ウォレットと仮想通貨取引所を兼ねたMr.Rippleに登録してみた

最近、Twitterなどで「仮想通貨が儲かる」「とりあえず買っておけばいい」みたいな声をよく聞きます。

最初は「仮想通貨なんて、よく分からないものに投資できない」と思っていた僕ですが、さすがにいい話をたくさん聞くと、飛びつきたくなってしまいました。仮想通貨を利用して、簡単にお金持ちになりたいんです。

人生の目の前に現れた億万長者への最大のチャンスを、みすみす見逃してなるものか!

そこで思い切って、仮想通貨を購入できるサービスに登録してみることにしました。そのサービスとは「Mr.Ripple(ミスターリップル)」です。

なぜMr.Rippleを選んだかというと、最近話題になっている仮想通貨リップルを簡単に購入することができるからです。リップルは、ビットコインとはまた別の仮想通貨。2017/3/31には三菱東京UFJ銀行が「2018年からリップルを国際送金に使うよ!」と表明し、注目を浴びて価値が高騰しています。

※正確には、リップル(XRP)は仮想通貨ではなく、海外送金などを少ない手数料で簡単に行うためのツール。世界中の金融機関がリップルを扱うようになれば、「円⇔XRP⇔ドル」のような送金や両替が手軽にできるようになるようです。

リップルなどの仮想通貨を扱うためには、「ウォレット」が作れるサービスに登録して銀行のお金(円)をJPYに変換し、さらに別に「取引所(ゲートウェイ)」というサービスに登録してJPYでXRP(リップル)を購入する必要があります。

でも、Mr.Rippleはウォレットと取引所(ゲートウェイ)を兼ねているので、Mr.Rippleに登録さえしてしまえば、簡単にXRPを購入できるというわけ。なんか楽そうですよね!

しかもMr.RippleはIRBA(国際リップルビジネス協会)から公認を受けている取引所(ゲートウェイ)でもあるので、それなりに信頼はできるんではないかと感じています。

そこで今回は、Mr.Rippleの登録方法を詳しく紹介していきたいと思います。仮想通貨に興味がある人は是非参考にしてみてください。

Mr.Rippleのリアルな登録方法

公式サイトで「無料口座開設はこちら」をクリック

まずは公式サイトへ行き、「無料口座開設はこちら」をクリックします。

公式サイトMr.Ripple(ミスターリップル)

仮登録を行う

仮登録はとても簡単です。

「ユーザー名」は自分で好きなものを作りましょう。「パスワード」も好きなものを作ります。

メールアドレスについては、自分が普段から使っているものを入力します。僕は普段からGmailを利用しているので、それを入力しました。

最後に「送信する」をクリックします。

Mr.Rippleからメールが送られてくる

こんな感じでMr.Rippleからすぐにメールが届きました。

メール上では特に何かをするわけでもないので、先ほどの登録のページに戻って、手続きを続行します。

基本情報の入力を行う

自分の基本情報をすべて入力していきます。特に難しい部分はありませんでした。

入力できたら「送信する」をクリック。

本人確認を行う

このページでは、本人確認ができる証明書や書類の写真データを使って、本人であることの証明を行います。

僕は、身分証明書に運転免許証、住所確認書類に住民記載事項証明書を使うことにしました。

僕はこの前引っ越しをしていて、運転免許証の裏に新しい住所が記載されていたので、表と裏を写真に撮り、パソコンの「ペイント」ツールで2つの写真を上下に並べて、1つの画像データとしてアップロードしました。

住所確認書類に関しては、まだ引っ越したばかりで、公共料金の領収書が手元にありませんでした。なので市役所で住民記載事項証明書を発行してもらいました(発行手数料200円)。これも写真に撮ってアップロードしました。

できたら下にある「アップロード」をクリック。

すると、アップロードが完了するので、「これで送信」をクリックします。

さて、「閉じる」をクリックして次に進みましょう!

銀行口座を登録する

Mr.Rippleに入出金する時に使う銀行口座の登録を行いましょう。

入力できたら「登録する」をクリックします。これで基本的には登録完了です。

入金は身分証明が認証されてからできるので、数日待つ

最後までいくと、入金依頼のページになります。

この時のキャンペーンは、30,000JPY以上の入金で677XRPもらえるものでしたが、まだ入金することはできません。

サポートより「Mr.Ripple登録完了通知」のメールが届くと入金依頼が出せるようになります。メールが届くまでしばらくお待ち下さい。

とりあえず「Mr.Ripple登録完了通知」メールが届くのを待ちましょう。

ちなみに、僕はすぐに30,000JPYを入金しようと試みましたが、

まだアカウントが有効化されていないので、入金を拒否されてしまいました。

入金依頼のページには、後からいつでもアクセスできるので、心配することはありません。

Mr.Rippleにログインした後、右上の「ウォレット」をクリックすれば、入金依頼ページに移動することができますよ。

まとめ

リップルは、ビットコインよりも決算時間が短く、利便性が高いことから、世界中の金融機関などが採用しようと動いています。

ビットコインの決算時間:10分

リップルの決算時間:5秒

ということは、環境が整えば、世界中の機関がリップルを豪快に購入し(需要が高まり、価格が高騰)、本格的に決算システムとして使われるようになるのではないでしょうか?

ならば、まだ価値が低いうちにリップルを所有しておき、価値が高まったタイミングで一気に円へ両替すれば億万長者も夢ではない!

今後リップルに対する法整備がどうなるかは分かりません。もしかしたら、企業専用のツールとなり、個人が取り扱えなくなるかもしれません。極論、将来のことは僕ごときが予測できるわけがありません。

ならば、儲けるチャンスと捉え、今のうちに余剰資金でリップルを所有しておこうではないか!さぁ、バラ色の未来を描こう!

公式サイトMr.Ripple(ミスターリップル)

また、リスク分散のため、複数の取引所に登録しておこうと思ったのでcoincheckなどにも手を出しました。

関連いざ口座開設!coincheckの登録方法を図解で分かりやすく

関連少しも迷わずbitFlyerに登録して口座開設する方法

関連あまりに簡単すぎる!POLONIEX(ポロ二エックス)の登録方法

関連仮想通貨の取引所Kraken(クラーケン)に登録して認証レベルをUPしたよ

追記:1週間経っても登録が完了しないから使うのやめた

Mr.Rippleに登録してから1週間以上経過していますが、一向に「Mr.Ripple登録完了通知」メールが届きません。レスポンスが遅いところは信用ならないので、もうMr.Rippleは使わないと思います。入金する前で良かったです。

そもそも、登録者全員に777XRPプレゼントのキャンペーンもちょっと怪しい。リップルの価値は常に変動するんだから、「〇〇〇XRPプレゼント」じゃなくて「〇〇〇円分プレゼント」にするのが妥当だし。

なんか、倒産寸前に甘い言葉をかけて大量に集金してる「てるみくらぶ」みたいに見えます。

僕は少しでも価格が安い時にリップルを購入したいと考えていたので、最初に登録が完了したcoincheck(コインチェック)で取引を開始しました。

関連早速coincheckで仮想通貨リップルとネムを購入してみた

Sponsored Link

フォローする