いざ口座開設!coincheckの登録方法を図解で分かりやすく

追記(2017/12/7)

僕が一番利用している仮想通貨取引所「coincheck」のCMに国民的タレントの出川さんが起用されました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

昨日(2017/5/10)、Mr.Rippleで口座開設を行いました。Mr.Rippleは仮想通貨の取引所ですから、これで僕は自由に仮想通貨を手に入れることができます。

しかし、これから本格的に仮想通貨による投資を行うならば、取引所は1つに絞らず、複数の取引所を使っていくべきだと感じています。

複数の取引所を登録して使う理由
  • 取引所がハッキングを受けたり、破綻(倒産)・不正(横領)によって、仮想通貨が消失してしまうリスクを分散させるため

例えば2014年3月に、ビットコイン取引所の1つであったマウントゴックス社の社長が、470億円分のビットコインと28億円の現金を横領するという事件が発生しました。

すべての投資資金をマウントゴックスにつぎ込んでいたら、所有していた仮想通貨が全部なくなっていたかもしれません。逆に、複数の取引所を利用していて、投資資金を分散させていれば、仮想通貨の一部を守ることができたのです。

そこで今回は、coincheck(コインチェック)に登録する方法を、図解で分かりやすく紹介していきたいと思います。まだ口座開設していない人は、ぜひ参考にしてみてください。

図解!coincheckの登録方法

公式サイトでアカウントを作成する

まずは公式サイトへ移動します。

公式サイトcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

そうしたら、自分のメールアドレスを入力好きなパスワードを入力して「登録する」をクリックします。

メールフォルダにメールが来ているか確認する

coincheck(コインチェック)からあなた宛にメールが来ているはずなので、確認しましょう。

タイトル「Please Confirm Your Email address(あなたのメールアドレスを確認してください)でメールが来ているので、それを開きます。

メールには、「Please confirm your email address to confirm your account by clicking the link below(下のリンクをクリックしてアカウントを確認し、メールアドレスをご確認ください)と書いてあるので、青い色のリンクをクリックしましょう。

本人確認の手続きを行う

続いて、「本人確認書類を提出する」をクリックして次に進みましょう。

この作業をしないと、様々な機能が制限されたままで不便です。

上の画像にあるように、入金や売買をするには本人確認の手続きを行わなければならないのです!

電話番号認証を行う

この認証作業はSMSが使えることが前提となっています。僕はドコモの携帯を使っているので、SMSが利用可能!

ってことで、さっそく電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックしました。

するとすぐに携帯に、認証コードが記載されたSMSが送られてきました。

SMSに記載された認証コードを「送信された認証コード」の欄に入力し、「認証する」をクリックします。これで電話番号の認証作業は完了です。

本人確認書類を提出する

電話番号認証が終わった後は、本人確認書類を提出します。上の「本人確認」をクリック。

各種重要事項を読んだら、すべてにチェックを入れ、「各種重要事項に同意、承認してサービスを利用する」をクリックします。

すると、☑各種重要事項に承諾済みという表示が出てくるので、「本人確認書類を提出する」をクリックして次に進みます。

必要事項の記入、書類提出(アップロード)、「該当しない」にチェックを入れるなどをしていきます。

僕は、IDセルフィーに運転免許証を持った自分の顔を自撮りしてアップロード、本人確認書類表面には運転免許証の表面を撮ってアップロード、本人確認書類裏面には運転免許証の裏面を撮ってアップロードしました。

IDセルフィーの自撮りは、運転免許証の内容がちゃんと識別できるようにしなければならないので、少しだけ難しかったです。写真を撮る時は手がブレないように気を付けました。

本人確認書類の確認が完了するまでには、1~2営業日かかるようなので、数日待ちましょう。

追記:本人確認書類の確認が完了

2017年5月11日(木)にcoincheckに登録すると、2日後の13日(土)には本人確認書類の確認が完了しました!対応は早い印象。

これから簡易書留でハガキが送られてくるようです。待ちましょう。

追記:ハガキ到着!

ハガキは簡易書留なので、ポストへの投函ではなく、配達員から直接受け取らなければなりません。その際、ハンコ押します。

5月17日(水)に届いたので、coincheckに登録してからちょうど1週間でした。

追記:ハガキ到着の確認メールが来た

自宅にハガキが届いてから2日後の5月19日(金)に、coincheckから「ハガキの到着を確認しました」メールが届きました。

預金通帳確認を行う

預金通帳確認もやっておかないと、出金ができないみたいです。上の「預金通帳確認」をクリック。

自分の預金通帳の写真を撮ったら、そのデータファイルをアップロードしましょう!

僕は三菱東京UFJ銀行の口座を使って、coincheckとやり取りするので、その口座の通帳の写真をアップロードしました。できたら「提出する」をクリックします。

すると、

預金通帳の画像を受け付けました。

弊社で確認が完了しましたらメールを送ります。

とのこと。

追記:預金通帳の確認が完了

2017年5月15日に預金通帳の写真アップロードをしたら、翌日の16日には確認完了メールがきました。対応早い!

まとめ

Mr.Rippleと違ってcoincheckは、本人確認をするのに免許証しか必要なかったので楽でした(Mr.Rippleは住所を確認する書類も必要だった)。まぁ自撮りがちょっと面倒でしたけどw

登録しながら感じたことは、公式サイトのデザインが洗練されていて、使いやすそうだったことです。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も多いですから、これから価値が上がっていきそうなアルトコイン(ビットコイン以外のコインのこと)を購入し、一攫千金を狙いたいなと思っています。

公式サイトcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

あと、coincheckで取引する前には必ず、セキュリティ対策としてログインの2段階認証を設定しておきましょう!

続きを読むセキュリティ強化!coincheckに2段階認証を導入する方法と手順

関連ウォレットと仮想通貨取引所を兼ねたMr.Rippleに登録してみた

関連少しも迷わずbitFlyerに登録して口座開設する方法

関連あまりに簡単すぎる!POLONIEX(ポロ二エックス)の登録方法

関連仮想通貨の取引所Kraken(クラーケン)に登録して認証レベルをUPしたよ

僕が使っている仮想通貨の取引所

僕が使っている仮想通貨の取引所

BINANCE(バイナンス)

バイナンス

中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は海外の取引所の中でも手数料が安いことで有名です。日本語にも対応しており、将来に期待できる通貨を多く取り扱っています。

 

取引高が世界一になった実績もあり、利用者が多いので、初心者でも安心して使えます。

 

ただ、日本円には対応していないので、日本の取引所でビットコインやイーサリアムを買い、BINANCEのアドレスに送金する必要はあります。

公式サイトBINANCE(バイナンス)

関連手数料が安い取引所BINANCE(バイナンス)に登録して引き出し限度額をレベル2にUP!

Sponsored Link

フォローする