「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

2018年4月仮想通貨収支|立ちはだかる壁を突き抜けてバブリー相場の準備開始か

1ヶ月前までは下落続きでテンション下げ下げでしたが、4月はガラッと変わって上げ相場。ちょっと安心してきました。さらに5月は韓国の確定申告が行われます。期間は5/1~5/31ですから、これが終わればまた買い戻しが再開されるのでは?

 

5月はバブルフィーバーYeah!!!?

スポンサーリンク

2018年4月仮想通貨収支

ポートフォリオ

 

2018年4月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:771万円(736万円+BNK35万円分)
  • 資産評価額:1,363万円
  • 含み損益:592万円

 

先月は「もしかしたらもっと下落するのでは…」とちょいビビッてましたが、そのままホールドしておいて良かったです。無事、含み益が回復してきました。

ポートフォリオの変化

4月はポートフォリオそのままでした。何も変わっていません。

 

リップルが証券と見なされる疑惑が出てきたので、全部手放して$WANや$ADKを買おうか悩みました。でもなんか大丈夫な気がするし、前にwebbotが「5月にリップル大暴騰」って言ってたからそれを信じることにしました。

 

あと、リップル人気だからね。時価総額高くて知名度あるし、新規の日本人が参入したらまずリップル買うっしょ。

 

他にもインドの取引所KOINEXがリップルを基軸通貨にしたのはビッグニュースです。リップルはBTCやETHと違って送金速度速いから、取引所間で送金する時に需要あるだろうし、日本でもSBI VCがリップルを基軸にする可能性あるんじゃなかったっけ?

 

うむ、まだ持っていよう。

2018年4月仮想通貨の入手状況

バンクエラの配当

バンクエラの4月の配当は合計0.003150408811338315ETHでした。イーサリアムが70,000円だとすると220円相当。

 

イーサリアムの価格上昇もあって先月よりはマシでした。バンクエラの上場が待ち遠しいです。

まとめ

ビットコインのチャートを見てみると、レッド下降トレンドラインを上抜けることができているので、大きな下落相場からは脱却したように見えます。次に立ちはだかるのはイエロー下降トレンドライン。7月末までにこのラインを超えられればひと安心かなぁ。ただ、7/21~7/22でG20が開催され、仮想通貨の規制について話し合われるみたいだから、警戒感からストンと落ちる可能性もある…。

 

世界的な仮想通貨の規制 vs 好材料

 

まぁ、ブロックチェーンを大きく規制したところで不便になるだけだし、話し合われるのはマネーロンダリングとかそんなところでしょう。去年BTCのハードフォーク騒動が大したことなかったように、今回も大丈夫だったら年末にかけて爆上げあるんでない?

 

キタわ、億り人への最終局面!

続きを読む2018年5月仮想通貨収支|暴落ピンチあるけど救われる日も近いと予想

おすすめ国内仮想通貨取引所

Coincheck

ネムがハッキングされたことで世に名を轟かせたコインチェック。でも忘れないでほしい、しっかり弁償したことと、マネックスのグループ企業になったこと、そして出川組の生みの親であることを。

現在は過去の反省を活かし、すべての通貨に対してコールドウォレットを完備しています。要するにオフラインの安全な保管方法。

 

結局、ハッキング後もコインチェックでビットコインを買いました。使いやすさとチャットのレベルの低さは随一です。仮想通貨を買うならCoincheck。

公式サイトコインチェック

コインチェック

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクはハッキング被害を受けたことがない、堅実に運営されている仮想通貨取引所です。取り扱い通貨の種類は少ないですが、安全な取引所として利用されています。

 

取引所はどこがいつハッキング被害を受けて利用停止するかわからないので、コインチェックとあわせてビットバンクも登録しておきましょう。

公式サイトbitbank

bitbank

仮想通貨
スポンサーリンク
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ