「チューリッヒの公理」で振り返る僕の仮想通貨【投機】失敗遍歴

AXIORYがSparkasseから銀行取引停止処分を受けbitwalletはサービス提供を中止

2019年2月11日、bitwalletが以下のような発表をしました。

 

【注意喚起】AxioryGlobal社との契約解除について

日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。同社(AXIORY)は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。

当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。ご利用中のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。

引き続き、bitwalletへの変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

要するに、AXIORYが「Sparkasse」という銀行から取引停止処分を受けたから、資産保全のために出金しといたほうがいいよってことです。

 

これは緊急事態なのでしょうか?本当にすぐ出金したほうがいいのでしょうか?考えていきたいと思います。

Sponsored Link

AXIORYとSparkasseの関係

そもそも「Sparkasse」って何?

 

そう思ってAXIORYのホームページを調べてみると、ありました。

(1) 顧客資産の分別方法

当社では、顧客からお預かりした全ての口座タイプ(「スタンダード口座/ナノスプレッド口座/MultiTrader口座)の資金は、一旦、お客様資金保全先である、「Sparkasse Bank」の分別管理保管口座へ入金され、当社運営資金とは完全に分離した状態にて管理保管されます。

(クレジットカード決済代行会社、その他集金代行業者の場合、一旦当社コーポレートアカウントに入金され、お客様の預託該当資金分を分別管理保管口座に預託いたします。)

 

Sparkasseは、顧客の資産を保管しておくための銀行として利用されています。

ドイツのベルリンにある金融機関のようです。

公式サイトhttps://www.sparkasse.de

 

ここが使えなくなるということは、いったい顧客の資産はどこで預かっているのでしょうか?

 

代わりとなる銀行はすぐ見つかるのでしょうか?

 

今回の問題はAXIORY側に問題があるのか、それともSparkasse側に問題があるのか、はっきりしませんが、ユーザーからすると不安が残ります。

AXIORYから出金すべきか?

今回の件で、AXIORY側の対応が今のところ見えていません。また、bitwalletも出金を強く推奨していることから、大金を預けている人はとりあえず出金しておいたほうが無難です。

 

今後AXIORYに問題ないことが分かれば、また使い始めればいいだけですし、海外FX業者はいつ不祥事を起こすかも予測できませんから、常に警戒するべし!