HotForexのMT4・MT5が対応しているOSの種類を解説

海外FX業者によっては、用意されているプラットフォームが少し異なる場合があります。

 

単純に考えれば、MT4・MT5など、用意されているプラットフォームが多いほど万人に使いやすい業者だと考えることができます。

 

では、HotForexのプラットフォームはどの程度用意されているのでしょうか?

 

今回は、HotForexのトレード環境を把握するため、用意されているプラットフォームと、対応しているOSについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

HotForexのプラットフォームと対応OS

HotForexで用意されているプラットフォームはこのようになっています。それぞれ確認していきましょう。

MT4 for Desktop

デスクトップ版MT4は多くのトレーダーがメインで使っていると思います。僕も普段から利用しています。

 

対応OSは、windows・Mac・Linuxです。

MT4 Mobile Trading Platforms

HotForexのMT4は、スマホやタブレットなどのモバイル端末にも対応しています。

 

AndroidならGoogle Playから、AppleならApplestoreから、アプリ「MetaTrader4」をダウンロードしましょう。

MetaTrader 4

MetaTrader 4
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ

MT4 WebTerminal

HotForexはわざわざソフトをインストールしなくても、ウェブ上でトレードすることができます。

 

使い方は、WebTraderにログインすれば、デスクトップ版と同じように取引できます。

関連HotForexのMT4 WebTerminal(WebTrader)を使ってみた

HotForexマルチ端末

マルチ端末というのは、複数の取引口座に同じ注文を同時に出せる機能を備えています。これを使えば簡単に、他人から預かった取引口座にも自分と同様のトレードを反映させることができるってわけです。

 

あまり個人で使うことはないと思います。

MT5 for Desktop

MT5のデスクトップ版もあります。

MT5 Mobile Trading Platforms

MT5のモバイル版。

 

MT5の取引口座を開設しているなら、こちらをスマホにインストールしましょう。

MetaTrader 5

MetaTrader 5
開発元:MetaQuotes Software Corp.
posted withアプリーチ

MT5 WebTerminal

MT4同様、MT5にもウェブターミナルが用意されています。

まとめ

ほとんどの海外FX業者は、他社製品「MetaTrader」を導入してプラットフォームとしているだけなので、どこもほぼ一緒です。

 

ただ、中には一部しか対応していない業者もあるので、プラットフォームの対応状況でFX業者を判断するのも1つの手です。

 

その点ではHotForexはプラットフォームが充実しているので評価できますね。

僕が愛用している海外FX業者
XM

XM

僕が海外FXデビューした時に利用した業者です。日本人が多く利用しているので安心感があります。

海外FX業者の中で唯一、口座開設しただけでボーナス(3,000円)がもらえます。これは出金できず、取引にしか使えませんが、入金しなくてももらえるものなので「未入金ボーナス」とも言われています。もちろん、このボーナスを使って利益が出れば、その利益分は出金可能です。

入金方法は「銀行振込」「クレジットカード入金」「bitwallet」など幅広く対応。使い方が分からなくなってもネットで探せば情報がたくさん見つかるので、海外FX初心者がまず登録すべきFX業者ですね。

HotForex

HotForexはボーナスが業界トップレベルで、スプレッドも狭いので、今はXMから乗り換えてメインで利用しています。

取引するごとにキャッシュバックももらえます1Lotにつき3ドル!HotForexキャッシュバックの魅力と条件

入出金は「bitwallet」経由のみ。銀行振込やクレジットカード入金に対応しておらず、初心者には少しハードルが高い点が-0.5point。ただ、そこさえ許容できたなら僕が知る限り最高のFX業者です。

HotForexについて詳しく知りたい方は『僕がHotForexを選ぶ15の理由』を読んでみましょう。

FX
Sponsored Link
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ