FXトレード記録|ユーロドルでショートしたらトレンド終了し41pipsの損失

先週からEURUSDはずっと下落が続いていました。

下落の勢いがあまりに強かったので大きく戻してくる可能性もありましたが、チャート分析からもう1段階下落があってもいいような雰囲気。

自信を持ってトレード!

しかし、結末は惨敗となったのでした…。今回はどんな判断でトレードしたのか、どんな負け方をしてしまったのかを書いていきたいと思います。

下降トレンドは継続すると思っていた

1時間足・4時間足のチャートを見ていると、下降トレンドラインが意識され、さらに移動平均線も下を向いていることから、戻り売りのチャンスだと考えていました。

ユーロドルの観察結果
  • 日足:急激に下落
  • 4時間足下降トレンドラインと移動平均線(20)に抑えられながら下落
  • 1時間足下降トレンドラインが意識されながら下落
  • 30分足:同上

単純に、そろそろショートしてもいいんじゃないかと思っていました。

下落は継続すると判断しショートするも…

何度か下降トレンドラインが意識されていることを確認していたので、ショートのチャンスと判断。ショートしました。

損切りラインは、下降トレンドラインで強く反発を示しているところに設定。

下落が始まっていい感じ。

と思っていたら急に突き上げてきよる…

予想だにしない昇龍拳を食らう結末。

-41pipsで410ドル(約46,330円)の損失となりました。

まとめ

これまでの順調な下落の流れを壊す動きをされると、今後の方向性がまた分かりづらくなってしまいます。

負けるのは仕方ないことなので、一度冷静になり、次のチャンスを待ちたいと思います。

続きを読むFXトレード記録|ドル円の三尊天井完成を見届け無難に39.4pipsの利益