映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」の感想(ネタバレあり)|完結編にふさわしい内容だった!

2017年7月1日から上映が始まった「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を観に行きました。平日朝イチでの1人映画です。

平日の朝だから「ほとんど人いないだろうなぁ~」と思っていたんですが、チケット買う時はしっかり並びました。案外人いるもんですね。しかも1人映画してる人すごく多かったし。

お客さんの層は定年退職したっぽい人が多かったんですけど、出勤前のスーツ姿の人も1人いました。

さて、「最後の海賊」というタイトルで公開されたパイレーツ・オブ・カリビアンですが、英語のタイトルは「PIRATES of the CARIBBEAN/DEAD MEN TELL NO TALES(死人に口なし)です。」

「死人に口なし」は序盤のセリフに出てきてましたけど、「最後の海賊」のほうがタイトルとしてはしっくりきました。

それでは感想を書いていきます。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を観た感想

ウィル・ターナーの息子登場でファン歓喜

パイレーツ・オブ・カリビアンの映画が好きな人なら、「ターナーの息子」と聞いただけで嬉しくなるんじゃないでしょうか?4部ではウィル・ターナー出てきませんでしたからね。

今回5部では、ウィル・ターナーの息子「ヘンリー・ターナー」が出てきます。そして父のダッチマン号の呪いを解く方法を突き止め、父に「絶対に解いてあげるから」と約束をする場面から話は始まります。

ここで出てくる宝が「ポセイドンの槍」。これにはあらゆる呪いを打ち砕くパワーがあるんだとか。そして、この槍を見つけ出すために必要なのがジャック・スパロウのコンパス。ストーリー的には無難な流れですが、普通に面白いなと思いました。

前作でウィル・ターナーがダッチマン号に捕まっていた父を助けようとしたように、今作はヘンリーがダッチマンの呪いにかかったウィルを助ける。運命的な人生ですね。

かつて海賊狩りで名をはせた死神サラザール

「サラザールって誰だよ!ジョーンズ以上に強い敵いるの!?」って思いました。

しかもこのサラザール、まだ新米の頃のジャックにまんまと魔の三角地帯に追いやられ、死んで呪いにかかって、魔の三角地帯に拘束されるという…

次に、ジャックが酒欲しさにコンパスを物々交換しようと手放すと、サラザールが魔の三角地帯から解き放たれるって…

どんな展開だよっ!w

それで、ヘンリーは父を呪いから助けるために、ジャックはサラザールから逃れるために、天文学者で魔女と疑われていたカリーナはガリレオ・ガリレイの謎を解くために、ポセイドンの槍を目指す旅に出ます。

う~ん、なんか都合のいいストーリーのように思ってしまいました。まぁ最終回だからうまくやらないといけないんだろうけどさw

恒例のドタバタ劇は健在!

パイレーツと言えば、ドタバタ劇が恒例です。今作もちゃんと地上での水兵vsジャック、海上での敵vsジャックがありました。

この辺りは見応えあって面白かったですよ!

まさかのカリーナ、バルボッサの娘

孤児だったカリーナは、顔を知らない父から授かったガリレオ・ガリレイの日記の謎を解くために天文学者の道を歩んでいました。

そしたら途中でバルボッサの娘と判明!バラバラに生きていた2人が出会うなんて運命ですね。娘がいたことには驚きでしたが。

ただねー、最後、サラザールからカリーナを助けるためにバルボッサが命を張るんですが、その方法がバルボッサらしくありませんでした。完全に“父”です。それでもまぁ、海で死ねたことは海賊としても本望だったのかも。

ポセイドンの槍がすべての呪いの元凶だった?

当初はポセイドンの槍を使って、ダッチマン号の呪いを解いたり、サラザールを倒す予定でした。しかし終盤、ポセイドンの槍を壊すことで呪いを解けることが分かり、破壊します。

海の神の秘法「ポセイドンの槍」が、その辺にあるような剣ひと振りで破壊されたことに驚きを隠せませんでしたが、これによって不死の呪いにかかっていたサラザールは生身の人間に戻りました。

そしてダッチマン号も普通の船に戻り、父は無事に帰ってきました。

それを考えると、これまでの海の呪いはすべてポセイドンの槍のせいだったんでしょうね。アステカの金貨とか、デイヴィ・ジョーンズが化け物になってしまったこととか、クラーケンとか、海の女神カリプソとか。

そうなると、1部でアステカの金貨を盗んだサルのジャックももう不死身じゃなくなったのかな?

エンドロールの最後にデイヴィ・ジョーンズの影が…

映画はハッピーエンドで終わります。

しかしエンドロールのあと、ベッドで寝ているウィル・ターナーとエリザベス・スワンの部屋に、デイヴィ・ジョーンズらしき影が忍び寄ります…

ウィルが何かの気配を感じて目覚めた時には誰もいませんでしたが、床にはフジツボが…

なんとも意味深で、「もしかしてまだ呪いは完全になくなっていないんじゃ…」と思わせる終わり方でした。まぁ、デイヴィ・ジョーンズは3部で死んでいるし、生きていたとしても陸には上がって来れないはずなので、ただの夢だとは思いますが。

エンドロールを観ずにすぐ帰ってしまった人はもったいないなと思いました。

まとめ

僕としては2部・3部が一番面白いなと感じましたが、5部もまぁまぁ面白かったです。

スター・ウォーズのように、何度も観たくなるような病みつき感はなかったけども。

そういえば今年12月にスター・ウォーズ・エピソード8が公開決定していますね!これは楽しみ!タイトルは「最後のジェダイ」。最後ってどゆことー!?タイトルの色も赤いし、謎多め!

リフレッシュにHulu観てます

リフレッシュにHulu観てます

Hulu

僕は仕事の合間や暇な時に、Huluで海外ドラマや気になった映画、見逃したドラマ、アニメなどを観ています。

 

契約のキッカケは家の近くにレンタルショップがなかったから。Huluなら好きな時にすぐ見れるし、月額も1,000円程度なので結果経済的です。

 

この前プリズン・ブレイクを全シーズン見たので、話のネタになって友人と盛り上がりました。映画・ドラマが好きな人以外にも、僕のように無趣味な人にもオススメです!

公式サイトHulu 今なら2週間無料トライアル実施中

関連インドア派に充実を。Huluの登録方法をご紹介

Sponsored Link

フォローする