僕が愛用しているSBI FXトレードの口座開設方法

僕が普段からFX取引で使っているのはSBI FXトレード」です。

 

なぜここのFX会社を使っているのかというと、1通貨から取引することができ、さらにスプレッドも業界最狭だからです。

※スプレッド:取引する毎にとられるちょっとした手数料のようなもの

 

1通貨というのは、取引する通貨が米ドルなら1ドルから、英国なら1ポンドから買えるってことです。多くのFX会社は最低でも1万通貨単位からしか買えないので、仮に1ドル=100円だとすると、米ドルを1万ドル(100万円分)買おうとした時、その1/25の資金(4万円)が最低でも必要になります。

※日本のFX会社はどこもレバレッジが25倍なので、購入したい額の25分の1あれば買えるようになっている

 

でも1通貨単位で買えるSBI FXトレードは、資金が最低でも4円あれば、その25倍の額である1ドルを買えてしまうのです!(1ドル=100円の時)。これは、少額から取引に慣れていきたいと考えていたFX初心者の僕にピッタリでした。

 

そして今は、1通貨単位から購入できる利点を生かし、「マイIFDルール」というループイフダンを真似た取引方法で着実に利益を積み重ねています。

 

さて、それではこれからSBI FXトレードで口座開設する方法を紹介していきたいと思います。紹介するまでもないくらい簡単なので、軽く参考にする程度でよいでしょう。

Sponsored Link

SBI FXトレードの口座開設の流れ

公式サイトに行く

まずは公式サイトに移動します。

公式サイトSBIFXトレード

そしたら「無料口座開設はこちら」をクリックしましょう。

口座開設入力フォームを完成させる

SBI FXトレードでは、1ページを完成させるだけで口座開設の申し込みが完了します。とても簡単です。各項目を淡々と埋めていきましょう。

 

本人確認書類(マイナンバー通知書類、運転免許証など)は、それぞれ写真を撮り、その画像データをアップロードします。僕の場合はマイナンバー通知カードの裏に新住所が記載されていたので、裏面も写真を撮って、表面の写真と上下でくっつけて1つの画像データとし、アップロードしました(パソコンの「ペイント」ツールを利用)。

 

ほかは特に難しい箇所はないかと思います。すべて入力できたら「確認」をクリック。

 

次のページで入力内容確認をしたら完了です。あとは審査を待つのみ!

「口座開設完了のお知らせ」メールが届く

2016年5月21日(土)に口座開設の申し込みをWEB上で行い、5月23日(月)に「口座開設完了のお知らせ」メールが届きました。無事に審査が通ったようです。

「口座開設手続完了のご案内」が到着!

メールが届いた翌日の5月24日(火)に「口座開設手続完了のご案内」が自宅に届きました。

 

この封筒にはログインIDやパスワードが記載された大事な用紙が入っているので大切にしましょう。

まとめ

マイページにログインしたら最初に初期パスワードの変更出金先金融機関の登録をやっておきましょう。変更したパスワードはメモしておくことを忘れずに。

公式サイトSBIFXトレード

僕が愛用している海外FX業者
HotForex

HotForexはボーナスが業界トップレベルで、スプレッドも狭いので、今はXMから乗り換えてメインで利用しています。

取引するごとにキャッシュバックももらえます1Lotにつき3ドル!HotForexキャッシュバックの魅力と条件

入出金は「bitwallet」経由のみ。銀行振込やクレジットカード入金に対応しておらず、初心者には少しハードルが高いかも。ただ、そこさえ許容できたなら僕が知る限り最高のFX業者です。

HotForexについて詳しく知りたい方は『僕がHotForexを選ぶ15の理由』を読んでみましょう。

XM

XM

僕が海外FXデビューした時に利用した業者です。日本人が多く利用しているので安心感があります。

海外FX業者の中で唯一、口座開設しただけでボーナス(3,000円)がもらえます。これは出金できず、取引にしか使えませんが、入金しなくてももらえるものなので「未入金ボーナス」とも言われています。もちろん、このボーナスを使って利益が出れば、その利益分は出金可能です。

入金方法は「銀行振込」「クレジットカード入金」「bitwallet」など幅広く対応。使い方が分からなくなってもネットで探せば情報がたくさん見つかるので、海外FX初心者がまず登録すべきFX業者ですね。スプレットが広いので-0.5の評価にしました。

FX
Sponsored Link
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ