FXで全く勝てない人に立ちはだかる4つの壁

「FXで全く勝てない…」

「もはや意味が分からない…、いったいどうしたらいいんだ…」

こうした悩みは、FXをしているすべての人が経験したことがあるんじゃないでしょうか?

 

FXで負け続けていると、どんどん自信を無くし、どんなトレードをすればいいのかも分からなくなり、非常にネガティブな思考に陥ってしまいます。相当ツライですし、悩みすぎて頭の回転が鈍くなっていくような感覚…。

 

やがて、FXを始めた人のほとんどが数ヶ月のうちに退場していきます。僕も過去に2度退場しています。

 

ではどうしたらいいのか。

 

一番重要なのは勝つことです。

 

勝って成功体験を積んで、自信を取り戻すことが先決。もし納得のいく勝ち方ができれば、あとは試行錯誤を重ねて質の高いトレードを追及していくだけになります。

 

そこで今回は、「FXで勝てない人に立ちはだかる4つの壁」を確認しながら、まず1勝をもぎ取る努力をしていきましょう。

Sponsored Link

FXで全く勝てない人に立ちはだかる4つの壁

勝てる手法が存在していると思っている

「FXには勝てる手法が存在している」「FXには必勝法がある」と考えているうちは負け続けると思っています。

 

というのも、僕自身、ネットから拾ってきた手法をそのまま活用しても、満足に勝てた試しがなかったからです。他人の手法をその通りに真似てもトレードしている最中はフワフワしていて、しっくりきていなかったのを覚えています。

 

自分が使っているトレード手法を信じきることが出来なければ、疑心暗鬼に陥り、せっかくエントリーしてもすぐ利確してしまったり、損切りラインを頻繫に変更してしまうことにつながります。

 

自分のトレード手法(トレードルール)が確立していないと、常に損失の恐怖に支配され、トレード中に無駄に精神が揺らぎ、冷静なトレードはできません。

 

なので、まずは自分のトレードルールを自分自身で構築することが大切です。「トレンドラインだけで勝負する」でも「移動平均線だけで勝負する」でもOK。自分なりに「どうやったら納得のいくトレードができるか」を考察することから始めましょう。

 

それで失敗したらまた考える。その繰り返しが「芯のあるトレード手法」を作る近道になります。

関連FXでイライラ!むかついた時に僕がしていた再考察

チャンスが来るまで待てない

ここで言う「チャンス」とは、自分のトレードルールが確立している人だけに訪れる機会のことを指しています。

 

同じ瞬間でも、どの時間足チャートをメインに見ているか、移動平均線の期間をいくつに設定しているか、などによってチャンスかどうかの判断は変わってきます。

 

例えば、誰かが「ここはチャンスだ!」と言っても、その人が想定する利確ポイント、損切りポイントまで把握できていなければ、トレードを真似してもうまく行かないのです。

 

芯のないトレード手法は、余計なトレードの回数を増やします。FX初心者は「トレードが多いほうが稼げそう」という思惑からポジポジ病になりがちですが、無駄なトレードが増えれば増えるほど損失は膨らみます。

 

また、トレードルールが確立していないと、損切りした後に焦ってすぐエントリーしてしまうような失態も引き起こします。

 

トレードルールを作ったら、そのルールを忠実に守り、納得のいくトレード(納得のいく勝ち方ができそうなトレード)ができるようチャンスを虎視眈々と待ちましょう。こうした我慢がとても大切になってくるのです。

関連「FXは勝てるわけがない」は本質を突いている

納得のいく損切りができない

ほとんど人はエントリーした時に損切りを設定しているかと思います。しかし、うまく勝てない人は損切りが続き、損切り貧乏と化しています。

 

といってもFXは「負けることもある」のが前提の勝負です。完璧に未来を予想することはできないのですから、負けてもOK。

 

ただ、不本意な損切りは減らしていかなければなりません。

 

損切りした時に無駄に疲弊してしまうようでは、そのトレードは納得のいくトレードではなかったのかもしれません。もっと精度の高いチャンスを狙うべきだったのかもしれませんし、Lot数が大きすぎたのかもしれません。

 

損切りした時に「まぁ仕方ない、次々」と開き直れるようなトレードを目指しましょう。

納得のいく利確ができない

損切りならただ設定しておけばいいだけなので誰でも簡単にできます。

 

そんなことより利確が難しいのです。

 

含み益が出始めると「もっと儲かるかも♪」と欲が出てきて利確ができない。「今利確したとして、今後もっと利益が伸びたら嫌だな」と機会損失を恐れて利確できない。とにかく利確の基準、タイミングが分からない。

 

悩みはさまざま。

 

FXの基本は損小利大。そのためにはできるだけ利益を伸ばす必要があるのです。でも、どこまで利益が伸びるかは分からない。

 

だから僕は自分の判断で利確するのを諦め、含み益が増えてきたらどんどん損切りラインを移動させる戦法を取っています。セルフでトレール手法を実行しているということです。

 

損切りラインを移動させるタイミングはその時々の相場の勢いによって微調整しますが、これが僕の中で納得のいく利確方法となりました。

関連FXで負けてばかりの人は常に2パターンに絞って考えるクセをつける

まとめ

負け続けて諦めムードになっている人は、4つの壁を乗り越え、まず納得の1勝ができるように集中。

 

負けてしまっても、納得のいく負け方ができていれば成功の1つですから、とにかく成功体験を積み重ねる努力をしましょう。

僕が愛用している海外FX業者
XM

XM

僕が海外FXデビューした時に利用した業者です。日本人が多く利用しているので安心感があります。

海外FX業者の中で唯一、口座開設しただけでボーナス(3,000円)がもらえます。これは出金できず、取引にしか使えませんが、入金しなくてももらえるものなので「未入金ボーナス」とも言われています。もちろん、このボーナスを使って利益が出れば、その利益分は出金可能です。

入金方法は「銀行振込」「クレジットカード入金」「bitwallet」など幅広く対応。使い方が分からなくなってもネットで探せば情報がたくさん見つかるので、海外FX初心者がまず登録すべきFX業者ですね。

HotForex

HotForexはボーナスが業界トップレベルで、スプレッドも狭いので、今はXMから乗り換えてメインで利用しています。

取引するごとにキャッシュバックももらえます1Lotにつき3ドル!HotForexキャッシュバックの魅力と条件

入出金は「bitwallet」経由のみ。銀行振込やクレジットカード入金に対応しておらず、初心者には少しハードルが高い点が-0.5point。ただ、そこさえ許容できたなら僕が知る限り最高のFX業者です。

HotForexについて詳しく知りたい方は『僕がHotForexを選ぶ15の理由』を読んでみましょう。

FX
Sponsored Link
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ