2018年6月仮想通貨収支|上がるビジョンが見えないがガチホで突き通す

この下落はいつまで続くのでしょう。

2018年上半期の仮想通貨相場は散々なものでした。良かったのは最初の1月だけで、その後は暴落するばかりです。完全なるバブル崩壊。6月も希望だった上昇トレンドを割ってしまい、上がるビジョンが見えません。

ただその中でFCoinは別格でした。高配当の取引所トークンバブルはすさまじく、久しぶりに仮想通貨の醍醐味を味わいました。

そんなこんなあった6月の仮想通貨収支まとめ!

2018年6月仮想通貨収支

ポートフォリオ

6月はFCoinに資産を集中させたので、ポートフォリオはだいぶ変わりました。

2018年6月|仮想通貨の資産評価額
  • 投入資金:771万円
  • 資産評価額:708万円
  • 含み損益:-63万円

仮想通貨を1年以上やっているのに利確できないから全く儲かっていません。

6月はFCoinバブルだったけど手放してしまった

6月はFTトークンの高配当が始まりました。しかし、あまりの高配当っぷりに詐欺だと感じてしまい、早々に手放してしまいました。そしてその日のうちに大暴騰…。配当もぐんぐん上がって…。思わず頭を抱えるほど後悔してしまいました…。

「次こそはチャンスを逃すまい!」と挑んだOCXは損切り…。BCもJEXも損切り…。BKEXも予想以上に取引高が少なくて数時間で損切り…。ことごとくツイてませんw。唯一、致命傷を負う前に損切りできたことは良かったなと思っています。

結局FCoinに戻ってきてしまったので、最初からずっとここに居ればよかったよ…、トホホ…。

ZIPに賭けてみる

FTトークンに戻った2日後、インセンティブプログラムの停止により配当が激減してしまいました。今後もICOの権利があったり、バーンされる可能性もありますが、配当が少ないのは大きなマイナス面なので手放すことにしました。

その代わりに購入したのがZIP。ZIPは他の取引所(OKEX)で先駆けて取り扱われていたこともあるし、FTが今後ZIPチェーンに移行される計画もある模様。今となってはFCoinを信用していること、FTが絡んでいること、これから材料がバンバン出そうなこと(すでに出てるけど)が購入理由です。万が一FIもZIPチェーンに移行されることが決まればZIPの価値はさらに上がるんちゃう?

あと、リップル、トロンと総発行枚数が一緒だけど、流通量は160億枚。なのにまだ1円以下だから今のうちに欲しいと思ってしまいました。年末までに「ジッパー1円以下で800万枚買ってる~♪」って言いたいw

いつ利確しよう?リップルは最高で400円。その1/10はいくとすると40円は行く?トロンは最高値28円だっけ(でもこれはBTCバブルのお陰でもあるか…)?で、今4円。ZIPの流通量は今のトロンの1/4だから、4倍の値段を当てはめると最高値112円でバブル崩壊後16円。ん~、こんなこと考えてても分からないから、大暴騰した価格から1/3ほど急激に値段が下落した辺りで利確できたらいいなと思います。3~5円を超えてきてからが勝負や!

あと、取引所はハッキングが怖いので、マイイーサウォレットに移しておきました。

勝負の時までここで寝ててもらおう。

ZIPのAdd Custom Token設定方法
  • Token Contract Address:0xA9d2927d3a04309E008B6af6E2e282AE2952e7fD
  • Token Symbol:ZIP
  • Decimals:18

参考Token Zipper|Ethplorer

関連ERC20準拠っていいね!MyEtherWalletにカスタムトークンを追加する手順

まとめ

全く上昇する気配がありません。なんならサポートライン割って地獄の大暴落が起きそうな予感。でもこんな安い価格で大口に売りたくない。

ということでガチホ継続します。

いつか来るBTCバブルとZIPの好材料が合わさった時、僕は億り人になる!

Sponsored Link

フォローする