FXでなぜ借金?原因はレバレッジと相場大変動

たびたび、「FXには借金のリスクがある」ということを耳にします。

ここで言う借金とは、自分が準備した資金以上に損失が出てしまい、その損失分を追加で支払わなければならないことを意味します。例えば、100万円を入金してFXを始めたが、損失が200万円出てしまったため、追加で100万円を失う羽目になったような状態。

実際、FXにはこうした想定外の損失リスクがあるのです。

では、どうしてFXには借金リスクがあるのか、その原因を紹介していきたいと思います。

FXで借金してしまう2つの原因

レバレッジは損益を大きくする

FXのメリットと言えば、レバレッジを利かせられること。

例えばFX業者でレバレッジ25倍と決まっていたら、資金が10万円しかなくても、その25倍(250万円分)の運用ができます。

FX業者で決められたレバレッジに沿って、FX業者から資金を借りれると考えると分かりやすいかもしれません。レバレッジ25倍なら、資金が10万円しかなくても、240万円まで借りることができる(合計250万円)、と。

さて、レバレッジを使うと利益も損失も大きくなる性質があります。

もしレバレッジを使わず、資金10万円分しかFXに投資しなかった場合、10万円が11万円の価値になれば1万円の利益。10万円が9万円の価値になれば1万円の損失。

でもレバレッジ25倍を利用して250万円(10万円×25)を投資した場合、10万円が11万円の価値になると、それは250万円が275万円になることと同じ。

FX業者から借りていた240万円を返却し、自分が用意していた10万円を除くと、利益は25万円です(275万円-250万円=25万円)。

逆にレバレッジ25倍を利用して250万円(10万円×25)を投資し、10万円が9万円の価値になってしまうと、それは250万円が225万円になることと同じ。

FX業者から借りていた240万円を返却し、自分が用意していた10万円を除くと、損失は25万円です(225万円-250万円=-25万円)。

このように、レバレッジの倍数分だけ損益が大きくなります。

関連なるほど図解!FXを初心者にも簡単にわかりやすく解説

実際には自分でレバレッジを調整できますし、自分が用意していた資金以上に損失が膨らむことはありません。上記の例で言うと、10万円の資金しか入金していなければ、損失が10万円に膨らむ前にFX業者が強制的に取引をストップしてくれます(強制ロスカット)。

ただ、「強制ロスカット」のシステムはいつでも正しく発動するとは限りません。相場の急激な大変動が起こると、正常に作動せず借金リスクが一気に高まるのです。

相場の大変動による追証発生

世界情勢の大きな変化によって、相場が急激に大変動することがあります。このような突発的な変動が起こると、強制ロスカットの処理が間に合わないことがあります。

例えば2015年のスイスフランショックでは、急な大暴落に各FX業者の強制ロスカットが対処しきれず、本来なら入金額がなくなる前に取引が強制ストップされるところが、入金額を大幅に超える損失が計上された段階で強制ロスカットが発動したため、多くのトレーダーの口座残高がマイナスになってしまいました。

具体的に説明すると、10万円しか入金していなかったのに25万円の損失が発生したことで、口座残高を見ると-15万円(10万円-25万円=-15万円)の表示が…。この場合、15万円をすみやかに入金しなければなりません。

足りない分を追加で入金することを「追証(おいしょう)」と言います。

※追証=追加証拠金

15万円程度のマイナスならまだいいですが、大きめの資金を高いレバレッジで運用していた場合は、数百、数千万単位のマイナスになることもあります。最悪の場合、自己破産に陥ることも。

FXで借金してしまう原因は「相場の急激な大変動で強制ロスカットが間に合わないことがあり、レバレッジによって入金額以上の損失が発生する危険性があるからです。

まとめ

基本的に国内FX業者を使っていれば、常に借金を背負うリスクは付きまといます。

関連国内FX業者に「追証なし」があるか調査してみた

そういったことから、借金リスクに備えて、資金は余剰資金で、さらにレバレッジは上げすぎないことが大切です。または「追証なし」を採用している海外FX業者の利用を検討してみましょう。

続きを読むリスク完全回避!FXで絶対に借金しない2つの方法