2018年4月仮想通貨収支|立ちはだかる壁を突き抜けてバブリー相場の準備開始か

1ヶ月前までは下落続きでテンション下げ下げでしたが、4月はガラッと変わって上げ相場。ちょっと安心してきました。さらに5月は韓国の確定申告が行われます。期間は5/1~5/31ですから、これが終わればまた買い戻しが再開されるのでは?

5月はバブルフィーバーYeah!!!?

2018年4月仮想通貨収支

ポートフォリオ

2018年4月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:771万円(736万円+BNK35万円分)
  • 資産評価額:1,363万円
  • 含み損益:592万円

先月は「もしかしたらもっと下落するのでは…」とちょいビビッてましたが、そのままホールドしておいて良かったです。無事、含み益が回復してきました。

ポートフォリオの変化

4月はポートフォリオそのままでした。何も変わっていません。

リップルが証券と見なされる疑惑が出てきたので、全部手放して$WANや$ADKを買おうか悩みました。でもなんか大丈夫な気がするし、前にwebbotが「5月にリップル大暴騰」って言ってたからそれを信じることにしました。

あと、リップル人気だからね。時価総額高くて知名度あるし、新規の日本人が参入したらまずリップル買うっしょ。

他にもインドの取引所KOINEXがリップルを基軸通貨にしたのはビッグニュースです。リップルはBTCやETHと違って送金速度速いから、取引所間で送金する時に需要あるだろうし、日本でもSBI VCがリップルを基軸にする可能性あるんじゃなかったっけ?

うむ、まだ持っていよう。

2018年4月仮想通貨の入手状況

バンクエラの配当

バンクエラの4月の配当は合計0.003150408811338315ETHでした。イーサリアムが70,000円だとすると220円相当。

イーサリアムの価格上昇もあって先月よりはマシでした。バンクエラの上場が待ち遠しいです。

まとめ

ビットコインのチャートを見てみると、レッド下降トレンドラインを上抜けることができているので、大きな下落相場からは脱却したように見えます。次に立ちはだかるのはイエロー下降トレンドライン。7月末までにこのラインを超えられればひと安心かなぁ。ただ、7/21~7/22でG20が開催され、仮想通貨の規制について話し合われるみたいだから、警戒感からストンと落ちる可能性もある…。

世界的な仮想通貨の規制 vs 好材料

まぁ、ブロックチェーンを大きく規制したところで不便になるだけだし、話し合われるのはマネーロンダリングとかそんなところでしょう。去年BTCのハードフォーク騒動が大したことなかったように、今回も大丈夫だったら年末にかけて爆上げあるんでない?

キタわ、億り人への最終局面!

僕が使っている仮想通貨の取引所

僕が使っている仮想通貨の取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

bitFlyerは日本の取引所で金融庁の仮想通貨交換業者に登録されています。

 

また、三井住友海上とビットコイン事業者向けサイバー保険を共同開発するなど、顧客資産の安全性向上に努めています。

 

ほかにも、コールドウォレット(オフライン)の保管、人による入出金の確認など、不正出金に対するセキュリティも高いので初心者にオススメです。

公式サイトbitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
関連少しも迷わずbitFlyerに登録して口座開設する方法

BINANCE(バイナンス)

バイナンス

中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は海外の取引所の中でも手数料が安いことで有名です。日本語にも対応しており、将来に期待できる通貨を多く取り扱っています。

 

取引高が世界一になった実績もあり、利用者が多いので、初心者でも安心して使えます。僕はここでトロンを40万TRX購入しました。

 

ただ、日本円には対応していないので、coincheck等でビットコインやイーサリアムを買い、BINANCEのアドレスに送金する必要はあります。

公式サイトBINANCE(バイナンス)

関連手数料が安い取引所BINANCE(バイナンス)に登録して引き出し限度額をレベル2にUP!

Sponsored Link

フォローする