「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

XM等の海外FXアフィリエイトは違法なのか

「海外FXアフィリエイトって違法なんじゃないの?」

「海外FXアフィリエイトは魅力的だから、やってみたい気持ちはあるけど、不安だから手が出せない…」

こうした疑問、悩みを持っている人は多いんじゃないでしょうか?

 

確かに、金融庁や関東財務局などが、海外FX業者に対して注意喚起を行っています。金融商品取引法を持ち出し、曖昧な言い方でアフィリエイトをけん制しています。

 

でも、僕は容赦なく海外FXアフィリエイトをやっています。なぜなら、「海外FXアフィリエイトをやるな!」という言い分に対して、様々な疑問を持っているからです。

 

そこで今回は、海外FXアフィリエイトの違法性についてと、なぜ僕が海外FXアフィリエイトをしているか、について書いていきたいと思います。

XM等の海外FXアフィリエイトは違法なのか

海外FX業者が日本居住者に対して勧誘を行うことは違法

まず、XM等の海外FX業者は日本居住者に向けて勧誘等を行うのは違法です。そのため、関東財務局や金融庁は海外無登録業者に対し警告書を発出しています。

 

その結果どうなったか?

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

海外FX業者は次々と「日本居住者を対象としたものではありません」とHP下に記載するようになりました。「日本居住者を対象としてないから違法じゃないよね?あくまで海外に住む日本人向けだよ!」というスタンスに変わったんです。

 

要するに、現状はなんら変わっていません。日本が発出した警告書の効果は無に等しい。そもそも、「違法」と言いながらも、金融庁の力が及ばない場所に拠点を置く業者は裁くことができないので、警告書を送るくらいの対策しかできないのです。金融庁はなんて無力なのでしょう。てか、本当に現状を変える気あるのかな?

海外FXアフィリエイトは違法の可能性

【アフィリエイト広告についてのご注意!】

「口座開設をサポートします」、「キャッシュバックリベートを提供します」いった内容のものを含め、アフィリエイト広告や雑誌等で海外無登録FX業者の広告をみかけることがありますが、こうした広告行為についても、店頭デリバティブ取引の媒介行為に該当し、金融商品取引法違反行為(無登録営業)に該当する可能性があります。

アフィリエイト等の広告行為も、金融商品取引法違反行為に該当する可能性はあるということです。

 

では、どうして「可能性」という曖昧な表現に留めているのでしょうか?店頭デリバティブ取引の媒介行為に該当するのであれば、「違法行為に該当します」と断言してくれたほうが分かりやすいのに。

 

考えられる理由としては、海外FXアフィリエイトを、店頭デリバティブ取引の媒介行為と認定し、金融商品取引法違反行為とするのであれば、国内FX業者のアフィリエイトも金融商品取引法違反行為と認めざるを得ないからです。

※FX取引は海外業者でやろうが国内業者でやろうがデリバティブ取引であることに変わりはない

 

「店頭デリバティブ取引の媒介行為に該当し、金融商品取引法違反行為(無登録営業)に該当する可能性があります」というのは、何も海外FXアフィリエイトに限ったことではないんですよね。国内FXアフィリエイトにも当てはまります。だからあえて「可能性」という言葉を使って濁しているんだと思います。

アフィリエイトとIBの違いについて

IBとは、イントロデューシング・ブローカーのこと。FX業者に代わって広告宣伝、トレードのアドバイス、口座開設のサポートをするなどし、顧客を自分で抱える人のことを言うそうです。

 

では、アフィリエイトはどうか?アフィリエイトだって広告宣伝するし、記事内で口座開設の手順などを解説しているし、IBと似たようなもんです。まぁ、似てるだけで違うことは違うんだろうけど。

 

本質的なところを見ると、アフィリエイトだって違法な部分に片足つっこんでいるようにも見えるし、線引きは難しい印象を受けます。

金融庁が海外FX業者を取り締まろうとする本質

海外FX業者はなぜダメなのか?

金融業が「海外FX業者に注意!」と警告している理由の本質は、「海外FX業者の中には詐欺業者がたくさんいて、被害に遭う日本人があまりにも多いから」「海外じゃなくて国内に金を落として欲しいから」などがあると思いました。

詐欺業者に引っかかる日本人が多い

まず、「出金拒否」「資金持ち逃げ」といった被害に遭う日本人が多すぎて、それなら注意喚起して被害を減らしたほうがいいという判断です。確かにこれは賛成。

 

ただ、個人が海外FX業者を使うことを禁止することはせず、自分の判断で行うのであればお咎めナシです。自己責任ってわけですね。

 

本気で取り締まるのであれば、個人の海外FX業者の使用を違法にしてしまえばいいようにも思うのですが、そこまではしない不思議。まぁ、今のネット社会じゃ物理的に無理か。誰かを見せしめに逮捕して世の中にさらすしかないですね。

海外じゃなくて国内に金を落として欲しい

これに関してはちょっと話がズレた感ありますけど、金融庁からしてみれば、「海外FX業者に金を落とすくらいなら、国内FX業者に金落とすべし」だと思います。海外FX業者が儲かっても何の得もないけど、国内FX業者が儲かれば税収が上がりますからね。

 

実際、国内FXで得た利益に関しては税率をおよそ20%の一律にするなどし、個人を誘導しています。

 

世の中のほとんどのお金は株式市場など、投資・投機に流れているので、単純に考えて国内の業者を使ってもらったほうが国にとって得なんです。

日本は本当に個人を守ろうとしているのか?

国内FX業者は個人より優遇されている

金融庁は「海外FX業者は使っちゃダメだ!」と注意喚起していますが、これは本当に個人を守るために言っているのでしょうか?

 

それにしては、国内FX業者はDD取引(顧客からの注文を市場に流さず、自社内で処理する行為)ばかり。ノミ行為はしてるでしょうね、ほとんどのFXトレーダーは負けるし、そのほうが儲かるから。

関連海外FXのデメリットはノミ行為とそのウラの不透明性にあるか

 

また、万が一相場の急激な変動が起き、業者の強制ロスカットシステムが追いつかず、口座がマイナスになってしまった場合(いわゆる借金を背負った状態)。法では、国内FX業者が個人のマイナス分を補填してはいけないことになっています。もし業者がノミ行為(架空取引)をしていたとして、実際にはマイナスになっていないのにもかかわらず、「かたち上はマイナスだから」と個人から搾取(追証)するのは親切とは言えませんね。

 

FXをするような人はどうせ利益を残せず、税収アップにはつながらない。それなら、国内FX業者を優遇して、しっかり利益を残してあげて、税収アップにつなげたほうがいいやん。そんな感じでしょうか。国内FX業者無敵やん。

ハイレバは本当に危険なのか?

【国内の規制を守らず、ハイリスクの商品を提供!】

国内では、レバレッジ規制が強化され、個人向けの取引については23年8月より想定元本が証拠金の25倍までに規制されました。

他方、海外では、200倍、500倍、あるいは1,000倍まで買うことができるとする業者もあり、日本国内のレバレッジ規制潜脱行為を行い、ハイリスクの商品を提供しています。

日本のレバレッジは25倍までに規制されており、海外FX業者とは大違いです。

 

しかし、本当にハイレバレッジは危険なのでしょうか?ハイレバレッジは少ない資金で高Lotの取引ができ、ハイリスクハイリターンであることに違いはありません。証拠金に対してポジション数量を誤れば、あっという間に資金を溶かします。でもこれはリスク管理が全くできない人の場合。「レバレッジが25倍なら、リスク管理ができない人でも大丈夫なのか?」といったら、そういうわけでもないから。

 

むしろ、海外FX業者は追証なし。相場の急変動で口座がマイナスになっても、マイナス分は帳消しにしてくれるんです。口座に入金している以上の損失を被ることはないってこと。こっちのほうが借金リスクがない分、安全とも言えます。

 

僕からしたら、追証あり(借金リスクあり)の国内FX業者のほうがハイリスクだと感じます。金融庁はこの辺どう考えているんでしょうか?

 

また、2018年、金融庁は国内FXのレバレッジを10倍に引き下げることを検討しました。結果的には大手FX業者からの反発もあり、見送られはしましたが。

 

未だにレバレッジの規制くらいしか思いつかないのでしょうか?所詮FXもやったことない堅物の決め事、的外れもいいとこや。きっとあれだよね、レバレッジ規制をするのは「追証あり」を持続させるためだよね。ハイレバにしちゃったら、「追証あり」だとさすがに危険すぎるから。

 

でも違うんだよ、個人を守るなら最低「追証なし」にしなきゃ。どうして「追証なし」にしないのか全く理解できません。

出遅れ続ける日本に未来はあるか

海外ではハイレバレッジが当たり前なのに、規制をさらに強めようとする日本。結局、海外FX業者を使える現状があり、顧客はどんどん海外に流れていきます。

 

話は変わりますが、仮想通貨が本格的に始まった時だって、日本は規制でガッチガチにし、取り扱い通貨を減らしているので、多くの日本人が海外取引所を使う結果となり、日本のお金は海外に流出し続けています。

 

海外の資金を奪ってやろうという気は日本にないのでしょうか?せっかくチャンスだったのに。取り扱い通貨を増やして、利便性を高めて、海外から資金を獲得して日本の借金減らせばいいんちゃうの?

 

FXに関してもそう。レバレッジを規制し続けたら、さらに海外FX業者への流出は加速すると思う。それなら、日本でもハイレバレッジ取引を認めて、資金の海外流出を引き止め、かつ、海外から資金を獲得できるように努めたほうがいいんじゃないだろうか。

 

ネット社会の今、その規制はどれほど意味があるのだろう。

まとめ

とりあえず「日本居住者を対象としたものではありません」って書いておけばいいのかな?チョロすぎて笑える。なんも本質的な解決になってない。

 

日本はやり方を変えたほうがいいと思う。いつまで鎖国してんねん。

関連まるわかり!XMアフィリエイトの仕組みとやり方

関連不労所得のためのXMアフィリエイトの始め方