「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

2019年3月仮想通貨収支|待つだけの相場に我慢し切れず11万円分買い増しマシマシ

3月は、直感が僕を突き動かしました。

僕

買うんだ!今、このタイミングで買うんだ!

 

その結果、急いで買う必要は全くありませんでしたー

Sponsored Link

2019年3月仮想通貨収支

ポートフォリオ

 

2019年3月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:784万円
  • 資産評価額:72万円
  • 含み損益:-712万円

 

含み損は相変わらず過ぎてノーコメントで。

BTTを買い増す

買い増したのはBlocktradeのBTT。過去のBNBのチャートを見ると、高騰する前に地味にサポートラインを割っているんですよね。BTTも悲観売りが続き、今にも底なしの下落が起きそうなチャートをしていて、一見不安なんですけど、思い切って購入することにしました。

 

これでBTTは10万枚になりました。切りがいい数字にしたくて。これでBTTが1円上がるごとに含み益が10万円増えるようになりました。

 

どうにか、ビットコインの回復に伴って、STO系の仮想通貨にも注目が集まって欲しいです。今はまだ「STOなんていつ実現するか分からないじゃん」勢が多いと思いますが、だからこそ買うんや!世界ではデジタル証券に関する規制も整ってきそうだし、相場が回復すれば再度注目されるんじゃなかろうか!?

 

ヨーロッパは景気悪そうだし、イギリスがブレグジットでやらかせば、景気悪化からイギリス人が仮想通貨買いまくるんじゃなかろうか!?どうじゃろか!?

IEOには絶対に手を出さない

最近は各取引所でIEOが流行っていますが、こういうものには絶対に手を出さないと決めました。うまく利確、損切りできる人が強い世界だから、投資に不慣れな人が安易に乗るとどんどん資産を減らすと思う。

 

だって、IEOって、ただの取引所経由のICOじゃん。ICOと比べてスキャムは減るとしても、ビットコインが完全に上昇トレンドに乗るまでは、どこで利確するかのチキンレースが繰り広げられそう。短期勝負。

 

バブルに脳ミソを犯されていた去年までの僕なら、きっと悪乗りしていたことでしょう。でも今はちゃう、教訓が生きてる!

まとめ

4月に入ると、なんとビットコインが下降トレンドラインを上抜けてくれました!これは思いもよらないサプライズです。普通に下がると思ってたし。まぁ、ただショート勢のロスカットが連鎖しただけであって、すぐ上にレジスタンスラインがあるから、利確&ショートによって価格は戻ってくると思うけど。

 

4~5月はどこが押し目のポイントとなるかが鍵となりそう。さすがに今回の上げでショート目線の人は結構減ったんじゃないかな?次に起こるであろう上昇でもすんなりとレジスタンスラインを突破するのは難しいだろうけど、秋までには明確に上昇トレンドに転換して、「バブルの始まり」が見れることを楽しみにしています。

 

万が一、この状況から2018年12月の安値を切り下げるほどの大暴落が来たら絶望で思考停止する。

続きを読む2019年4月仮想通貨収支|時は来た!BTCトレ転の予感