二郎に似てる!「優勝軒」久保稲荷店の富士ラーメンを食べたら最高に旨かった!

この前、お盆休みに黒部立山アルペンルートの旅行から帰ってきたら、自宅に国民健康保険の追加納税のお知らせが届いてました。

楽しい旅行から帰宅してからの~、納税って、これほどテンションが下がる出来事がこの世に存在するでしょうか?

でもこればっかりは仕方ないので、さっそく翌日銀行に行って納税してきました。その帰り道、ラーメン屋の看板を発見!僕はラーメンが好きですし、ちょうどお昼時だったので、立ち寄ってみることにしました。

優勝軒

優勝軒なんて初めて聞いたラーメン屋。それもそのはず、僕は最近まで都民だったからね。

優勝軒は埼玉県に一番多く店舗があり、そのほかは主に東北。静岡にも1店舗あるみたい。海外にも進出しています。

イチオシは特製もりそば。つけ麺がおすすめなんですね!僕はつけ麺大好きだから嬉しいな。

公式サイト優勝軒

営業時間

営業時間
  • 平日:11:30~15:00、17:00~23:00(ラストオーダー22:30)
  • 土日:11:30~23:00(ラストオーダー22:30)

基本的に無休ですが、たまに休みの日もあります。前に僕が行った時に「休日」の貼り紙がされていたことがありました。

地図

最寄りの武蔵藤沢駅からだと徒歩27分です。めっちゃ遠い。

しかもこの店舗は完全に住宅地の中にあるので、近所の住民が通う感じだと思います。ただ、駐車場は店舗の裏側にあるので通いやすいでしょう。

控えめに富士ラーメンを注文

お店自体はそんなに広くありません。

そしてこの日は富士ラーメン(醤油)を注文。ちなみに富士ラーメンはスープの味を醤油・味噌・塩・辛味噌から選ぶことができます。

注文すると、「野菜増しと脂(あぶら)増しができますがどうしますか?」と聞かれたので、どちらも増しにしてもらいました。「増し」と聞くとひばりヶ丘の二郎を思い出します。

ついに出てきた富士ラーメン!おぉ、このもやしの盛り具合はまさしく二郎。最初、横にあるお碗とレンゲの存在意義が分からなかったのですが、もやしがモリモリだからお碗に移動させると食べやすいんだね!こんな気遣いは二郎にはなかったから軽く感動しました。

あと、刻まれた茶色の集合体はニンニクでした。これはマジナイス!最初に全力でスープに混ぜると最高だぜ!

さっそくスープを吞んでみると、あれ?、この味知ってる…。なんとスープが二郎とほぼ同じ味でした!うまい!スープとニンニクの相性が良く、胃袋を強烈なニンニク臭で満たされる感じが快感…!

僕は二郎が好きなので、優勝軒も一発で大好きになってしまいました!

なんて言えばいんだろう、僕は基本的に醤油ラーメンは好きじゃないんです、醤油のしょっぱさで麺を食べたくない。でも二郎や優勝軒の醤油スープは、油分多め、若干甘め風?なので大好物!スープとニンニクとちょい太めの麺が最高なんだわ!何度も食べることでクセになります。

優勝軒の富士ラーメンと二郎との違い

優勝軒の富士ラーメン(850円)は、二郎の「小(700円)」ほどボリュームはなく、それでいて値段がちょい高いなと感じました。まぁ二郎のボリュームが異常なだけだけどw

あと2つ物足りたいと感じたのは、富士ラーメンには二郎のような角煮じゃなかったことと、麺が二郎ほど太くなかったこと。こんなこと言ってたら「じゃあ二郎行けよ!」ってなるなw。

逆に富士ラーメンの良かったことは、タマネギの集合体がトッピングされていたこと、気遣いで取り皿があったこと、二郎のように急いで食べる必要がないことだと思いました。あと、優勝軒は二郎と違ってメニューが豊富なので、それもいいかも!

とにかく、ここは今後も絶対リピートするなと感じました。1回はイチオシのつけ麺食べなきゃだけど、あー、富士ラーメン食べたーい!

Sponsored Link

フォローする