ワニログ流!FXシンプルトレード手法

FXデビューは2016年。

僕はこれまで、何度もFXトレードに挑戦しては返り討ちにされてきました。精神的なダメージも幾度となく食らいました。たくさん失敗したし、トレード手法の試行錯誤も繰り返してきました。

そんな中で、ようやく自分が納得できるトレード手法に到達しました。実際、そのトレードのやり方で過去にないくらい利益を伸ばせています。

そこで今回は、過去の失敗トレード手法を軽く振り返った後に、現在のFXシンプルトレード手法を紹介したいと思います。

過去の失敗トレード手法

初めてのFXはギャンブルトレード

とりあえず、2016年に始めた時は「SBI FXトレード」を使っており、スマホ片手にアプリで取引。1分足、5分足チャートばかり見てトレードしていたので、みるみる損失を出していきました。

この時はまるでギャンブルをするかのように「上がれ!」「下がれ!」と念じながら売買していただけですからね。

勝てるはずがありません。

移動平均線とピボットを使ったトレード

次に挑戦したのが、移動平均線と「ピボット」というインジケーターを使ったトレードです。

「どうにかして売買のタイミングを掴めないだろうか?」と悩んでいた時に「ピボット」を知り、これと移動平均線でFXトレードに挑戦してみようと考えたのです。

結果は以下の通り…。

関連去年コテンパンにされたFXに裁量トレードでリベンジする時が来た

関連FXトレード記録|内容は悪くないけど結果的に7,500円の負け

関連FXの裁量トレードは負け続き…。うつ病レベルで人生のモチベーション低下したよ!

結局、全然勝てませんでした。ピボットを使ったところで最適なトレードのタイミングを掴むことはできず、利確のタイミングも分かりません。損切りは設定していたので、損失はしっかり出ます。

勝てるはずがありません。

自分でラインを引くシンプルトレード

僕はこれまで、自分でチャートにラインを引いたことがありませんでした。ラインを引くにしても、どこに引けばいいか分からなかったし、ラインを引く行為が難しく感じられ、敬遠していたんです。

しかし、「M.I.Q.」という投資の漫画を読んだ時、衝撃が走りました!「ラインこそ世界中のトレーダーが意識しているポイントなんだ」と!

また、短期・中期・長期で意識されているラインは注目度が異なるだろうと考え、月足~15分足でそれぞれラインの色を変え、サポートライン・レジスタンスライン・トレンドラインを引いてみることに。

結果は以下の通り。

関連海外FX「XM」のデモ口座でトレードの練習をした結果と戦略

関連デモだけど月利100%達成!FXにも三度目の正直は存在したようだ!

関連2018年5月FX収支|裁量トレードで負けたけど良い経験ができた

ラインをブレークした時にトレードする手法で、負けはしたものの、少しずつトレードするタイミングを掴み始めています。

しかし利小損大になりがちで、当面の課題は、「利確のタイミングを把握すること」「利益を伸ばすこと(損小利大)」でした。

ワニログ流!FXシンプルトレード手法

ワニログ流!FXシンプルトレード手法
  • 通貨ペアはドル円ユーロ円ユーロドルのみ
  • チャートは基本30分足1時間足4時間足日足のみ
  • ラインは必要な分しか引かない
  • 移動平均線は20日50日しか使わない
  • チャートの定番の形を重要視する
  • 損切りラインは根拠のある部分に設定する
  • 損切りラインは30分足チャートで押し目(戻り売り)が出来次第移動させ、できるだけ利益を伸ばす戦法

これが現在のトレード手法です。それぞれ詳しく説明していきます。

通貨ペアはドル円ユーロ円ユーロドルのみ

以前はどんな通貨ペアでもトレードしていましたが、今はドル円ユーロ円ユーロドルのみに絞っています。

その理由は、単純に僕の能力では多くの通貨ペアを把握しきれないからです。ムリ、どれもこれも相手してられない。

それに、毎日観てるモーサテも、ドル円・ユーロ円・ユーロドルをメインに紹介しています。

ユーロドルは世界的にも取引量が多い通貨ペアということもありますから、流動性が高く、ダマシなどの変則的な動きが比較的少ないのではないかとも考えています。

チャートは基本30分足1時間足4時間足日足のみ

場合によっては5分足や15分足も見ますが、基本は30分足1時間足4時間足日足の4つのチャートを同時に表示させて、中長期的な動きを把握するようにしています。

チャートの見方としては、日足でおおまかにどの価格帯が意識されていそうかラインを引きます。続いて、日足でラインを引いた付近で、30分足・1時間足・4時間足のチャートがどのような形を作るか観察します。

短期足チャートを見ないので、無駄なチャートの動きに困惑することがなくなりました。そして、中長期でトレードチャンスを伺うので、大きな相場の動きに乗れるようになりました。

1回のトレードが1~2日なので、チャート画面に付きっ切りになる必要もなく、冷静に判断できる時間的余裕も増えました。

ラインは必要な分しか引かない

チャート画面上には、なるべく必要な分のラインしか引かないように心掛けます。

具体的に言うと「ココが次のトレードポイントになるかな?」と思った辺りにしかラインは引かないということです。

また、ラインが突破されたり、機能しなくなったら、いつまでも残しておかずにすぐ消します。

チャート画面上を常に整理しておくことでシンプルな思考ができるようになり、古い思考を取っ払うことができます。

移動平均線は20期間50期間しか使わない

移動平均線は何本使うか迷うところですが、適当に2本だけにしました。それも20期間と50期間のみ。20期間と50期間にした理由は特にありません。

ただ、100期間のような長期の移動平均線は、参考にしていてもトレードするタイミングを逃す可能性があり、必要性が感じられなかったので表示していません。

チャートの定番の形を重要視する

チャートの形を重要視するようになってから劇的にトレードの質が向上しました。

形というのは、トリプルトップ(トリプルボトム)やダブルトップ(ダブルボトム)、レンジ、ペナントなど。

とにかく、チャートの動向が分かりやすく判断できるチャートの形が重要。いままではチャートの形なんて意識したことがなかったのですが、これをトレードに生かすことで曖昧なトレードが減りました。

なにより、チャートの形を意識することで、トレードするタイミングの根拠が判断できるようになったのはデカイです。

また、チャートの形が分かれば、損切りラインも自然と分かってきます。その形を否定したと判断できるところまでチャートが動いてしまったら損切りすればいいだけですから。

損切りラインは根拠のある部分に設定する

基本的にトレードは、チャートの形の完成を待ってからするようにします。そして損切りはその形が否定されたと判断できる価格に設定します。

例えば、三尊天井が完成し、ネックラインを下抜け、これから下落が始まろうとしたらショートします。

この時の損切りラインは、直近三角の上(三尊天井が否定されたと判断できるところ)に設定。

もしも損切りの幅が広いと感じたなら、万が一損切りしても損失が大きくならないよう、取引量(Lot)を減らします。

根拠をもとにトレードするので、「損切りラインはどこに設定しよう…?」と迷うことがほとんどなくなりました。

損切りラインは30分足チャートで押し目(戻り売り)が出来次第移動させ、できるだけ利益を伸ばす戦法

イメージは上の通り。

「利確ができない」「利確するタイミングが分からない」問題はこれで解決しました。

相場には「一方方向に動き出したら、転するキッカケが登場するまで動き続ける傾向がある(ダウ理論)」という性質があります。

ってことは、一方に動き出したら、押し目(戻り売り)を作りつつ、さらに価格を更新していくはず。だから押し目(戻り売り)を作るごとに損切りラインを移動させていけば、利益は最大化できるんです。

そして損切りラインの移動は、基本、30分足チャートを見ながら行います。チャートの動きによっては、5分足・15分足チャートで押し目(戻り売り)を判断することもありますが。

このルールなら、自分で利確する必要はなく、いつか損切りライン(決済ライン)に到達した時にトレードは終了。

独断で利確の判断をして、その後価格が伸びていってしまって、「あぁ、もっと利確を我慢しとけば良かった…」なんていう後悔もなくなります。

まとめ

今の僕のトレード手法は、チャート上に移動平均線を2本(20・50)しか表示させず、後は最低限のラインを引くだけ。

4つのチャートを見ながら、チャートの形が作られるのを待ち、根拠を持ってトレードに臨みます。

トレードを開始した後も至ってシンプル。30分足チャートを観察しながら、損切りラインを移動させていくだけ。

「損したら嫌だな…」「思ったように利益が伸びてくれない…」と弱気な思考に陥ることも多々ありますが、自分のトレードルールを守れるよう自制しなければなりません。とにかく我慢の連続。

これが完璧に継続できるようになると、最低限のトレードでも、十分利益を残せるようになると思っています。