早速coincheckで仮想通貨リップルとネムを購入してみた

本当は、リップルは取引所Mr.Rippleで購入しようと考えていました。

しかし、2017年5月10日に登録してから1週間以上経ったのに、「Mr.Ripple登録完了通知」メールが届きません。あまりにも遅すぎます。対応の遅さは不安につながります。

関連ウォレットと仮想通貨取引所を兼ねたMr.Rippleに登録してみた

そこで、一番早く登録が完了したcoincheck(コインチェック)を使い、すぐにでも仮想通貨を買うことを決心しました。

ということで今回は、coincheckを使い、仮想通貨リップル(Ripple)とネム(NEM)をいくら購入したかなどを話していきたいと思います。

coincheckでリップルとネムを購入!

coincheckへの登録方法や入金方法、仮想通貨の購入方法を知りたい人は、以下のページを参考にしてくださいね。

関連いざ口座開設!coincheckの登録方法を図解で分かりやすく

関連めちゃ簡単やん!coincheckへの入金方法と仮想通貨の買い方

僕がcoincheckで購入した仮想通貨は、リップルとネムです。今にも価格が上がりそうだったので、少しでも安く大量に購入したいと意気込んでいました。

僕の余剰資金は現在100万円。これをどの通貨にどれだけつぎ込もうか悩ましいところでした。まず、強制ロスカットは避けたかったので、coincheckの証拠金維持率を確認!すると50%でした。

【ロスカット】

証拠金維持率50.0%を下回ると返済をするために強制決済される場合があります。この際に出たお客様の損失について、弊社は一切責任を負いません。

レバレッジ取引とは|coincheck

証拠金維持率の計算はいまだに苦手。え~と、「入金している全体の資産評価額(含み損益を考慮して資産額がいくらか)」/「(取引に利用している金額)/レバレッジ=0.5(50%)で、僕はレバレッジ1で取引。いくら取引に使えるかをxとすると、100-x/x)=0.5だから、x=66.666…

なるほど、計算によると約66万円までは仮想通貨に換えても大丈夫みたい。仮に66万円で購入した仮想通貨の価値が限りなく0円に近付いたとしても、取引所の口座には手つかずの34万円があるから、資産評価額34万円+限りなく0円/取引に利用している金額66万円=0.515

で、結局のところ区切りよく50万円分だけ仮想通貨に交換することにしました。

これなら、仮に50万円分の仮想通貨が大暴落して1円以下の価値になっても、証拠金維持率は確実に50%以上を保つのでロスカットは起こりません。あまりに下がった場合は自動的にロスカットされたほうがいいかもしれませんが、僕は1年以上の長期的保有を目的としているので、ロスカットは避けたいんです。

リップル(Ripple)を選んだ理由と購入数量

さて、50万円のうちリップルに変換したのは35万円分です。この時のレートは1Ripple=34.3JPYくらいだったので、10,150XRP購入できました。

リップルを選んだ理由は、三菱東京UFJ銀行がリップルによる国際送金を表明するなど、注目が集まっているため。

ビットコインなどとは違い、リップルはブリッジ通貨なので、なぜ価値が上がるのか僕自身もよく分かっていませんが、なんとなく将来への期待を込めて購入しました。

ネム(NEM)を選んだ理由と購入数量

続いて購入したのはネムです。15万円分購入しました。この時のレートは1XEM=14.1JPYくらいだったので、10,500XEM購入できました。

ネムを選んだ理由は、過去90日間のチャートを見たところ上がり調子で、価格も安かったから。億万長者になるためには、いかに将来価値が上がる仮想通貨を今のうちに安く大量に購入しておくか、です。

ほぼ賭け。まぁ、大きな夢を見るために、15万円くらい犠牲にしてもいいかなと思いました。

まとめ

長期保有が目的なので、しばらくはこのまま放置しようと思っています。

ただ、少しでも仮想通貨の安全性を高めるために、今後ほかの取引所に乗り換えたり、外部にウォレットを作るなどの対策もしていく可能性ありです!

coincheckの安全性が低いという声も耳にするので、精神的に不安なんですよね。仮想通貨にはこういった不安がこれからも付きまといそう。

まぁでもこの辺りは情報収集をして、ちょっとずつ対策を進めていこうと思っています。実際にやってみないと分からないことも多いので、今回は初心者でも簡単に取引ができるcoincheckを使ったのでした。

関連POLONIEXでドージコインとステラを購入!これで億万長者になる準備は整った

関連僕史上最大の賭け!資金400万円でEthereum・Ripple・NEMを購入したよ!

追記:勘違い…!現物取引なら証拠金とかロスカットはない

僕は現在FXによる投資を行っています。基本、FXだとレバレッジが25倍なので、証拠金があることが当たり前でした。

で、仮想通貨についてですが、信用取引(レバレッジを使った取引)もできるけど、基本は現物取引(レバレッジなしの取引)です。そして、現物取引には証拠金や強制ロスカットがないみたい!

なので、今後は残りのJPY50万円分で仮想通貨を買おうと思います…。いやー、株やったことなかったから現物取引とか知らんかったわーw

僕が使っている仮想通貨の取引所

僕が使っている仮想通貨の取引所

BINANCE(バイナンス)

バイナンス

中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は海外の取引所の中でも手数料が安いことで有名です。日本語にも対応しており、将来に期待できる通貨を多く取り扱っています。

 

取引高が世界一になった実績もあり、利用者が多いので、初心者でも安心して使えます。

 

ただ、日本円には対応していないので、日本の取引所でビットコインやイーサリアムを買い、BINANCEのアドレスに送金する必要はあります。

公式サイトBINANCE(バイナンス)

関連手数料が安い取引所BINANCE(バイナンス)に登録して引き出し限度額をレベル2にUP!

Sponsored Link

フォローする