はじめてのビットコイン!仮想通貨の始め方と初心者向け注意点

2019/1/3に米ドル円大暴落!その時保有していた13のポジションの運命はいかに…?

この記事は約3分で読めます。

2019年1月3日、起きたらビックリしました。米ドル円が信じられない価格になっていましたから…。

 

1分足チャートですが、数分の間で動きすぎ。

3.8円のナイアガラです。

 

膨大な資金を保有した投機家の売り仕掛けと損切り、強制ロスカットが重なったのでしょう。普通なら半年以上かけて動く値動きを、ものの10分で完遂。そこには天国と地獄を表現した長い長い下ヒゲ。

 

僕はさっきまで寝ていましたが、13個のポジションを保有したままでした。これらの運命はいかに!?

スポンサーリンク

13のポジションの運命はオール天国

すべてのポジションが含み益になっていました。

 

でも、寝る前はほとんどのポジションが含み損で、全部で-15ドルほどの含み損でした。

 

なぜすべてが揃って救われたかというと、単に相場の流れに逆らわず、順張りを仕掛けていたからです。

 

最終的には合計85ドルの含み益が得られたところですべて利確しました。

順張りって大事

僕は、これまでは逆張りチックのトレードが多かったのですが、昨日のとある検証で気付いたことがありました。

2つの『値ごろ感』でFXトレードして気付いたこと
「値ごろ感トレードってどうなん?」 この疑問を持っているトレーダーは案外多いのではないでしょうか?僕もその内の1人です。 そもそ...

それは、相場の流れに逆らってはいけないということ。

 

「トレードは押し目・戻り売りを狙う順張りにしましょう」とはよく言われることですが、今回、その理由を身をもって体感しました。

 

週足・日足・4時間足をメインに流れを判断したことによって、短期的には含み損を抱えることになっても、やがて含み益の時期が訪れるように感じました。

 

また、押し目・戻り売りのタイミングの判断は難しいですが、これはドンピシャで当てることはできないので、なんとなくでやればOKだと思いました。もしポジションを持つタイミングが早かったとしても、1回くらいならナンピンしてもいいと思いますし、2回目のナンピンをしたくなったら、ポジション1つを損切りするなどのリスク管理をすれば、一発退場のリスクを減らせます。

個人トレーダーができることって

今回のような暴落は予測することが難しく、個人トレーダーはされるがまま。天国にも地獄にも連れていかれます。

 

それを考えると、個人トレーダーがコントロールできることを整理して、どう立ち回るかが重要なんだなと思いました。例えば、個人は相場の流れを読みポジションを持つタイミングを決めることができてポジションを持ったあとは利確、ナンピン、損切り、両建てを駆使することができます

 

どう判断し、どう立ち回るか、どう攻めて、どう守るか。

 

HFCopy口座でストラテジープロバイダーのトレードを見ても思いましたが、勝っているトレーダーは立ち回りがうまく、だからこそ長く生き残れるんだと思います。