FXトレード記録|内容は悪くないけど結果的に7,500円の負け

FXのトレードは、勝っても負けても記録を取ることで、次につなげることができると思っています。特に負けた時なんかは反省をすることで、自分の負けトレードの特徴がつかめてくるのではないでしょうか?

そこでこれからは、なるべく自分のトレードを振り返っていきたいと考えています。

こうした取り組みを続けることで、きっと勝てるようになるはず!さて、1回目のFXトレード記録いってみよう!

市民プールに行ってて利確のタイミングを逃す…

僕がポジションを持つ理想的なタイミングは、移動平均線とピボットのR1、S1が重なるところです。トレンドに逆らわず、押し目買い、戻り売りを狙います。

全体的な流れは円安。

すると、1時間足のローソク足が50MAとR1に近付いてきました!これは、50MAとR1が抵抗として意識され、そろそろ下がっていくんじゃないかい!?

じっと待っていると、5分足でローソク足がR1に近付いてきました。なかなかR1にタッチしないので、ここらで積極的な買い注文がなくなっていることが分かります。また、20・50・100MAも重なってきて、何か次なる動きが出てきそう!

と思ったら、明らかにこれまでには見られなかった大きな売り注文が発生!これは、機関投資家が「下げてやるぜ!」と相場を動かしにかかっています。こうなると、これまで買い注文を入れていた人たちも損切り(売り注文)を始めるので、下げる勢いはどんどん大きくなっていくと予想!

もともと今後下がると予想しているので、どこでもいいからとりあえず僕も売り注文を発注しました。

さて、次は利確のタイミングですが、こればっかりはいつ訪れるか分かりません。ずっとパソコンの前で待っていても生きてる心地がしないので、市民プールで運動をすることにしました。

が…

なんと、一時は30pipsの含み益を作っていたのに、市民プールに行っている間にそのチャンスを逃してしまいました…

さらに、この後は僕が損切り設定していたラインに到達してしまい、マイナス2,010円

せめて損切りラインをポジションを立てたところにずらしていれば良かったんですが、これは外為ジャパンによる初めてのトレードだったため、損切りラインをずらすことが頭にありませんでした。また、外出中だったため、スマホにアプリをダウンロードしていてもIDが分からずログインできませんでした。

帰宅した頃には手遅れで、損切りされていました…

でも、このトレードはプールにさえ行かなければ勝っていたので、この調子でトレードすればいい線いくと思いました!うん、1年ぶりの裁量トレードにしては悪くはない!

ちょっと無理して自分を納得させてしまったトレード

さっきは損してしまったけれど、ローソク足はまたもやR1に近付いてきました。次こそはいけるんじゃない?

しかし今度は思いっきりR1を突き抜けてしまいました…。でもここで僕はこう考えてしまいました…。「いや、すぐにR1ラインに戻ってきて、この後すぐに落ちていくんじゃない?」と…。

R1を上に突き抜けた後は、何度も上のほうでモタモタしています。この時に、「もうR1は抵抗として意識されていないな」と考えていれば良かったのですが、僕は「多少の突き抜けは誤差の範囲でしょ?」と考えてしまいました。

そして、20MAを下回ったところで売りポジションを立ててしまいました。この時はさっきと違い、20・50・100MAが重なっておらず、買い注文の勢いはあまり衰えているとは言えませんでした。

結果、チャートは下がってくれず、損切りすることに…。2,000円のマイナス

R1があまり意識されていなかったこと、5分足の20・50・100MAが全然上昇傾向にあったことなどから、無理に解釈してポジションを持つことは避ければ良かったです。見送ることも大事なんだと思いました。

または、損切り設定を10pipsくらいにして、大きく損しないようにするとかね。

ファンダメンタルズを無視したトレードで完全に方向を見誤る

チャートを見ていると、4時間足でローソク足が50MAとR1に近付いてきました!これはトレードチャンス!4時間足なら長期の大きな流れなので、きっと下がっていってくれるはず!

しかし、確かにR1が意識されているものの、何度も5分足の移動平均線で跳ね返り、さらにはアメリカのトレードが始まる22時に急上昇…

またもや損切りする羽目に…

後に調べて分かったことですが、来週の木曜日(2017/6/15)に、3ヶ月に1度のFOMC(連邦公開市場委員会)があるらしい。これはアメリカの金融政策を決定する会合で、金利などが決められるとのこと。さらにFOMCは超注目イベントな模様。

今回のFOMCでは金利が上がるとされていて、だからチャートは上がっていくと予想されているのです。はぁ~、最初からこれを知っていれば、こんなにも売り注文連発してなかったのにー!

でもですよ?逆に来週上がっていくと分かっていれば、買い注文すればいいだけですから勝ちやすいんじゃないかと。FOMCまでは単純に買い注文が集まるはずですから、来週前半が勝負ですね。

そういえばとても良さそうなサイトを見つけました。それが株探(かぶたん)です。特に為替カテゴリのニュースを日頃から読んでいれば、ファンダメンタルズは完璧だと思います。

寝る直前に立てた売りポジションが含み益中

負け続きで少しやけくそになり、5分足で100MAを下回ったタイミングでポジションを立てました。しかも寝る直前にw

なぜこんなトレードをしたかというと、4時間足を見た時に100MAとR2が抵抗として働いていると感じたから。

なんとなく下がることに賭けてみたんですよね。それで翌日起きたら含み益でラッキーって感じ。ただ、土曜日の朝、このチャートを見て「これから外為ジャパンが休みに入るから、早めに利確しないとなぁ」なんて思っていたら、朝6時くらいには営業終わって利確できなくなってしまいました…

しかも、この注文はスマホからしていたんですが、設定で損切り設定をオンにしていなかったから、損切りライン引けてないし…

さらに、この注文を立てた時はまだFOMCのことは分かっていなかったので、売り注文をしてしまっていたのでした…

月曜日は朝早く起きて速攻で利確して、買い注文の戦略を立てたいと思います。

まとめ

先週のトレードの気付き
  • ポジションを立てた後はむやみにプールに泳ぎに行かない
  • ポジションを立てる前にどこで利確するか(どこが抵抗の目安になるか)を様々な時間足で考える
  • 10~20pips以上の含み益になったら損切りラインをずらす
  • ピボットは抵抗として働くが、突き抜けている時間が長い時は無抵抗と捉えるのが無難
  • 毎日ニュースを読んでファンダメンタルズを意識したトレードを心掛ける
  • スマホで取引する時は損切り設定をオンにする

いや~、これだけ色々と気付けることができたので、良かったと思います。ポジション取りもそこまで悪くないですし。

来週もこの調子で頑張っていきたいと思います。

続きを読むFXの裁量トレードは負け続き…。うつ病レベルで人生のモチベーション低下したよ!

僕が愛用しているFX会社

僕が愛用しているFX会社

海外FX「XM」

XM

XMはレバレッジ最大888倍だから元手が少額でOK!さらに「ゼロカットシステム」を採用しているので世紀の大暴落があっても元手以上の損失を被る心配がありません(借金を背負う状況にならない)。

 

海外FX会社は「出金できない」などの噂もありますが、XMは日本人が多く利用しているようですし、僕自身過去に利用した経験もあったので、ココ使っています。

公式サイトXM

SBI FXトレード

SBI FXトレード

多くのFX会社は1万通貨のところ、SBI FXトレードなら1通貨から取引できます。少額からFXの練習ができるので、初心者の僕にもピッタリでした。

 

現在は1通貨から取引できるメリットを生かし、ループイフダンを真似た「マイIFDルール」で取引を行っています。利回りはだいたい2%です。

 

メンタルに優しい・負けないトレードを重視!

公式サイト約4円から取引可能【SBIFXトレード】


Sponsored Link

フォローする