FXトレード記録|底を固めたユーロドル押し目狙いで58.2pipsの利益

ユーロドルは中期的にレンジ相場を継続していました。上にも抜けられず、下にも抜けられず…。

直近ではレジスタンスライン付近まで上がったものの、前回高値が意識されたのか大きく下げてしまいました。

しかし、1時間足チャートで見れば底を切り上げ上昇トレンドにも見え、個人的に注目していた4時間足チャートの移動平均線は下抜けることができない模様。これは手堅く利益をもぎ取れるのでは?

底を固めた押し目狙いトレード

今回は4時間足チャートの移動平均線(50)に注目していました。レジスタンスラインから勢いのある下落が続いていましたが、これがどこまで続くのか?

ユーロドルの観察結果
  • 日足レンジ相場
  • 4時間足レンジ相場だが直近の下落は移動平均線(50)で止まっているか
  • 1時間足:下落の勢いが弱まり、底を固める動き
  • 30分足:底を固め、移動平均線(20)を上抜ける動き

4時間足チャートの移動平均線(50)が注目されていそうなこと。そして、30分足チャートの移動平均線(20)を上抜け、上昇目線が増えていきそうなことからロングしました。4時間足チャートの押し目狙いです。

損切りラインは押し目のすぐ下に設定。これを越えて下げてくるようなら、4時間足チャートの移動平均線(50)を下抜けるほどの下落ということですから、諦めて損切りします。

1回突発的な下落があり、本気で損切りになるかと思いましたが、しっかりとした買いが入り、上昇に転じました。やはり押し目として意識されていたようです。

次なる押し目ポイントを作るまで我慢して待ちます。

30分足チャートの移動平均線(50)も上抜けてくれて、いい調子です。

小さいですが30分足チャートで押し目ポイントを作ったので、損切りラインを引き上げます。

さらに損切りラインを引き上げ。ただ、大きく上昇しているので、この後大きく下落して、大きな押し目を作るかも。

上昇の勢いが止まりました。

そして30分足チャートの移動平均線(20)を一瞬で下抜ける異様な下げ…。30分足チャートの移動平均線(50)までも下抜け突破してくるようであれば終わりです。

1時間足&4時間足チャートの移動平均線の支えもあってか上昇に転じてくれました。このタイミングで損切りラインを引き上げます。

ギュンッ!

一気に上昇してくれると思っていたんですが、前回の大したことない高値が意識されたのか、何度も押し返される動きになってきました。

利益も大きくなってきており、ここで上昇できないなら期待できないと感じたので、損切りラインを最大限にまで引き上げました。

結局そのまま下がってきてしまい、決済されました。

58.2pipsで582ドル-スワップ10.1ドル=571.9ドル(約64,052円)の利益となりました。

その後はなんとも言えない微妙な動きに…。

まとめ

今回のトレードはギリギリで損切りを回避するような場面が何度かあり、運もあったのかなと思いました。しかし、移動平均線など、どこが意識されるポイントかを見極められたことが、利益を伸ばせた結果につながったとも思っています。

これからも中長期目線で、チャートの値動きを見て、どこが意識されているかを常に考えてトレードしていきたいと感じました。

続きを読むFXトレード記録|中国の報復関税を乗り越えディフェンス成功10pipsの利益