海外FX「XM」のデモ口座でトレードの練習をした結果と戦略

先週、海外FX「XM」でデモ口座を開設して、実際にトレードを練習しています。

関連レバ888倍で資金500万円!海外FX「XM」のデモ口座を開設

今んとこプラスです。一応、自分なりのトレードルールは出来つつあります。もっと考察を重ねてスマートに取引を実行できるようにしなければなりませんがね。

さて、最初の頃はかなり慎重にチャートを推理していたので、ものすごく気持よく勝てていました。こんなに根拠を持ってポジションを持てたのは初めて!しかしここ2日はむやみなトレードが増えています…。考察時間が少なく、勢いでポジションを持つとかなりの確率で負けます…。

そこで一度立ち止まり、これまでのトレードを振り返ってみたいと思います。どんな時に勝てていて、どんな時に負けていたのだろうか。

FXのトレード戦略

僕のトレード手法はインジケーターを使いません。自分で引いたラインだけを頼りにします。でも、ラインは強さによって色を付けて視覚的に上げ下げの勢いを把握します。

以下のチャートは、すでにラインの強さによって色を分けて表示させたものです。

月足チャートを表示し、このチャートでしか引けないラインを紫で描きます。もっとも強く、短期~長期トレーダーが意識しいてるラインです。

続いて週足チャート。このチャートでしか引けないラインは赤で描きます。紫の次に強いライン。

日足チャートで引けるラインはオレンジで。

4時間足チャートは黄色。

1時間足チャートは白。

30分足チャートは白の点線。

ラインの引き方は、なるべくキレイに引けるところを試行錯誤して探します。こんな風にすれば、おおまかな相場の流れが直感的に把握できると考えました。この要領でJPY・USD・EUR・GBP・AUDそれぞれのペアのチャートを作成します(結構時間かかる)。

そしてトレードをする時は、通貨の力関係を考察し、もっとも買われている通貨ともっとも売られている通貨のペアでトレードを行うようにします。ポジションを持つタイミングは、複数のチャート画面を同時に見て、より強いラインからの反発 or 突き抜けが各画面で確認できたらにします。

利確タイミングは、売られている通貨の複数ペア画面 or 買われている通貨の複数ペア画面を見て、どこで勢いが減速するかを予想して、そこまで行ったら欲張らずに利確。

損切りタイミングは、予測が外れ、「ここは突破できないだろう」と考えていた強いラインを割ってしまった時。基本、注文する時に同時に逆指値を設定します。

相場は戦場で、Lv.1の歩兵が戦いやすい場所を見つける

相場は戦場です。JPYは、4つの戦場に分けられ、各戦場でUSD・EUR・GBP・AUDと戦います。USD~AUDもそれぞれ同じ。

すると相対的に力関係が見えてきます。例えば、強いラインが背後にあれば、そこで流れが止まる可能性が高く、これから攻めに転じる確率が高いです。そして、もしその強いラインが突破されたら味方が裏切るので一気に攻め込まれます。

僕は資金力のないLv.1歩兵トレーダー。その代わり、戦場と、どの通貨を味方にして戦うかを自由に選べます。いかに有利な戦場を選び、相手陣地に攻め込んで、撤退時期を見極め、より多くの利益を奪えるかが鍵。

こんなイメージを持ってやっています。実際にやってみると、ものすごく難しいです。ハマッた時は爽快ですが、中途半端なタイミングで参戦すると一瞬で散ります。

トレードを振り返ってみた

14回トレードしていて、6勝8敗です。デモ口座は500万円スタートですが、手元に1万円しかない想定でやっています。損切りはだいたいマイナス1,000円に設定しています。

1回目:GBP/JPY引き分け退場良い守り

GBP/JPY日足チャート

3月22日の記念すべき練習初取引は、長期的に上昇トレンドであるGBP/JPYにしました。黄色のトレンドラインで押し目買いすれば勝てそう。

GBP/JPY4時間足チャート

しかも黄色トレンドラインの下には、赤とオレンジにサポートラインもあります。これらを同時に割るのは相当な資金力が必要。

GBP/JPY30分足チャート

ただ、直近で2回ほど跳ね返されてます。だからこの壁を上抜けたらポジションを持とうと考えていました。ここを突破できたらバンバン上がっていくと予想!(この時は)

しかし、実際は上に抜けたら比較的すぐに跳ね返されてしまい、ポジションを持ったところとほぼ同値で決済されてしまいました。あらかじめ逆指値をポジション値まで上げていたから助かりました。

予測通り上がったこと、逆指値を引き上げてうまく守れたことは評価したい(プラス55円の利益)。ただ、思ったほど上がっていかなかったことは反省点。上げ止まったところで利確するべきでした。

それでは、本当にGBP/JPYのロング戦略は正しかったのか、確認していきたいと思います。

GBP強い?GBPペアの1~4時間チャート

ポジションを決済した辺りを白の縦線で示しています。GBP/JPYは上昇トレンドだからGBP強い。GBP/USDも赤いレジスタンスラインを上抜けていることからGBP強め。あれ、EUR/GBPに関しては直近で長い陰線が赤いサポートラインで反発しており、GBPの勢いが抑えられている…。デモ口座ではGBP/AUDのペアがないようなので、GBP/CHFを確認すると、上昇トレンドでGBP強い。

GBP強い?GBPペア30分足チャート

続いてGBPペアの30分足を確認。GBP/JPYロングはまぁいいでしょう。GBP/USDも赤いレジスタンスラインを突破しているからGBP強め。でもGBP/EURはEURオレンジ軍が控えているのでGBPは後退を始めてる…。この状態でGBPロングは厳しかったかも…。白下降トレンドライン付近に接近したところで利確するべきだったか…。GBP/CHFはGBP強い。

JPY弱い?JPYペア1~4時間足チャート

USD/JPYは円高傾向が続いていて、さらに後ろには黄色のレジスタンスラインを味方に付けているので、ぶっちゃけJPY強いか…。EUR/JPYは黄色サポートラインでJPYの勢いが抑えられていて、EURの逆襲が始まりそうな予感。JPY軍弱まるか?ってところ。GBP/JPYは上昇トレンド。AUD/JPYは全体的に下降トレンドでJPY強め。本来はJPYを味方に戻り売りを狙いところやん…。

JPY弱い?JPYペア30分足チャート

USD/JPYは、JPYが黄色レジスタンスラインに支えられて強そう。もしJPYを敵に回すならこのラインを上抜けた辺りか。EUR/JPYはEURが直近の白下降トレンド・黄色サポートラインを上抜けてることから、JPYは後退を始めています。GBP/JPYは上昇トレンド。AUD/JPYはJPYの背後にオレンジレジスタンスラインがあり、再びJPYが前進しそうな予感。

まとめると、この時点ではEURが強かったようです。GBPよりEURを味方に戦うべきだったか…。あと、ところどころJPYの背後には黄色ライン・オレンジラインが味方にいるため、GBP/JPYが素直に上昇するとは考えられなかった模様。ペアの選択ミスでした。

じゃあ、EURペアで戦えば良かったのか考えてみます。

EUR強い?EURペア日足チャート

EUR/JPYは若干下降トレンドでしたが、今はEURが黄色トレンドラインを上抜けてレンジ気味。EURの進撃始まる?EUR/USDもレンジ気味ですが、EURを下支えしてる強いラインが3本ほどあります。けど300pips上に紫の超強力下降トレンドラインがいたので、僕はEURで戦うことを躊躇していました…。300pipsも余裕があれば気にするほどじゃないか。EUR/GBPはレンジですが、今はEURのターンで進撃を続けています。上のオレンジ下降トレンドラインまで140pipsくらい余裕があるから攻める余地ありそう。EUR/AUDはオレンジ上昇トレンドがEURを支えており、実際にAUDのレジスタンスラインをいくつも突破しています。

EUR強い?EURペア30分足チャート

EUR/JPYは、このタイミングでロングポジションを持つのは悪くないと思いました。すぐ下に黄色サポートラインあるし。ただEUR/USDに関しては40pipsほど上に黄色下降トレンドラインがあるので、ここでロングはマジない。EUR/GBPは点線上昇トレンドラインから大きく上昇しているので、ここでロングはあり。でもEUR/AUDは80pips上に赤いレジスタンスラインあるから、ロングは警戒を始めなければなりません。ロングするにしても短期目線。

そう考えると、中期的にはEUR優勢だから、30分足のEUR/USDの黄色下降トレンドライン・EUR/AUDの赤いレジスタンスラインを上抜けてからロングしても良かったのかもしれません。上昇する根拠を揃えてロングで攻め込んだほうが勝率高そう。

ふぅ、1つの取引について長々と書いてきましたが、分析するのすごく時間かかるし大変…。でも根拠を揃えて戦ったほうが確信が持てるし、多く稼げるのかもしれません。

2回目:GBP/USD負ける気なし無双モードを初実感

GBP/USD日足チャート

なんか知らんけどこのトレードの時は負ける気がしなかったんです。なんでだろう?GBP/USD日足チャートは上昇トレンド。でも上が抑えられてます。

GBP/JPY4時間足チャート

4時間足チャートは直近では上昇トレンド。

GBP/JPY30分足チャート

この時は、大きな上昇トレンドの流れでまだ上に行くと考えていました。直近で2回抑えられていましたが、それを抜けたのでロングしました。すると面白いくらいに上昇!利確についても、過去の高値・他チャートの動きを見ながら予想し、順調に到達してくれたのですぐ利確しました。

このトレードで良かったことは利確のタイミングが良かったことです。その後は下がってもう一度さらに上げていますが、そんなにポジション持ちたくなかったので最高の利確だったと思います。たしか、上がっている最中はどのチャートで確認しても「まだ上げ止まる根拠がない!」と確信が持てていたんですよね。こんな感覚は始めてだったので感動しました。

しかし、本当にこのタイミングでロングするのは正解だったのでしょうか?

GBP強い?GBPペアの4時間足チャート

GBP/JPYは上昇トレンドですが、すぐ上に赤の下降トレンドラインがあるのでロング怖いな…w。GBP/USDもすぐ上に赤い下降トレンドラインあるじゃん…!EUR/GBPは上昇トレンドだからGBP弱め。GBP/CHFは上昇トレンドだけど上の圧力強め(この時はまだ上昇は止まらないと思っていた…)。

結論、ここでGBPを買うのはリスキー!

GBP強い?GBPペアの30分足チャート

こうして見ると、なぜロング仕掛けたのか理由が分かりません。たぶん「GBPは強い!」と思い込んで盲目になってました。勝てたのは運かも。

USD弱い?USDペアの4時間足チャート

USD/JPYは黄色のサポートラインを下抜けていたのでUSDは弱いと思いました。EUR/USDは黄色の下降トレンドラインを上抜けたのでUSDは弱いと思いました。GBP/USDは赤いラインにはさまれていて力は拮抗気味ですが、まぁ大丈夫だろうと安易に考えました。AUD/USDはこれ下降トレンドだけど、下のサポートラインが利いてると思ってました(でも下降トレンド気味だから戻り売りを狙うべきだったかも)

USD弱い?USDペアの30分足チャート

うーん、結果論だけど、GBP/USDは大きな下降トレンドだから上の赤いラインまで待って戻り売りしたほうが大きく稼げたんだね…。

どうしても売り買いは多いほうが稼ぎやすいと思ってしまうんですが、適当なところでポジションを持つと大抵負けます。そう考えるとしっかりチャンスを待って、強い根拠を味方につけて戦ったほうがいいのか。

5回目:EUR/GBP一番大きく稼げた取引

EUR/GBP日足チャート

こんなんどう考えてもレンジ中の上げ相場やんけ。

EUR/GBP4時間足チャート

中期的にも上昇トレンドだよね。

EUR/GBP30分足チャート

上昇の勢いが出てきて、直近の高値を超えたタイミングでポジションを持ちました。今思うと、なぜ上昇トレンドラインまで戻ってくるまで待てなかったのか。でも利確タイミングを逃さなかったのはナイスです。

EUR強い?EURペア4時間足チャート

EUR/JPYはレンジ相場ですが、黄色下降トレンドラインを上抜ける勢いがあるのでEURはそれなりにやってくれると思う。EUR/USDは上昇トレンドにあるんですが、ポジションを持つタイミングはちょっと違ったかも。EUR/GBPは上昇トレンド。EUR/AUDはすぐ下に赤いサポートラインがあるのでEUR優勢。

EUR強い?EURペア30分足チャート

EUR/JPYはオレンジのレジスタンスラインを上抜けてるから十分EUR強いと判断できます。EUR/USDは利確後すぐに急落してるから危なかった…。EUR/GBPは押し目気味のロングだtったから良しとしとこう。EUR/AUDは下に赤いレジスタンスラインがあったこと、直近の高値までまだ少し余裕があったことから…、って無理やり理由付けてる感あるなぁ…。普通に赤レジラインまで戻るの待てば良かったし。

GBP弱い?GBPペア4時間足チャート

エーッ、GBP/JPY上昇トレンドだからGBP強いじゃん。逆張りはイカーン!GBP/USDは上に赤レジラインあったからGBP弱いと判断できます。EUR/GBPは上昇トレンドでGBP弱い。GBP/CHFはGBPの上が重くて勢い低下してます。

GBP弱い?GBP30分足チャート

ポジションを持った時は運よくGBPが最弱だったようです。だから勝てたのかな?結局、強いラインが近くにあるチャートを見て、うまく順張りすれば勝てるんじゃない?

まとめ

振り返ってみると、いろいろダメな点を発見しました。

トレードで気をつけるところ
  • 中長期で順張りを狙えるよう、チャートを分析してアラーム設定をする
  • 複雑に考えなくても強いライン付近で順張りすればいいかも
  • たくさんトレードしたくなるが圧倒的に数より質が重要だった
  • 何度もトレードしていると目先の値動きに翻弄されて短期目線になってるぞ!

数より質はホント大切で、勝った後に調子乗って取引しまくるとその日の利益すべてぶっ飛ばすことあるw

来週からは自制してトレード頑張ろう。そして合計金額を5,010,000円まで増やすことができたらリアル口座を開設してトレード始める!

続きを読むデモだけど月利100%達成!FXにも三度目の正直は存在したようだ!