知ってた?XMポイント(XMP)には有効期限があった!

海外FX業者「XM」は、取引するごとにXMポイント(XMP)が獲得できます。

しかし、XMPには有効期限があるので、無くなる前に使わなければなりません。

今回は、XMPをいつまでに使わなければならないのか、注意点について紹介していきたいと思います。

XMPの有効期限について

【ステータスを失うことはありますか?】

特定の期間の間、取引をされない場合、XMPの有効期限が切れ、ロイヤルティーステータスがExecutiveレベルにリセットされます。

  • Goldステータスは、30日間、取引がない場合リセットされます。
  • Diamondステータスは、60日間、取引がない場合リセットされます。
  • Eliteステータスは、100日間、取引がない場合リセットされます。

XMPを知っている人なら、ロイヤルティステータスによって獲得できるポイントが変わってくることはご存知だと思います。

このステータスは一定期間以上取引がないと、初期の「エグゼクティブ」にリセットされてしまうルールがあります。

その際、貯まっていたXMPもリセットされ、0になります。

リセットの7日前にはお知らせメールが届きます。

【あなたのXMポイントは7日後にリセットされます。】

大切なお客様へ、

7日後に、現在のあなたのXMP残高はゼロにリセットされます。

XMPを失わないためにはリアル口座でのお取引を再開して下さい(XMPはお取引ロット毎に獲得いただけます)。

XMPはお取引いただく全てのロットに対して獲得いただけ、いつでも現金報酬および/もしくはクレジットポイントに換金いただけます。

この時はステータスが最下の「エグゼクティブ」でしたが、それでも30日間取引がないとリセットされてしまいます。

リセットされると、またお知らせメールが届きます。

【ロイヤルティーステータスのリセット】

大切なお客様へ、

お客様がお取引をされていない期間があったため、XMP残高がリセットされ、ロイヤルティーステータスがExecutiveレベルに戻ったことをお知らせ致します。

お客様はまだXMロイヤルティプログラムのメンバーですので、お取引いただくロット毎にXMポイントを獲得いただけます。

XMポイントがリセットされてしまいました。

要するに、ステータスがリセットされる時が、XMPの有効期限となります。月1回でも定期的に取引していれば特に問題はありません。

「エリート」ステータスが有利

XMPの有効期限はステータスが上がれば上がるほど長くなるので、「エリート」ステータスが一番有利になります。XMPの有効期限が100日ですから。

ただし、「エリート」ステータスでも、90日間取引しなかった場合の休眠口座・凍結口座ルールには注意しなければなりません。

「エリート」にもなれば頻繁にXMPをクレジットボーナスに交換しているかと思いますが、90日間取引がなかった時点で休眠口座となり、それと同時に獲得していたクレジットボーナスもなくなってしまいます。

休眠口座になってもXMPはなくなりませんが、XMPの交換によって得られたクレジットボーナスは消えてしまうことを覚えておきましょう。

まとめ

XMPを無駄に失わないためにも1ヶ月に1度は取引するクセをつけたいところ。少額でも取引すればOKですし。

何より、せっかくランクアップさせたステータスが「エグゼクティブ」にリセットされるのは痛いので、定期的にトレードすることを心掛けましょう。

関連XMのロイヤルティプログラムにおける注意点とデメリット

関連驚愕!XMポイント(XMP)は10分以内の取引では増えない