みんな使ってるエックスサーバーの登録方法

エックスサーバーは、僕が本格的にアフィリエイトを始める時に使い始めたレンタルサーバーです。もちろん今でもメインで使っています。

 

2003年から運営されている安心感と、初心者に優しい24時間365日サポート体制、無料で新機能を提供してくれる利便性から、多くの人に愛されています。

 

もっと安いレンタルサーバーもありますが、1つしかサイトを運営できなかったり、多くのアクセスに耐えられなかったりするので、まずはエックスサーバーから始めるべきです。

 

そこで今回は、エックスサーバーの登録方法を初心者にも分かりやすく紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

エックスサーバーの登録方法

お申し込みページに行く

公式サイトに移動したら、「お申し込みはこちら」をクリックします。

公式サイトエックスサーバー

エックスサーバーの利用が初めての人は「新規お申込み 10日間無料お試し」をクリック。

お客様情報を入力する

一番最初の「サーバーID(初期ドメイン)」のところで、「○○○○」というIDを決めると、「○○○○.xsrv.jp」というサブドメインも無料でもらうことができます。

 

サーバーID(初期ドメイン)例
  • サーバーID:happylucky
  • 初期ドメイン:happylucky.xsrv.jp

「IDとドメインが一緒だと危ないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、パスワードを知られなければ大丈夫です。

 

プランは「X10」を選びましょう。

 

会員情報を入力し、「「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意する」にチェックを入れたら、「お申し込み内容の確認」をクリック。

 

内容に問題なければ「お申し込みをする」をクリック。

 

申し込みが完了するとメールが送られてきます。

メールの内容をしっかり確認する

メールにはいくつか重要な部分があります。IDパスワードはもちろんのこと、試用期間お支払いのこともしっかり把握しておきましょう。

 

▼試用期間について

サーバーアカウントの試用期間は、本日より○○○○年○○月○○日まで、または、ご利用料金をお支払いいただいた時点までになります。当サービスの本契約(継続利用)をご希望の場合は、試用期間内にインフォパネルよりご利用料金のお支払いをお願いいたします

試用期間内にご利用料金のお支払い確認ができない場合は、順次サーバーアカウントを凍結いたします。

※本契約(継続利用)しない場合は、お手数をおかけしますが、試用期間内にインフォパネルの「解約」からサービスの解約申請を 行ってくださいますようお願いいたします。

試用期間といっても10日しかありませんので、支払いは早めに済ませるのが吉。本契約をするつもりなのに支払いを済ませないと、サーバーアカウントは凍結され、再度契約する手間が発生します。

 

▼お支払いについて

お支払いを行われる際には「インフォパネル」→「料金のお支払い/請求書発行」→サーバーID:○○○○○○にチェックを入れていただき、「お支払い方法を選択する」よりご希望のお支払い方法にてお手続きをお進めください。

お支払いは、メールにも記載されている「インフォパネル」のURL(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)から行えるようになっています。

 

色々な支払い方法に対応しているので、できることなら今すぐ済ませてしまいましょう。以下では「支払い方法」の手順を解説します。

エックスサーバーのお支払い方法

インフォパネルにログインする

まずはエックスサーバーの「インフォパネル」にログインします。ID・パスワードはメールに記載されています。

公式サイトインフォパネル|エックスサーバー

「料金のお支払い/請求書発行」ページに行く

ログインできたら、左のほうにある「料金のお支払い/請求書発行」をクリック。

契約期間を決める

現在、試用期間中のサーバーIDを見つけたら、チェックを入れ、「更新期間」を選びます。

 

期間は長いほうが割引が利きます。

なので、とりあえず「12ヶ月」がオススメです。

 

続いて「お支払い方法を選択する」をクリック。

支払いを済ませる

銀行振込・クレジットカード・コンビニエンスストア・ペイジーと様々な支払い方法に対応しています。自分の好きな方法で支払いを済ませましょう。

まとめ

もしクレジットカードを持っているなら、自動更新を設定しておくのが便利です。

インフォパネルの「カード自動更新設定」から簡単に設定できます。毎月1ヶ月分が引き落とされるようになりますが、自動更新だから支払い忘れてサイトが表示されなくなる心配がありません。