FXトレード記録|ユーロドルで三尊天井完成するもスパイクハイに刈られ65.4pipsの損失

最近までずっとユーロドルは上昇トレンドで推移していました。

しかし、日足チャートを見ると、そろそろ売りが検討されてきそうな価格帯に突入。さらに1時間足チャートを見ると大きな三尊天井を作る動きに。

トレンド転換が起こる可能性が出てきたので、注意してチャートを見ていました。

今回は、三尊天井を利用したトレードの様子と、予期していなかった出来事について書いていきたいと思います。

三尊天井が完成して上昇トレンドラインを割る動き

順調に上昇していたユーロドル、そろそろ終止符が打たれそうです。

ユーロドルの観察結果
  • 日足:売りが意識されそうな価格帯に突入
  • 4時間足三尊天井が完成し上昇トレンドラインを下抜ける動き
  • 1時間足:同上&移動平均線の方向性曖昧
  • 30分足:同上

30分足・1時間足チャートを見ると移動平均線が絡まっているので、上昇の勢いは一旦消えたと判断しました。また、1時間足・4時間足チャートで大きな三尊天井を完成させているので、トレンド転換が起こるのではないかと考えました。

気付いた時には三尊天井は完成していて、すでに上昇トレンドラインを下抜ける動きを見せている最中でした。

とりあえずセオリー通りショート。損切りラインは直近三角の上に設定。直近三角を超える上昇があった場合は諦めて損切りしようと考えていました。

翌朝、すでに決着はついていました…。

なんと長いヒゲにやられてしまっていました。

このような、急激な上昇によって作られる長いヒゲを「スパイクハイ」と言います。上昇を大きな力で抑えられていることから、その後はトレンド転換しやすいといわれています。

-65.4pipsで654ドル(約73,902円)の損失となりました。

その後は結局下げています。残念…

まとめ

今回は特に反省する点はなかったかなと思います。ただ単に運がなかっただけ。

FXの目的は損小利大。トータルで勝てればOKです。

当然負けることもありますから、そういった時は一旦冷静になることが大切です(と、自分に言い聞かせる)。

続きを読むFXトレード記録|スパイクハイを根拠にユーロ円でショートを仕掛け42.1pipsの利益