「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

2019年6月FX収支|1万円チャレンジは3ヶ月連続プラス収支で生き残ることができた

6月は正直言って、ものすごく厳しい戦いでした。FOMCやら米中貿易摩擦(米中首脳会談)やらで、全然トレンド発生しないし。結構な損失が出てもおかしくない状況でした。それでも、なんとかプラスで終えることができました。

僕

運は良かった

さて、【1万円チャレンジSeason2】は4月から始めて、6月で丸3ヶ月。「FXは3ヶ月で9割が退場」とか聞きますし(諸説あり)、とりあえず、世の中の9割の超絶雑魚負け組トレーダーに勝利することができました。

 

資金1万円でやっているので、数十、数百万円を運用しているトレーダーからすれば僕も雑魚かもしれませんが、「退場しないこと」と「利益率」、「自分をデータ分析」を重視してトレードしているので、金額を比較することなんてナンセンス。そう、ナンセンスナンデス。

Sponsored Link

2019年6月FX収支

HotForex

HotForex損益
  • 実現損益合計+スワップ合計=5.61ドル(約604円)

残高は89.8ドル(約1万円分)が基本で、89.8ドルを超えた利益分はすぐに出金しています。6月出金できた分は5.61ドル。利益率は6%。少ない、けど相場的には仕方ないです。ほぼレンジ相場だったんだもの。

 

では今回も、トレードの成績はどの程度だったのか、データから客観的に分析します。

自分のトレードを分析
  • トレード回数:17回
  • 勝ちトレード回数9回
  • 負けトレード回数8回
  • 勝率:52.94%
  • 利益額合計29.83ドル
  • 損失額合計-22.94ドル
  • 平均利益3.31ドル
  • 平均損失-2.87ドル
  • プラススワップ合計0ドル
  • マイナススワップ合計-1.28ドル
  • 収支5.61ドル

かろうじて勝率は50%以上。平均利益は平均損失よりも大きいので、ギリギリ良しとしよう、ほぼイコールだけど。今回一番良かったのが、自然とトレード回数が減ったこと。これは相場感が養われている証拠です。自分でも満足しています。

 

例えば、比較的よくトレードしたポン円のチャート。

5月のトレード回数は66回でした。対して、6月のトレード回数はたった17回。チャンスがない時には無理をしてトレードしていないからこそ、まだマシだったようです。具体的には、1時間足の移動平均線が綺麗な下落じゃなくなったので、

僕

なんだかトレードしたくないなぁ

と思い、トレードを控えめにしました。

GEMFOREXでも全く同じトレードをしていた

先月に引き続き、6月もGEMFOREXから頂いた2万円ボーナスでトレードしていました。HotForexのトレードと全く同じようにトレードしていました。

942円増えました。

僕

GEMFOREXはタダでボーナスもらって無リスクでトレードするのが吉!絶対登録してくれよな!(無責任)

公式サイトhttps://gforex.asia

まとめ

そういえばHotForexのストラテジープロバイダーに日本人って4人いるんですね。まだ全員フォロワー0だけど、そもそも日本人がいるとは思っていなかったので驚きです。

 

一番成績がいい人は、すでに1年生き残り続けていて、利益も出しています。FXでポートフォリオを作って運用するという、珍しいやり方をしています。どんなトレードをしているのか全く分かりません。

 

そして僕もストラテジープロバイダーに申し込みました。申請通るか分からないんだけど。

 

ストラテジープロバイダーって有利すぎる。最低5万円で普通にトレードして、フォロワーが増えれば、勝ちトレードでフォロワーが得た利益の数十%を手数料として受け取れます。ちょっと負けたとしても、次勝った時にフォロワーから得た利益からちょろっと入金して証拠金補填すれば元通り。

 

よっしゃ!絶対ストラテジープロバイダーになってやる!