リスク完全回避!FXで絶対に借金しない2つの方法

FXには借金リスクがあります。しかも借金する時は大抵相場が大暴落する時であり、心の準備をする間もなく一瞬で地獄に行き着きます。

関連FXでなぜ借金?原因はレバレッジと相場大変動

投資にリスク管理は大切。FXをするなら借金リスクにも向き合わなければなりません。

では、どうしたら借金リスクを回避することができるのでしょうか?

今回は借金リスクを確実に回避するための提案を紹介したいと思います。

FXで絶対に借金しない2つの方法

レバレッジ1倍で取引は「買い」のみ

絶対に借金したくないのであれば、レバレッジが1倍になるように取引します。例えば10万円しか入金していなければ、10万円分の枚数しか通貨を購入しないようにすること。

また、FXは「買い」も「売り」もできますが、「買い」でしか取引しないこと。

「買い」なら、1ドル=100円から1ドル=0円になることはあっても、1ドル=マイナス○円のようにはなりません。しがたって入金額以上にマイナスになることはないのです。

逆に「売り」取引だと、1ドル=100円からどこまで上昇するか分かりません。上がることに対して数字に上限はないので、急激な大暴騰で強制ロスカットが間に合わないことも考えられます。

よって「レバレッジ1倍で取引は「買い」のみ」

これを守れば嫌でも借金しなくて済みます。ただし、「レバレッジが使える」というFXのメリットを無くすことにもつながります。

「追証なし」の海外FX業者を利用する

たとえ口座がマイナスになってしまっても、FX業者が追証を求めなければトレーダーは借金を背負うこともないのです。

残念ながら国内FX業者はどこも「追証あり」。口座がマイナスになれば、マイナス分は必ず支払わなければなりません。

関連国内FX業者に「追証なし」があるか調査してみた

しかし、海外FX業者のほとんどは「追証なし」を徹底しています。入金額以上の損失を出してしまっても、そのマイナス分はFX業者が代わりに負担してくれるのです。

そのため、普通にレバレッジ取引をしながら、借金リスクゼロを実現できます。

関連海外FXで採用されている「追証なし」の仕組みとは?

関連海外FX「追証なし」に潜む4つのデメリット

関連HotForexは「マイナス残高保護システム」で追証なし!

まとめ

せっかく資産を増やすためにFXをしているのに、いつ起こるか分からない大暴落によって借金を背負うなんて絶望的です。

国内で「追証なし」のFX業者がいればそこを利用していたでしょうが、ないから海外FX業者を利用しています。それは自分を守るために。

しばしば国内で投資家保護について話し合われますが、結局「レバレッジを下げる」ことしか対策として行われていません。ただ規制を厳しくするだけ。

そして「追証なし」にはしない。海外で実現できてるんだから国内でだってできるはずなのにしない。どうせ大手企業を守るために国が取り決めているんです。大きな力を持つ者ばかりが得するのって大嫌い。

関連総合評価が高いのはコレだ!海外FX業者を徹底比較