国内FX業者に「追証なし」があるか調査してみた

FXをする最大のリスクは、借金リスクだと考えています。

レバレッジがあるから、借金を背負う可能性があるのは仕方ないことかもしれません。しかし、出来ることなら借金リスクなしでトレードをしたいです。

「借金リスクがない」と言えば、海外FX業者のほとんどが採用している「追証なし」。どうしても借金リスクを回避したいなら、海外FX業者を使えば即解決です。

ただ、海外FX業者に不安を抱いている人も多いはず。

そこで今回は、国内のFX業者を片っ端から調査し、「追証なし」を採用している業者が本当にないのか探してみたいと思います。

国内FX業者の「追証なし」事情調査

外為どっとコム:追証あり

有効比率100%を大幅に下回るロスカットが執行される場合があり、その際には預け入れ資産以上の損失を被る可能性もありますが、当社では有効比率100%を大幅に下回るロスカットが執行された場合の差額の補填や約定の修正等は行いません

市場の開始直後に有効比率100%を大幅に下回るロスカットが執行される可能性があり、その際には預け入れ資産以上の損失を被る可能性もありますが、当社ではその差額の補填や約定の修正等は行いません

外為どっとコムはしっかり書いてくれています。口座がマイナスになってしまった場合は、その分を補填してくれることはないので、入金しなければなりません。

YJFX!:追証あり

相場状況により、お客さまが当社に預託された金額を上回る損失(不足金)が生じる可能性もある制度であることをご理解いただいた上で、お客さまご自身でリスク管理を行ってください。

入金額以上に損失をこうむる可能性もあります。

GMOクリック証券:追証あり

自動ロスカットはお客様の損失拡大を防ぐための措置ですが、相場の急激な変動やロスカット判定までの時間差によりお預かりした資産以上の損失が発生する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

資金以上の損失が発生するリスクがあります。

SBI FXトレード:追証あり

当社では、お客様からお預かりしている証拠金の額を超える損失が発生しないようにロスカット・ルールを設けておりますが、相場の急激な変動により証拠金を上回る損失が生じるおそれがあります。お取引に関しましては、あらかじめ証拠金に余裕を持ってお取引を行っていただきますようお願いいたします。

証拠金(入金額)を超える損失が発生するリスクがあります。

LION FX:追証あり

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。

相場が急激に動けば元本を超える損失の可能性があり、マイナスになることもあります。

みんなのFX:追証あり

レバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。

マイナスになるおそれあり。

FXブロードネット:追証あり

ロスカット注文は、すべての保有ポジションに対して成行で決済注文が発注されますので、 相場状況によっては約定した価格がロスカット値から乖離することがあり、 お客様が当社に預託されている金額を超える損失が生じる可能性があります。

マイナスのおそれあり。

DMM FX:追証あり

【Q. ロスカットになって、証拠金がマイナスにはならないですか?】

A. 証拠金維持率が50%以下となってからロスカット判定が行われるまで、時間差が生じる場合があります。また、インターバンク市場の流動性が乏しい場合は、当社が約定できるレートを提示できるまでロスカットが即座に成立しない場合があります。その間の相場変動によっては、お預かりした資産以上の損失が発生する可能性があります。

相場の急変によるロスカットで、証拠金がマイナス(借金)になる可能性あり。

FXプライム:追証あり

ロスカットルールは、お客様の損失を限定するためのルールではありますが、予想とは反対方向に相場が急変した場合、お客様が当社に預託された資金を上回る損失が生じる可能性もあります。

ロスカットとは、トレーダーの損失を一定以上拡大しないようにするFX業者の努力であり、システムが遅延することもあるので、必ず守られるものではありません。

外為オンライン:追証あり

レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の損失が発生するおそれもあります。

マイナスになる可能性あり。

外為ジャパン:追証あり

【Q. ロスカットの結果、資金がマイナスになりましたがどうすればいいですか?】

A. 急激なレート変動が起こった場合、預託証拠金がマイナスとなることがあります。その際はマイナス分をご入金いただく必要があります。

口座がマイナスになってしまえば、その分を入金する必要があります。

マネーパートナーズFX:追証あり

【自動ロスカット(自動決済)の結果、受入証拠金がマイナスとなってしまいました。】

急激なレートの変動により自動決済の結果、受入証拠金がマイナスとなった場合には、マイナス分をご入金いただく必要がございます。

マイナス分はFX業者に借金していることと一緒なので、入金する必要があります。

なぜ国内FX業者は「追証あり」なのか?

海外FX業者は「追証なし」が当たり前なのに、どうして国内FX業者はどれも「追証あり」なのでしょうか?

その理由は「一般社団法人 金融先物取引業協会」で以下のような規則が制定されているからです。

(ロスカット取引が機能しなかった場合等の対応)

第4条 会員は、電子情報処理組織の異常その他の理由によりロスカット取引の実行ができなかった場合における顧客への対応方針を定めるものとする。

2 前項の対応方針は、会員の責に帰すことができない事由を除き、投資者の保護に資するよう定めるものとする。

3 会員は、ロスカット取引が行われることとなっている場合であっても、ロスカット取引により顧客の預託する証拠金額を上回る損失が発生する可能性がある旨、あらかじめ顧客に適切に説明するものとする。

金融先物取引業務取扱規則第25条の3に関する細則(外国為替証拠金取引に係るロスカット取引関係)|金融先物取引業協会

「会員の責に帰すことができない事由を除き、投資者の保護に資するよう定めるものとする。」「口座がマイナスになってしまった原因が会員の責任ではない場合を除き、投資者を保護しなさい」ですから、口座がマイナスになった原因がFX業者のせいではない場合(相場の急変など)、マイナス分を補填する必要はないことを示しています。

会員というのは「一般社団法人 金融先物取引業協会」の会員のことで、長いですが以下のようになっています。

ほとんどの国内FX業者が会員になっていることが分かります。だから揃って「追証あり」なのです。

そういったことから、「追証なし」の国内FX業者をいくら探しても見つからないでしょう。

まとめ

日本は「投資家保護」を謳い、長年にわたり最大レバレッジを下げるような施策をするわりに、「追証なし」にする気は全くないようです。

「海外FX業者は金融庁に登録されていないし、なんだか怖い」と思っている人もいると思いますが、もし金融庁に登録されてしまったら、ハイレバレッジは規制され、「追証なし」もできなくなります。

海外FX業者のサービスはガチガチに固まった規制下にないからこそだということを理解しておきましょう。