はじめてのビットコイン!仮想通貨の始め方と初心者向け注意点

2020年6月仮想通貨収支|ちょっと余裕ができたので20万円分のBTCを買い増しマシマシ

この記事は約3分で読めます。

ビットコイン動かな過ぎて退屈相場です。

 

で、逆神インフルエンサーのTwitter見ると、最近は株の話が多くて仮想通貨に無関心っぽくなってきたので、余剰資金でビットコイン20万円分を買い増しました。

スポンサーリンク

2020年6月仮想通貨収支

ポートフォリオ

2020年6月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:1,114万円
  • 資産評価額:405万円
  • 損益:-709万円

BTCは4.05枚になりました。すべてLedger Nano Sで保管しています。損失デカすぎて何も感じません。

 

今後も余裕があれば少しずつ買い増していこうと思いました。

僕

国会議員がボーナスたんまりもらってたけど「円」なんていらねーしクソ通貨がぁぁぁぁぁッ!!!!!一生法定通貨ごっこしてろハゲ!

まとめ

映画『TIME』と密入国

プライムビデオで映画『TIME』を観ました。

 

遺伝子操作により、すべての人間は25歳で成長が止まり、そこからさらに生きるためには「時間」を稼がなければならない。「時間」がお金として扱われている世界の物語。そこでは貧富の差が生まれています。貧困層は24時間以上の時間を持っていることが少ないので、明日を生きるために毎日時間を稼ぎます。逆に富裕層は1世紀以上の時間を所有している人も。

 

スラム街に住む主人公は貧富の差を作り出す社会の仕組みを恨み、富裕層からすべてを奪うために戦います。

 

で、この世界では、裕福なレベルによって街が料金所で区切られていて、より良い街に行くためには自分の寿命を「1ヶ月」「2ヶ月」のように払わなければなりません。これじゃあ貧困層の人たちはいつまでも裕福な街には行けませんよね。ずっと安い賃金(時間)で働くことになります。

 

この映画を見た後、たまたまテレビでアメリカに密入国を試みる人たちの特集がされていました。それを見て、

僕

あ、これ『TIME』じゃん

と思いました。

 

密入国者は、発展途上国ではいくら働いてもいい暮らしができないから、なんとかアメリカに行きたい。でもお金がないから国境を越えることができない。だから命をかけて密入国するしかない。

僕

奴隷みたいな働き方しかできなくなったら容易に抜け出せないのがこの世の中ってことか

友人が株始めました

この前久しぶりに友人と遊んだんですが、普段投資してないのに株を始めてました。この人はビットコインが暴落する前の2017年末に仮想通貨の話題を出した人。

 

ということは、これから株下がっていくんか?

2020年7月仮想通貨収支|強気相場が始まった!
ビットコインがようやく上がってくれて、少し報われた気がしています。 もうこっからは強気相場だろうし世界的な金融緩和、金の最高値...
おすすめ仮想通貨取引所
コインチェック

コインチェックは過去にハッキング被害を受けたものの、その後は大手マネックスグループ株式会社(東証一部上場8698)の傘下となり、セキュリティも強化されました(全通貨オフラインのコールドウォレットに対応)。アプリなどはシンプルで直観的に使いやすいので、初心者の方でも戸惑うことがありません。

取り扱い仮想通貨の種類が業界トップクラスで多いのも魅力!

仮想通貨
スポンサーリンク
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ