取扱通貨多数!仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の登録方法と使い方

国内の仮想通貨取引所Zaif。ビットコインやイーサリアムはもちろん、日本で人気の高いNEM(ネム)など幅広く取り扱っています。

そのほかにも、信用取引(FX)や、初心者の長期投資に最適な「コイン積立」サービスを行うなど、Zaif1つで色々と楽しめてしまうのです。

そこで今回は、Zaifの登録方法から、使い方についてもひと通り紹介していこうと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Zaifの登録方法

メールアドレスで無料登録

まずは公式サイトへ行き、メールアドレスを入力したら「無料登録へ」をクリックします。

公式サイトZaif

すると入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。確認してみましょう。

メールを開き、記載されている指定のURLをクリック。このあと本格的に登録作業に移ります。

パスワードを決める

「利用規約」「重要事項説明」を読んだら、それぞれ「利用規約について同意します。」「重要事項説明について同意します。」にチェックを入れます。

続いて、Zaifにログインする時に使うパスワードを自分で決めていきます。「パスワードの確認」の欄にも同じパスワードを確認のため入力。できたら「同意して登録」をクリック。

基本情報を入力する

このページでは個人情報を入力していきます。

※外国PEPs:外国の政府等において重要な地位を占める者とその関係者

特に難しい項目はありません。入力を終えたら「変更」をクリック。

これで基本情報の登録は完了しました。続いて、本人確認書類の提出を行いましょう。「本人確認手続きを開始」をクリック。

本人確認書類を提出する

仮想通貨の取引所を使うためには、マネーロンダリング防止などの観点から事前に本人確認をするルールになっています。

僕は運転免許証を提出しました。説明通りに写真を撮り、画像データを「ファイルを選択」から選択。次に「ファイルをアップロード」をクリックします。

ここまでできたら、ようやく「本人確認の申請をする」をクリック。

これで登録作業は終わりです。そのうち本人確認の申請が承認され、自宅にハガキが届きます。待ちましょう。

二段階認証を設定する

ハッキング被害を訴える人の多くは、セキュリティ対策「二段階認証の設定」を怠っています。これはすぐにしなければなりません。

※二段階認証:ID、パスワードのほかに、30秒ごとに切り替わる6桁のコード(数字)を使ったセキュリティ対策(ワンタイムパスワードみたいなもん)

本人確認の申請を終えたら、「2段階認証設定ページ」をクリック。

「2段階認証の設定を開始」をクリック。

次に、二段階認証アプリ「Authy」でQRコードを読み込みます。

Authy 2-Factor Authentication

Authy 2-Factor Authentication
開発元:Authy Inc.
posted withアプリーチ

関連Android版「Authy」の使い方と複数端末・Chromeとの同期手順

読み込めたら、アプリ上に表示されている6桁の数字を入力して「確認」をクリック。これで設定完了です。

バックアップコードを印刷する

万が一、二段階認証アプリが入っているスマホを無くしてしまったり、アプリが開けなくなってしまった時のために、バックアップコードも確認しておきましょう。「バックアップコードの確認と印刷」をクリック。

この画面を印刷するなりして、もしもの時に備えておきましょう。

本人確認書類の審査が完了

本人確認書類を提出してから数分で審査が完了しました。自宅にハガキが届くのを待ちましょう。

ハガキが到着

本人確認までの登録を済ませてから10日後、ようやくハガキが到着しました。思った以上に日数がかかりましたな。

ハガキを開くと、中に「本人確認コード」が書いてあります。これを使って本人確認を済ませましょう。

本人確認を済ませる

Zaifにログインします。すると、

本人確認が完了していません。入出金や取引を行うには本人確認が必要です。

と表示されているので、「本人確認」をクリック。

さらに「郵送確認」をクリック。

「本人確認コードを入力してください」の欄に、ハガキに書いてあったコードを入力。そして「本人確認コードを送信」をクリック。

お手続きありがとうございました。郵送による本人確認が完了しました。

これで全ての本人確認手続きは完了です。お客様は入出金や取引を含むZaifの全ての機能にアクセスすることができます。

引き続き、Zaifをお楽しみください。

これでようやく入金や取引ができるようになりました!

公式サイトZaif