2018年1月仮想通貨収支|終わりが見えない地獄の爆下げに祈りガチホ正義極め込む

1ヶ月前とはガラッ変わって仮想通貨市場はガンガン下がっています。あぁ、余裕で爆上げしていくと思ったんだけどなぁ。そんな甘くなかったー!

 

今は仮想通貨に溜まっていた膿が出まくっています。規制に疑惑にセキュリティ問題。こんな相場では誰も積極的に買おうとは思わないですよね。利確するか様子見か。無理のない範囲で買い増すくらいかな。

 

ぶっちゃけ、この下げでものすごくテンション下がっています。「いつ下げ止まるの…?」って感じ。僕はトレードがド下手なことが分かっているので、今はひたすらガチホするのみ。一時期は評価額が6,000万円に到達してたので、ちょっとくらい日本円に換えれば良かったなぁとも思います。

 

後悔先に立たずからの1月収支公開。

Sponsored Link

2018年1月仮想通貨収支

概要

 

2018年1月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:771万円(736万円+BNK35万円分)
  • 資産評価額:1,188万円
  • 含み損益:417万円

 

ピーク時から5,000万円近く含み益が消えました。なんということでしょう。

ポートフォリオの変化

12月に4.4円くらいで購入していた44万TRXを、ピーク時から18円に下がったところで全部売り払いました。そして、その資金を使ってクリプトピアでPhoreをめっちゃ買いました。でもその後下がったところで全部損切りし、その資金でイーサリアムを買いました。

 

KuCoinでKCSを買いました。

 

よく分からずTitanium Blockchain(BAR)を買いました。

 

リップル100万円分を使ってSwissBorg(CHSB)を買いました。

 

ネムの大多数を使い、Bit-zでSPHTXを買ったらチャートがめっちゃ跳ね上がりました。

この、「相場動かしてやったぜ」感はすごく優越感に浸れたんですが、今は含み損だらけです。

2018年1月仮想通貨の入手状況

ネムのハーベスト

1月は合計22.55XEMがハーベストされました。ネムが40円だとすると902円分です。相場が下がりすぎていて嬉しさ半減です。

 

そして、もうネムは1万XEM以下になってしまったのでハーベストはできなくなりました。

バンクエラの配当

1月のバンクエラの配当は合計0.01316261817533088ETHでした。イーサリアムが60,000円だとすると約790円。

 

まぁこんなもんか!

まとめ

ビットコインの価格は日に日に安値を更新しています。この下げはいつまで続くのでしょう?全然分かりません。

 

ただ、規制については実施されて当たり前でしょうな。どう考えたって国はマネーロンダリングを危惧するから。ん~、でもブロックチェーン技術はマネーロンダリングしづらいとも言われているし、どっかの国が良さげな規制を作ってくれればそれが広まって解決するのかな。マネロンを100%防止できなくとも減らすことはできるだろうし。2018年は規制の年になるか!?

 

そして、規制が出来たらそれは匿名通貨をどう扱うのか。匿名通貨は取引の記録や内容を隠すから、まさにマネーロンダリングに使われそうな…。プライバシー重視匿名通貨悪用を天秤にかけた時に、国は匿名通貨悪用を優先的に考えて取り締まる気がするんだけどどうなのか。

 

そもそもブロックチェーンは非中央集権(みんなで監視)で不正を防止できるのが大きなメリットちゃうん?それが匿名通貨によって過去の取引を隠されたらメリット薄まりそう。そんなにプライバシーを重視したいならこれまで通り現金とかクレジットカードを使えばいいだけだし。ブロックチェーンが出てきたからって既存のやり方が消滅するわけじゃないからね。

 

そう考えると、今はなんでもかんでもブロックチェーンにしようというのに違和感を感じます。流行りに乗っかってる感。まぁ、僕も「儲けたい」の一心で流行りに乗って仮想通貨買ってるんですけどw

 

規制によってどの通貨が生き残るのか、どの通貨がどの組織に採用されて実用化されていくのかで、どんどん淘汰されていくかな。

 

さて、2月の個人的な希望は、今後相場はもっと下がっていいけど、「さすがに売られすぎ!」「買い増しチャンス!」「今さら利確(損切り)はしない」派が多くを占めて楽観相場になり、不安を生み出してるテザー社が消滅して、好材料が目立つようになって、上昇トレンドに転換してくれること。頼むで!

続きを読む2018年2月仮想通貨収支|警戒感が立ち込めているので怯えながら時を待つ