仮想通貨に関する便利なツールやニュースサイト

仮想通貨は情報が命!毎日多くのニュースが生まれ、展開が非常に速いです。なのである程度はアンテナを張っておくことが大事だと思っています。

また、仮想通貨を管理する上で便利なツールなどもたくさんあります。いろいろ買い続けていたら、「どれをいくら保有していたか分からなくなってしまった…」なんてことにはならないようにしたいですよね。

そこで今回は、仮想通貨投資を行う際に最低限知っておきたいツール・ニュースサイトなどを紹介していきたいと思います。

ポートフォリオツール

「ポートフォリオ」とは、保有している資産をひとまとめにしたもの。ポートフォリオツールを使えば、今自分がどんな通貨を持っていて、いくらの価値があるのかが一目瞭然です。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)

これまで色々なポートフォリオツールを使ってきましたが、一番使いやすいと感じているのがスマホアプリ「Cryptofolio」です。

公式サイトCryptofolio

日本の企業が作っているアプリだから安心ですし、操作性も抜群!仮想通貨の追加・削除が簡単にできます。何より、新しく登場した仮想通貨にも早く対応してくれるので、非常に優秀なサービスだなと思っています。

以前、似たようなアプリ「Blockfolio(ブロックフォリオ)」を使っていましたが、個人的にはCryptofolioのほうが好きです。無料で使えるのでおすすめ。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨資産管理アプリ

Cryptofolio(クリプトフォリオ)仮想通貨資産管理アプリ
開発元:ar.inc
無料
posted withアプリーチ

CryptoCompare

CryptoCompareは海外の仮想通貨総合サイトみたいな感じ。PCでもポートフォリオを管理したいと思っていたら、このサイトにたどり着きました。

ポートフォリオを作るには簡単な登録(無料)をしなきゃいけないんですけど、上のメニューの「Portfolio」「My Portfolios」から利用することができます。

ただ若干、新通貨への対応が遅くて使うの嫌になっちゃいましたけど。自分の資産がグラフ化されるなど、便利ではありました。まぁPCでポートフォリオ管理する人は少ないかな。

公式サイトCryptoCompare

仮想通貨関連ツール

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

基本的に仮想通貨の保管は、取引所に置いておくのではなく、自分で用意した外部のウォレットに移動させておくのが良いとされています。

※仮想通貨を保管しておく場所を「ウォレット」と呼ぶ

そんな中で僕が最も利用しているのがMyEtherWallet(マイイーサウォレット)です。よくMEWとも略されます。ウェブ上で操作するのでウェブウォレットの部類です。

名前だけ聞くとイーサリアム専用のウォレットに聞えますが、ERC20(イーサリアムの基本構造を参考に作られた仮想通貨)も保管できるので重宝しています。

※仮想通貨はERC20のものがかなり多い

関連ERC20準拠っていいね!MyEtherWalletにカスタムトークンを追加する手順

また、僕はマイイーサウォレットにLedger Nano Sを連携させることで、さらにセキュリティを高めています。

関連Amazonで正規品7,800円のLedger Nano Sを2つ購入したで!

利用方法については以下のページで詳しく解説しているので、まだ使い方が分からない人は読んでみましょう。

関連Ledger Nano Sを使ってMyEtherWalletに仮想通貨を保管する方法

公式サイトMyEtherWallet(マイイーサウォレット)

Etherscan

Etherscanはイーサリアム関連のツール。取引状況や、どのアドレスに何がどのくらい保管されているかを見ることができます。

僕は自分のイーサリアムアドレスを入力して検索にかけ、そのページをブックマークしています。

公式サイトEtherscan

Ethplorer

Etherscanとほとんど同じなんですが、EthplorerはERC20などの仮想通貨で検索すると、その通貨のContract Address、Symbol、Decimalsなどを調べることができます(これらの情報はマイイーサウォレットにカスタムトークンを追加する時に必要)。

公式サイトEthplorer

BLOCKCHAIN

BLOCKCHAINのサイトでは、ビットコインのさまざまな情報を見ることができます。例えば、BTCの総流通量や時価総額、ユニークアドレスの数、過去24時間の取引量など。これらがチャートで見れるので視覚的に分かりやすいんです。

ほかにも、ビットコインを送金した時などに発行されるTXID(トランザクションID)を検索して送金状況を調べることもできます。

過去のビットコインの価格もチャートで見れますから、振り返ってみると面白いですよ。

関連過去から学べ!ビットコイン(BTC)のチャートを2010年から振り返る

公式サイトBLOCKCHAIN

CoinMarketCap

CoinMarketCapでは仮想通貨の時価総額や、取引所の出来高などを確認することができます。世の中にあるすべての仮想通貨が載ってるわけではないのですが、それでも数多くの通貨のデータが見れます。

各通貨ごとに発行上限や現在の流通量も見れるので、これから購入しようと考えている通貨を調べる時に役立ちます。

公式サイトCoinMarketCap

WorldCoinIndex

ブログをしている人にとって、WorldCoinIndexはウィジェットツールが便利です。上のメニューの「Tools」「Widget」から、個別に仮想通貨のウィジェットを取得できます。

例えばドージコインなら、

こんな感じに表示できます。

公式サイトWorldCoinIndex

仮想通貨ニュースサイト

コインテレグラフジャパン

記事ごとに描かれるイラストが印象的な仮想通貨ニュースサイト。

記者と編集部員が世界に散らばっており、ニュース速報、独占スクープ、専門家による分析、コメンタリーなどにも力を入れています。情報のクオリティが高いので僕もよく読んでいます。

公式サイトコインテレグラフジャパン

COIN POST

調査・インタビューによる独自の記事や、海外の情報を翻訳して発信したりしています。

公式サイトCOIN POST

Coin Choice

トレーダーや仮想通貨ライターが編集部員として在籍しており、独自の視点から記事が書かれています。

公式サイトCoin Choice

仮想通貨情報ツール

Telegram(テレグラム)

テレグラムは世界で利用されているチャットサービスです。なんというか、自由に参加できるLINEグループみたいな感じ。グループごとに管理人(Admin)がおり、チャットを荒らすような人は追放(BAN)されることもあるので、掲示板ほど野蛮ではありません。

また、仮想通貨グループによっては公式の人がAdminをしていることもあり、そういった場合は直接質問することも可能です。

グループによって穏やかだったり、殺伐としていたり、買い煽り・売り煽りがヒドイこともあります。優良な情報が流れてくることも多々あるので、活用すると良いでしょう。

利用登録するには電話番号が必要です。

公式サイトTelegram(テレグラム)

Telegram

Telegram
開発元:Telegram LLC
無料
posted withアプリーチ

まとめ

本当は海外の情報を自ら先取りしていったほうが先行者利益を得られるようですが、僕は面倒くさくてそこまで出来ません。

とりあえずニュース、Twitter、テレグラムを覗いて仮想通貨の動向を知るようにしています。