関連記事もよく読まれています

     

    彼女をリードできない…!そんな僕が考えたデートで女性をリードする方法

    自然と彼女をリードできる人がいれば、逆に全くできない人もいます。僕は完全に後者です。デート中、彼女をリードすることができません。

    例えば、デートの行き先はほとんど彼女が提案したところだし、何かを食べるにしても、彼女が食べたいものを優先させます。デート中、何もすることがなく行き詰った時も、僕はほとんど提案せず(できず)、最終的には彼女が提案したことをそのまま実行します。

    傍から見ればなんて情けない男なんでしょう…?僕自身もそう思っています。

    そしてこれまでに、何度か「もっとリードしてね」「付いて行くだけじゃなくて、もっと男らしくなってね」と言われています。いったい、僕みたいな優柔不断な人はどうすればいいのでしょうか…?

    そこで今回は、僕のようになかなか彼女をリードすることができない頼りない男でも、彼女をリードできるようになる方法を一生懸命考えてみたいと思います。

    そろそろ本当に頼りがいのある男になりたいし、本気で考えますから、是非あなた(悩める子羊くん)も参考にしてみてください。

    なぜ彼女をリードすることができない?原因を考える

    彼女をリードする方法を考える前に、どうして僕は彼女をリードすることができないのか、その原因を考えなければなりません。

    それでは、彼女をリードするチャンスが来た時に、そのチャンスをモノにできない僕の思考回路を振り返ってみましょう。

    なぜデートの行き先を提案することができない?

    彼女から「今度どこに行きたい?」と問われると、途端に思考がストップしてしまいます。

    LINEでやり取りをしても、僕は「う~ん、どこがいいかな~。遠くもいいなぁ」みたいな、ボンヤリした返ししかできません。これじゃあいけませんな…。分かっちゃいるけどやめられない!

    なぜ毎回こんなことになってしまうのか?その理由はいくつかあると考えます。

    デートの行き先をリードして提案できない理由
    • 彼女にデートの行き先を提案しても却下された経験が何度かある(却下されるストレスを受けたくない)
    • 僕自身、どこに行きたいのか分からない(こだわりがない)
    • 彼女が行きたい場所に行くデートが僕も楽しい
    • 彼女と2人っきりになれる場所に行ければどこでもいい(こだわりがない)
    • 行きたい場所を探すが、距離や値段など、いろいろ考えてしまう…(優柔不断)

    「彼女が行きたい場所に行くデートが僕も楽しい」「彼女と2人っきりになれる場所に行ければどこでもいい」は言い訳かもしれませんね。

    ただ、他の理由は、僕がリードできない大きな原因のような気がします。

    僕だって、本当は彼女をリードしたいと思っています。しかし、僕自身が特に行きたいところがなく、観光名所などの知識もないので、すぐにデート先を提案することができません。そうなると当然、ネットで検索することになりますが、これだと絞り込むまでに時間がかかります。

    その点、彼女のほうが観光地の知識が豊富で、決断力もあり、自分の欲に素直なので、どこに行きたいかをすぐに提案してくれるんです。

    また、僕が「ここいいかも!」と思った場所を見つけても、「交通手段はどうしよう?」「目的地まで時間がかかり過ぎると大変だなぁ」「あまり費用が掛かり過ぎるのもダメだし…」と色々考えてしまって決めることができません…。

    さらに、頑張って行きたい場所を見つけても、彼女に却下されることがあると、否定された気持ちになってしまうという…、メンタル弱め。

    だからスムーズにデートの行き先を提案することができないんですよー…。

    なぜランチの場所を提案することができない?

    これも結局、上記と似たようなものです。

    僕は何でも食べるし、彼女に合わせることができます。昨日寿司を食べたばかりだとしても、次の日のデートで彼女が「お寿司を食べたい!」と言えば食べます。だって美味しいし。

    彼女が美味しくご飯を食べてくれることが嬉しいと感じるし、それで満足。

    あ、もしかしたら、以前彼女の誕生日に彼女が好きだというパスタをディナーで食べに行ったんですが、その日の昼食にすでに彼女がパスタを食べており、最悪の誕生日にしてしまったことがあったから、この経験がトラウマになっているのかもしれません。

    僕が彼女をリードできない原因まとめ

    僕が彼女のことをリードできないのは、いくつかの原因が合わさっているからだと思います。

    自分にこだわりがなく、優柔不断だから。そして、簡単に彼女の希望に合わせることができてしまうから。彼女に僕の提案を却下されるとショックを受けるから。完璧主義過ぎる…?

    では、この逆のことをすればリードできるようになるのでしょうか?

    日頃からこだわりを持って、行きたいところをピックアップしておく。簡単に彼女に合わせるのではなく、自分がしたいことを彼女に伝える。もっと楽観的になり、提案をどんどんしてみる。

    う~ん、こんな単純なことでもない気がするんだよ…。だって、一歩間違えれば、彼女の意見を聞かないわがまま男になってしまうから…。でも、僕みたいな人はちょっとわがままになるくらいがいいのかぁ?

    リードするって何さ?

    そもそも、リードするって何?そんなに女性は男にリードされたいのでしょうか?

    いや、時と場合によって、女性が決定権を持ちたい時と、男にリードしてもらいたい時に分かれますよね。

    ってことは、困った場面に遭遇し、彼女が決断に困っている時に、僕が「こうしようか!」と、即座に彼女の希望に近い提案をできた時、リードが成功したと言えるのではないでしょうか?

    例えば、遠出デートをしていて目的地の観光も終わり、次に行きたい観光地が思い当らず、でも時間は余ってしまっている場面。「次、どこ行く?」と言われた時に、「車で30分くらいのところに〇〇があるから、行ってみよう!」とすぐ提案できると、頼れる男っぽいですよね!

    ……

    あれ…、今こうやって色々考えていたんですが、もしかしたら僕は、「リードする」を履き違えているのかもしれません…。

    例えばね、道を歩いていて、彼女が車道側になってしまっているとする。この時に、スマートに彼女と位置を交換することができれば、彼女は守ってもらっている感覚を得ることができて、「頼もしい男ね!」と思ってくれるのかも。

    他にも、歩き疲れていたら「大丈夫?」といたわってあげたり、重い荷物を持っていたら「キツくなったらいつでも持ってあげるからね」と一声かけてあげたり。「今日は服が爽やかでいいね!」と褒めてあげるのもいいかもしれません。「美味しそうなカフェ見つけたよ」とワンポイント、デートを充実させるスポットを用意しておくのもアリかも。

    要するに優しさです。

    優しすぎる男は頼りないと言われることがありますが、うまく優しさを利用することで、デートをうまく運べるようになるのかもしれません。お、なんか分かってきたかも!

    デートで彼女をリードする方法

    僕にはリーダーシップがありません。だから強引に誰かを引っ張っていくことが苦手です。でも、優しさはそれなりにあると思っています。なら、この優しさをうまく利用して、彼女をリードしていけばいいのかも!

    優しさでデートの行き先を決める方法

    普段から彼女がどんなところに行っているのかを会話の中から予想して、そこと被らないような、新鮮さを感じられるところをデート先に選ぶ。普段仕事ばかりしていたら、自然の多いところでリフレッシュしたいだろうし、最近遠出をして歩き疲れているならば、近場で美味しいご飯を食べに行くデートを提案すればいい。金欠ならば、お金のかからないデートに絞って考えればいい。

    リードは何も、自分の欲を押し通すものではない!

    僕はこれまで勘違いをしていたようでした。自分の意見をしっかり持って、決断力をつけることがリードに繋がると思っていました。しかし、彼女のためを思い、「どこに行けば彼女が満足してくれるかな?」とトコトン考えてあげることこそ、本当のリードになるのではないでしょうか!?

    優しさでランチやディナーをするお店を決める方法

    最近彼女がどんなものを食べているかを予想します。もし分からなければ、質問をすることでお店を絞ることができそうです。

    また、質問をする時は、「昨日何食べた?」と漠然と聞くよりも、「昨日麺類食べた?」「最近イタリアン食べた?」など、イエス or ノーで答えられるような簡単な質問をするほうがいいでしょう。

    彼女が望むことを先回りして考え、リードの糧とする

    「リードする」とは、何も自分勝手に物事を決定していくことではありません。彼女のことをよく考えてあげて、彼女が満足のいく形にエスコートしていくことがリードなんです、きっと!

    人は、何かを決める時、脳が疲れるといいます。心理学ではこれを「決断疲れ」などと言うようです。

    彼女ばかりにリードしてもらうことは、彼女を疲れさせることに繋がります。だから最終的には「私ばっかりが決めていて…。もっとリードして!」となるんです。

    ただ、彼女のことを考えず、独断で物事を決めるようになってしまうと、自己中心的な男に成り下がってしまいます。いくら彼女を引っ張っているとしても、これでは彼女のことを満足させることはできないでしょう。

    自由を奪ってただ引っ張るだけの行為には、不満しか芽生えませんからね。

    だから、リードできる頼もしい男になるためには、「今彼女がどんなことを考えているのか?」「何を望んでいるのか?」を予想してエスコートしたり、何も考えていないのなら彼女が満足しそうな提案・行為をしてあげることが大事なんだと思います。

    リードには、決断力よりも、彼女に満足感を与える力のほうが重要なのかもしれない。

    これなら僕にもできそうな気がしてきました。

    これから心掛けてみたいと思います!

    Sponsored Link

    フォローする