業に行きたい理由とは?なぜ中小企業ではダメなのでしょう。大手に行けば必ず理想的な働き方を実現できるのでしょうか?

自分が何をしたいのか、何を望んでいるのかを改めて考えてみて、それを実現できる求人を探し出せるよう努力してみましょう。

既卒・第二新卒の転職に便利な転職エージェント

既卒・第二新卒の転職に便利な就職Shop


就職Shopは、リクナビ等でお馴染みのリクルートが運営する転職エージェントです。

 

就職Shopの主な特徴
  • 大手の転職エージェントだから安心
  • 利用者の9割は20代
  • 就職決定した7割は正社員経験1年未満
  • 利用者数は10万人に迫る勢い(トップクラス)
  • 登録企業数は8,000社以上(トップクラス)
  • 求人は100%取材済みの企業
  • 求人の業種・職種の種類が豊富
  • 書類選考なし(企業とのマッチング重視)
  • キャリアコーディネーターが最後までサポート
  • 利用料は完全無料

 

店舗は、東京(銀座・新宿・立川)・横浜・千葉・埼玉・大阪・神戸・京都と全国展開。他の若者向け転職エージェントと比べても実績が多く、求人数も断トツです。まずは簡単な面談予約をしてみましょう。

公式サイト就職Shop

Sponsored Link

フォローする