20代の白髪に!「メンズビゲン ワンプッシュ」でキレイに部分染め完了!

20代前半から少しずつ白髪が目立ち始め、その時は「メンズビゲン カラーリンス」を使用していました。

ですが、あんまり効果を感じることができなかったため、「メンズビゲン ワンプッシュ」を使って一気に染めてしまうことを決意!

結果、これまで悩んでいた白髪問題をものの10分で解決できてしまいました。なんとあっけないことでしょう。

そこで今回は、部分的に白髪があった20代半ばの僕が、「メンズビゲン ワンプッシュ」で白髪を一掃した一部始終を話していきたいと思います。

「メンズビゲン ワンプッシュ」で簡単に部分染めできた

白髪染めクリームは、一度染めてしまえばずっと染まってくれるので楽です。

それでいて、この「メンズビゲン ワンプッシュ」は薬局で税込み924円だから安い!コスパも最高です。

白髪染めクリームが入っている容器には、2つのクリームが入っているので、クシに出せば同時に出てきます。

また、使い切れなかった分は取っておけるので、便利だなと思いました。

ビニール手袋は説明書に貼り付いているので、はがして使います。スポイトは、白髪染めクリームを出した後に、容器の詰まり防止のために使います。

「メンズビゲン ワンプッシュ」の使い方

クリームが目に入らないように細心の注意を払いながら、クシに白髪染めクリームを出し、白髪の部分に塗布していきます。この時、2種類のクリームが混ざるよう、髪を梳かしながら前後左右にクシを動かしました。

頭の後ろの部分は見えないので、全体的にクリームを付けるようにしました。

塗布してから8分くらい放置して、そのあとお湯でクリームを落としていきます。この時も目をしっかり閉じてよく洗い流しました。

続いて、シャンプーで髪を洗うのを2回行い、終了です。

髪を拭いて乾かし、白髪が染まっているかどうかを確認。

クシで白髪染めクリームを塗布している時は、「本当にうまくできているのかなぁ…」と不安でしたが、全然大丈夫でした!白髪はしっかり染まってくれました!良かったー!

20代の白髪染めにはしっかり染まるワンプッシュがおすすめ!

40、50代くらいで、徐々に白髪を染めていきたい人なんかは「カラーリンス」が向いていると思います。しかし、20代のようにまだ若い人は、しっかりと白髪を染めたいですよね。

なので、ガッチリ染まる白髪染めクリームで、一気に染めてしまうのがいいと思います。費用もかからないし。

肌アレルギーや、薬剤が目に入らないように注意しないといけませんが、それさえクリアできれば一番いい方法だと感じています。

今興味のある白髪染め「サンカラーマックス」

人生で初めて使った白髪染めは「メンズビゲン カラーリンス」でした。しかし、これは5日連続くらいで使わないと効果が出ないので、面倒くさがりの僕とは相性が良くありませんでした。

そして、今回使った白髪染めは「メンズビゲン ワンプッシュ」。これは一発で白髪が染まったので満足しています。が、やはり肌が弱い僕からするとアレルギーが気になりますし、目に入るようなリスクをどうにかしたいと思っています。

そこでいくつか白髪染めを調べていると、「サンカラーマックス」という商品に興味を持ちました。

これは、朝に白髪に塗って、外出中の太陽光で髪表面に色を吸着させていくタイプなので、洗い流す必要もなく、短時間で塗布する作業は終了します。

また、ヘアカラーの中でも一番毒性(発がん性)が高いといわれるジアミン系の化学薬品が入っていないのも魅力的です。ちょっと調べてみたら、ジアミンが目に入ると白内障や水晶の異常に影響を与え、失明にもかかわってくるようです…。

これは怖い…。僕はただでさえ視力が悪いというのに、ヘアカラーを使い続けていると失明のリスクも上がってしまうとは…。これだから薬品は怖いんだよぉ…。

どうしよう…、まだだいぶ「メンズビゲン ワンプッシュ」残ってるけど、次に白髪染める時は「サンカラーマックス」使おうかなぁ…。

まだ使ったことないから本当に染まるのか分からないけど、あんま体に悪いものは使いたくないし。おそらく次回白髪を染める時はコレ買うと思います。

Sponsored Link

フォローする