XMPは現金化して出金できるが厳しい条件がある

XMで取引するごとにもらえるXMポイント(XMP)。

基本的には「XMP÷3」の換金率でクレジットボーナス(取引のみに使えるボーナス)に交換できます。例えば3,000XMPあれば1,000ドルに交換可能。

しかし、ある条件をクリアすることでXMPを現金化し、出金することができてしまうのです。

ある程度貯まったXMPを現金化してちょっとしたお小遣いとして使うこともできますし、残念ながら負けが続いてしまって引退する時、XMPが貯まっていれば出金して、損失の足しにできます。

ではどんな条件をクリアすればXMPを現金化できるか、まとめてみたので読んでみてください。

XMP現金化に必要な2つの条件

「ダイヤモンド」以上のステータス

ロイヤルティプログラムのステータスが「ダイヤモンド」以上になると、XMPを現金化して出金できるようになります。

ステータスは取引日数に応じてアップするようになっています。

説明によると、ステータスを「ダイヤモンド」に上げるためには取引日数が60日必要になります。

土日はトレードできないので、月の取引可能日数が22日だとすると、最短でも2ヶ月と16日が必要だということです。

ステータスが「ダイヤモンド」に昇格すると、XMP交換ページの、「同等の現金報酬価値」の下にある「今すぐ交換」のボタンが有効化され、XMPを現金化できるようになります。

XMP現金化への換金率に納得できるか

XMPをクレジットボーナスにする時の換金率は「XMP÷3」でした。

対して、現金化したい時の換金率は「XMP÷40」となっています。

3,000XMPあった場合、取引のみに使えるクレジットボーナスにすれば「3,000XMP÷3」で1,000ドルなのに、出金可能な現金化を選ぶと「3,000XMP÷40」で75ドルになってしまうのです。

これは13倍以上の差であり、あまりに換金率が悪すぎます。XMは意地でも資金を外部に出したくないんですね。

クレジットボーナスか現金化か

XMPはクレジットボーナスとして使用するべきなのでしょうか?

それとも、XMPはおまけ程度に考えて、現金化して確実に利益を獲得しにいったほうがいいのでしょうか?

それぞれについて検証してみました。

XMPをクレジットボーナスにする時のドル換算
  • エグゼクティブ10XMP/Lot ≒ 3.3ドル/Lot
  • ゴールド13XMP/Lot ≒ 4.3ドル/Lot
  • ダイヤモンド16XMP/Lot ≒ 5.3ドル/Lot
  • エリート20XMP/Lot ≒ 6.6ドル/Lot

クレジットボーナスにするなら、結構もらえることが分かります。

では現金化する時はどうでしょう?

XMPを現金化する時のドル換算
  • エグゼクティブ10XMP/Lot ≒ 0.25ドル/Lot
  • ゴールド13XMP/Lot ≒ 0.325ドル/Lot
  • ダイヤモンド16XMP/Lot ≒ 0.4ドル/Lot
  • エリート20XMP/Lot ≒ 0.5ドル/Lot

やはり「XMP÷40」の換金率は悪すぎると再認識しました。「エリート」でも1Lot当たり0.5ドルだなんて…。1ドル以下は少なすぎ。

僕なら現金化は絶対しません。有利な条件で現金化&出金したいならXMを使うのを止め、HotForexでキャッシュバックをもらうべきです。

関連1Lotにつき4ドル!HotForexで取引するとキャッシュバックがもらえる

まとめ

XMPの現金化に向いている人は、もうXMからの撤退を決め、出金できるものはすべて出金したいと考えている人です。

それ以外の人だとXMPを現金化するメリットは少ないなと思いました。