第二新卒の転職で年収アップ!社会人経験なくても給料は上がる

どんな企業でも、入社したばかりの頃は給料が低いものです。手取りで20万円を切ることもざらにあります。僕の周りでも、超有名なトップ企業で手取り17~19万円の友人が複数います。まぁその代わりボーナスは100万円近くもらっているそうですが。

 

しかし、中には手取りで12~15万円。福利厚生はあってないようなもの。サービス残業が多くて割りに合わないと嘆いている人もいます。会社に入りたての友人が「この会社は30歳になっても給料がほとんど上がらないから、先輩はみんなその歳になると辞めてってるんだよね。俺もそのうち辞めると思う…」と当然のように諦めている人がいました。

 

たとえ職場の人間関係が良好で、働きやすい職場でも、給料が低ければ貯金できないストレスが常に付きまといます。お金がないと満足に遊びにも行けませんし、車や家を買うのも夢のまた夢。

 

そこで今回は、第二新卒だった僕が転職をして給料をアップさせることができた例を紹介していきたいと思います。転職を考えている20代の人は参考にしてみてください。

Sponsored Link

第二新卒は簡単に給料アップできる

僕は新卒で公務員に就職しました。その時の給料は24万円。地域を守る系の危険な仕事だったので、手当てがついてこの給料。手取りでも20万円以上はもらえていたので、いきなり新卒でこの額なら十分です。

 

しかし、ある都合で2ヶ月で辞めることになりました。

 

そしてすぐに就職活動再開。次は別の公務員に就職したいと思い、試験をバンバン受けました。でも落ちた…。

 

無職期間が長引くと親に心配をかけてしまうと思い、すぐ民間企業の選考を受け始めました。でも社会人経験がほとんどない人がいい会社に転職できるとも思えません。転職活動も苦戦しており、あまり期待せず転職エージェントを使い始めました。

 

結果、給料25万円の中小企業に就職できました。手取りでも23万円ちょい。しかも入社した月に超大手企業に買収されたので業績安定は約束されたようなもの。

 

運もあるかもしれませんが、とても良い転職ができました。

給料アップがしやすい人とは?

転職で給料を上げやすい人というのは、ほかの会社が雇いたいと思ってくれるような社会人経験・資格・スキルを持っている人でしょう。

 

でも、給料アップできる人はそれだけじゃないと思うんですよね。若くてやり直しが利く人も給料アップはしやすいと感じました。

 

転職エージェントの担当者にいろんな求人を見せてもらって思ったのは、案外給料の良い企業があるということです。「給料20~25万円で別途交通費支給」みたいなところはたくさんありました。

 

第二新卒のように若くて即戦力になりにくい人材は、転職すると給料が下がりやすいと思われがちですが、そんなことはありませんでした。

どの転職サービスを使うかにもよる

給料をアップさせるためには、普通に転職活動をしていてもダメだと思います。これまでに求人サイト、ハローワークなどを使ってきましたが、求人を探すのに苦戦し、時間を無駄にしました。

 

ハローワークなんかはやたら「幹部候補生募集!給料35万円~」と書かれた求人があるんですよね。幹部候補生とか、社員全員が幹部になれる可能性秘めてんだからあえて書くことじゃないだろって思うし、「給料35万円~」は怪しくて信じられない…。

 

で、最終的には第二新卒向けの転職エージェントを使ったわけですが、ココは担当者が1対1で親身に話を聞いてくれて、求人も希望するものを探して紹介してくれたので、スムーズに進みました。

 

転職するなら、国が運営するハローワーク等を使うより、企業が支援してくれるサービスを利用するべきだと強く思います。対応も支援の積極性も断然違いますから。あと、転職エージェントだと求人を出してる企業を訪問調査してるので、安心感も違います。ブラック企業回避につながるのです。

まとめ

世の中にはまともな給与を支払ってくれる企業がたくさんあります。これは実際に求人をいくつも見て分かりました。

 

なので、もし「第二新卒がいい会社に転職できる確率なんて低い…」と諦めている人がいるなら、それはもったいないことです。求人探しくらいなら仕事をしながらでもできるので、トライしてみては?