リップルが買える!bitbank(ビットバンク)の登録方法から使い方まで紹介

wbitbank(ビットバンク)はリップルを始め、主要な仮想通貨を取り扱う国内取引所です。

リップルは独自の送金ネットワークを有しており、大手金融機関とも提携していることから、日本でも人気の高い通貨となっていますね。現状、リップルの取引ができる国内取引所で最も安心できるのはbitbankではないでしょうか。

ハッキング対策については、アメリカの大手ビットコインセキュリティ会社「BitGo」と提携し、オフラインのコールドウォレットで管理しているので高く評価できます。

それでは、bitbankの登録方法や使い方について紹介していきます。二段階認証の手順なども解説しますので、初心者の方は参考にしてみてください。

bitbankの登録方法

メールアドレスで無料口座開設

まずは公式サイトへ行き、メールアドレスを入力して「無料口座開設」をクリックします。

公式サイトbitbank

先ほど入力したメールアドレス宛にメールが届くので確認しましょう。

メールに記載してある指定されたURLをクリックし、登録作業を続けます。

パスワードを決める

パスワードを自分で作り、各規約にチェックを入れたら「登録」をクリック。

基本情報を登録する

氏名や住所など、基本情報を入力していきましょう。特に難しいところはないと思います。できたら「次に進む」をクリック。

取引の目的や職業を選択し、「確認」をクリック。

入力した内容に間違いがないことを確認し、大丈夫であれば「登録」をクリック。これで基本的な登録作業は終わりです。

本人確認書類を提出する

仮想通貨はマネーロンダリング防止などのために、事前に本人確認を済ませておかなければ取引できません。簡単なのですぐ終わらせてしまいましょう。「本人確認書類のアップロードに進む」をクリック。

僕の場合は運転免許証を提出することにしました。見本通りに運転免許証の写真を撮り、その画像を選択。できたら「アップロードする」をクリックします。

アップロードした画像に間違いがないか確認し、「この内容で登録する」をクリック。

これで本人確認書類の提出は終了です。審査は2時間ほどで承認されました。早い!

二段階認証を設定する

フィッシング詐欺などで取引所の仮想通貨を盗まれてしまう人の多くは二段階認証を設定していません。bitbankでも必ずやっておきましょう。

まず「セキュリティ」をクリック。

二段階認証欄の「設定」をクリック。

次に、二段階認証アプリ「Authy」でQRコードを読み込みます。

Authy 2-Factor Authentication

Authy 2-Factor Authentication
開発元:Authy Inc.
posted withアプリーチ

関連Android版「Authy」の使い方と複数端末・Chromeとの同期手順

読み込めたら、アプリ上に表示されている6桁の数字を「認証コード」のところに入力して「設定」をクリック。

これで二段階認証設定が完了しました。

住所確認用ハガキが郵送される

登録した翌日には、住所確認用ハガキを郵送してくれました。自宅に届くのを待ちましょう。

ハガキ到着!

郵送してくれた翌日にはハガキが届きました。

それから2時間後くらいに、bitbankから「本人確認が完了しました」のメールが届きました。

さらに、bitbankにログインして「登録情報」のページを見てみると、

本人確認書類の欄が「完了」になっていますね。これで口座も有効化され、入金や取引ができるようになりました!

公式サイトbitbank