超シンプル!FX経済指標カレンダーとテクニカル分析

シンプルなFXを目指し、普段から移動平均線(20・50)ラインチャートの形のみのテクニカル分析でトレードを行っています。

 

しかし、これだけでは不十分な場合があります。

 

重要な経済指標です。もし、経済指標を知らずにポジションを持ってしまうと、その乱高下に巻き込まれてロスカットされてしまうことがあります。

 

そのため、日頃から、注目度の高い経済指標が発表される時間帯を把握しておき、相場の動向を見守る必要があります。

 

そこでこのページでは、重要な経済指標の確認と、USDJPY・EURJPY・EURUSDの3チャートのテクニカル分析を行っていきたいと思います。

Sponsored Link

2018年10月23日(火)の経済指標カレンダー

経済カレンダー|HotForex

 

2018年10月23日|重要経済指標の時間帯
  • なし

※日本時間

テクニカル分析

経済指標の時間帯を、チャート上に水色の縦線で示しています。

USDJPY

 

USDJPYテクニカル分析
  • 日足上昇トレンドラインが押し目となっているか
  • 4時間足:チャートは移動平均線を上抜けているが、まだ移動平均線(50)が下向き
  • 1時間足:移動平均線上向き
  • 30分足:同上

EURJPY

 

EURJPYテクニカル分析
  • 日足:方向性曖昧
  • 4時間足サポートラインを割り、移動平均線は下向き
  • 1時間足:方向性曖昧
  • 30分足:同上

EURUSD

 

EURUSDテクニカル分析
  • 日足:方向性曖昧
  • 4時間足サポートラインに近付いてきている
  • 1時間足:同上
  • 30分足:同上

2018年10月23日まとめ

USDJPYは上昇の勢いが弱く、EURJPY・EURUSDも方向性が曖昧で、判断が難しい相場です。

 

方向がハッキリするまでおとなしくしてます。

2018年10月18日(木)の経済指標カレンダー

経済カレンダー|HotForex

 

2018年10月18日|重要経済指標の時間帯
  • 3:00(USD)
  • 24h(GBP)
  • n/a(JPY)
  • 9:30(AUD)

※日本時間

テクニカル分析

経済指標の時間帯を、チャート上に水色の縦線で示しています。

USDJPY

 

USDJPYテクニカル分析
  • 日足上昇トレンドラインが押し目となっている様子
  • 4時間足逆四尊完成&移動平均線上抜け
  • 1時間足逆四尊完成
  • 30分足:同上

EURJPY

 

EURJPYテクニカル分析
  • 日足下降トレンドライン上で乱れた動き
  • 4時間足:方向性が曖昧
  • 1時間足:同上
  • 30分足:同上

EURUSD

 

EURUSDテクニカル分析
  • 日足:長期の方向性が曖昧
  • 4時間足ダブルボトムネックラインを割る
  • 1時間足:同上
  • 30分足:同上

2018年10月18日まとめ

朝起きてみると、USDJPYが大きく上昇していました。FOMCで利上げが継続されるからだそうです。そのお陰で逆四尊が完成しました。

 

EURJPYは未だに方向性が定まらず、EURUSDはネックラインを割るほどの下げを見せてきました。

僕が愛用している海外FX業者
XM

XM

僕が海外FXデビューした時に利用した業者です。日本人が多く利用しているので安心感があります。

海外FX業者の中で唯一、口座開設しただけでボーナス(3,000円)がもらえます。これは出金できず、取引にしか使えませんが、入金しなくてももらえるものなので「未入金ボーナス」とも言われています。もちろん、このボーナスを使って利益が出れば、その利益分は出金可能です。

入金方法は「銀行振込」「クレジットカード入金」「bitwallet」など幅広く対応。使い方が分からなくなってもネットで探せば情報がたくさん見つかるので、海外FX初心者がまず登録すべきFX業者ですね。

HotForex

HotForexはボーナスが業界トップレベルで、スプレッドも狭いので、今はXMから乗り換えてメインで利用しています。

取引するごとにキャッシュバックももらえます1Lotにつき3ドル!HotForexキャッシュバックの魅力と条件

入出金は「bitwallet」経由のみ。銀行振込やクレジットカード入金に対応しておらず、初心者には少しハードルが高い点が-0.5point。ただ、そこさえ許容できたなら僕が知る限り最高のFX業者です。

HotForexについて詳しく知りたい方は『僕がHotForexを選ぶ15の理由』を読んでみましょう。

FX
Sponsored Link
ワニログ運営者をフォローする
ワニログ