めちゃ簡単やん!coincheckへの入金方法と仮想通貨の買い方

coincheck(コインチェック)で二段階認証の設定をして、セキュリティが万全になったら、いよいよ取引をやってみよう!

ってことで、このページではこれからcoincheck(コインチェック)を使おうと思っている人向けに、お金の入金方法や仮想通貨の買い方を画像などで分かりやすく紹介していこうと思っています。

最初は不安でしたが、やってみたらめっちゃ簡単だったので、ここで勉強して仮想通貨を買いまくっちゃいましょう!(※仮想通貨への投資は計画的にね!

coincheck(コインチェック)への入金方法

公式サイトの「入金」ページを開く

銀行口座のお金をcoincheckに入金したい場合は、公式サイトの「入金」ページへ移動します。

指定されている口座にお金を振り込む

ここにあなた専用の振込先が記載されていますから、その口座めがけてお金を振り込んでやりましょう。振込手数料は僕ら負担です。僕は三菱東京UFJ銀行から100万円振り込んで手数料324円かかりました…。トホホ…w

振り込む時の注意点としては、振込人名義を「〇〇〇〇〇〇(ID番号) 自分の名前」に変更することです。もしIDを付け足し忘れたら「日本円入金のお問い合わせ」のページから入金したことを教えてやんなきゃならんよ!

ちなみに、僕は夜中の午前1時頃にインターネットバンキングによる振込をしましたが、その日の朝8:42にcoincheckから入金完了のメールが届きました。早い!

振り込んだ100万円は、JPYとして記録されていますね。よしよし。これで仮想通貨買える。

coincheck(コインチェック)の仮想通貨の買い方

「コインを買う」ページで購入する

coincheckで仮想通貨を買うのはとても簡単でした。まず「コインを買う」のページへ移動します。

そしたら、欲しい通貨をクリックし、数量を入力して、「購入する」をクリックするだけ。

例えば、僕は35万円分のRipple(リップル)を買いたかったので、「Ripple」をクリックして選択。数量の欄に数字を入力すると、それに合わせて「合計 〇〇〇,〇〇〇JPY」の部分も変動するので、35万円弱になるように調整。すると10,150XRPでした。

あとは「購入する」をクリックして、

「10150XRPを349069.0JPYで購入します。よろしいですか?」と出てくるので「OK」をクリック。

無事、注文が完了しました。

「ウォレット」のページを見てみると、ちゃんと反映されていました。

ただ、仮想通貨は買うと手数料(スプレッド)がかかるので、買ったばかりの時は損した状態になっています。僕の場合は100万円あったのに、35万円分のリップルを購入したことで総資産が992,419円になってしまいました。

こういった手数料は痛いです。まぁ、仮想通貨の価値が上がってくれれば回収できるんですけどね。

まとめ

初めてcoincheckで仮想通貨を買ってみましたが、なんともあっさり購入できてしまいました。スムーズにいって良かったです。

でも、市場の流動性が低下した場合などは売買が制限されてしまうこともあるので、そこがちょっと不安ですね。売りたいのに売れないとか、焦りそう。だからもっとcoincheckに登録する人が増えて、仮想通貨が盛り上がってほしいなと思っています。

coincheckへの登録方法は『いざ口座開設!coincheckの登録方法を図解で分かりやすく』のページで詳しく紹介しているので、興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

公式サイトcoincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

続きを読む早速coincheckで仮想通貨リップルとネムを購入してみた

Sponsored Link

フォローする